趣味と節約と時に妄想の部屋

節約を通して未来を創造するブログです。
時に妄想も書いたりします。時々趣味の写真もUPします。

ペルーのイルカの大量死について

2012年05月26日 18時25分22秒 | 環境に関する話題
すっきりとしない天気です。衛星画像ではたいし雲は無いのですが・・・どうも光が弱い?のかな・・・小型のパネルでは十分な充電が出来ません。

でも、これくらいが過ごしやすいですね。扇風機やらエアコンが必要な季節がすぐそこに迫っていますから。

さて、ペルー沖のイルカの大量死の原因について公式な発表があったようです。

以下は記事からの引用です。

ペルーのグラディス・トレビノ(Gladys Trevino)生産相は22日、今年に入ってからペルー北部の海岸に打ち上げられた900頭近くのイルカの死因は人間の活動によるものではないという調査結果を発表した。

 ラジオでイルカ大量死に関する政府の調査結果を発表したトレビノ生産相は、「大量死は自然の原因によるものだという結論に達した」と述べた。

 トレビノ生産相によれば、国が運営するペルー海洋研究所(IMARPE)が行った調査の結果、イルカの大量死は人為的原因によるものではなく、自然界で定期的に発生するものだという結論が出された。

 トレビノ生産相は「(大量死の)発生は今回が初めてではない」と述べ、ニュージーランドやオーストラリアなどの国でも似たような事例が報告されていると指摘。政府調査による結論について、「死因が別のものであるという証拠を探し回る必要はない」と述べた。

 また調査では、当該海域で行われている石油探査活動がイルカに何らかの影響を及ぼした可能性や、ウイルスやバクテリアの感染が死因となったとの説についても否定されたという。ペルーではイルカに加え、ペリカンなどの海鳥5000羽の大量死が発生しているが、政府当局者は先に、これらの大量死は太平洋海域での海水温上昇によるという仮説を立てていた。

 ペルーでは複数の環境保護団体がこの政府調査の信頼性について疑いの目を向けており、イルカ大量死は沖合の石油探査活動と関係していることは確実だと主張している。

 そのうちの1つ、海洋動物保護科学機関(ORCA)は、同海域での石油探査で発生する騒音がイルカの健康に害を及ぼすことが判明しており、大量死はこの騒音が原因だと主張している。

 ORCAによれば、同団体が今月に入って打ち上げられたイルカ30頭の死骸を調べた結果、潜水病(減圧症)に見られる耳などの器官の損傷が確認されたという。

引用ここまでです。(5月23日 AFP)

大量死に関して記事をのっけたので、一応の結論を見つけたのでのっけます。

真実は・・・わかりません。

ただ、群れで行動すると言う事は一つ間違えば大量死を招くと言う事でしょうか・・・。




コメント   この記事についてブログを書く
« 今月のガス代でました(5月分) | トップ | 凄い雨でした »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

環境に関する話題」カテゴリの最新記事