古代日本史への情熱

記・紀・源氏は魏志倭人伝の奇跡的で運命的な間違い方(逆)の構造どおりに記述されている。倭人伝にあるのは現代史と未来史

249年卑弥呼・臺与(とよ)は瀬戸内海を渡れたか

2018年06月20日 15時31分56秒 | Weblog
749年八幡神が瀬戸内海を渡り、都に大仏を拝みに行く、ということは249年卑弥呼・臺与(とよ)が瀬戸内海を移動したことの再現だとしました。 そして、八幡神は東大寺・転害門につきますが、この転害門の名称の意味は、二人の卑弥呼が殺されていることからきたものと考えます。 殺された方を守り神にするのは、抵抗があると思えます。ですから、転害門とは 害を転じて良いもの・益するものに変えることを願ってつけられた . . . 本文を読む