ガンプラ暴走製作記(ガンプラ以外もあるよ)

10年、早いよ!?な、SEASON10です。……でも、ぐでぐで(汗)

ガンダム00Eという企画が始まるらしい。

2011-04-01 12:00:00 | Weblog
 19年ぶりの映画もやったガンダム00ですが、各企画もほとんどが終わりました。
 正直寂しいと思っていたところに朗報が。

 どういう媒体での発表かは不明ですが、新たな企画として「機動戦士ガンダム00E」なる企画がスタートするそうです。

 この「E」には様々な意味があるそうです。
 進化や証明、エゴ、そしてELS。

 今回は劇場版の終戦直後から刹那の帰還までの半世紀を描くそうです。

 「無限の希望」なる存在が物語の鍵になるそうです。

 わかっている各種設定を。

 主人公は少年「望・フューチャー」
 彼の両親はそれぞれリボンズタイプ、アニュータイプのイノベイドなので、彼もイノベイドでしょうか。
 わざとらしいほどの名前ですが、イノベイドならありなのでしょうか? 
 00Iでもイノベイドの運命に触れられていたので、彼もまたイノベイドの残酷なシステムに巻き込まれたのか気になります。

 ヒロインは「ソウ」
 名前は嘘のアナグラムであり、自身をイノベイターの偽者と名乗るそうです。
 彼女は自身がイノベイターとなった事実を受け入れられないようです。
 彼女が望にガンダムルシフェルを与えるそうです。

 主人公機は「GNV-000Fa ガンダムルシファー」
 ヴァーチェやセラヴィーのような重装甲、高火力のガンダム。
 系譜としては1ガンダムの流れのようです。
 リジェネがリボンズに対抗する為に建造したガンダムだそうです。
 確かにリジェネはガルムガンダムを所有したり、アルケードライと関わっていたりしているので自身もガンダムを建造していてもおかしくはないでしょう。
 気になるのは形式番号の「Fa」。これはフルアーマー0ガンダムについていたので、やはりキャストオフ仕様なのでしょうか?

 量産機としては「ジンクスⅤ」やブレイブの制式量産機などが登場するとのことなので量産機にも注目です。

 物語の鍵となる機体「GNT-0000E ダブルオーエスペランサ」
 これこそが無限の希望らしいのです。
 00を∞に見立てて、無限の希望(エスペランサ)と呼ぶらしいです。
 真のイノベイター専用機にして、対話の為の機体なので、武装は一切施されていないとのこと。
 これも気になるのは形式番号の「E」でしょう。
 ガルムガンダムEというエルス融合態も存在しているので、あるいは最初からELSが関わっているのかもしれません。
 これがどう関わるのかはわかりませんが、形式番号や名前からみてもツインドライブによるクアンタムバーストなどもおそらく使えるのでしょう。
 
 あと、詳しくは不明なのですが、名前と形式番号だけわかっている機体として2機。
 「GNV-001R GN(ガン)セイヴァー」
 「GNV-002R GN(ガン)パンツァー」
 それぞれ元祖SDでも有名なG-ARMSをリスペクトした機体だそうです。

 台詞なのか、キャッチコピーなのかは不明ですが、こういうものも。
 「誰もが変革を望むと思うな!イオリア!」
 「変わりたくても変われないのよ!」
 「イノベイドなんて残酷な運命を背負わせるな!」
 「それでも、未来には希望がある!」
 一体、どういう状況での言葉かはわかりませんが、興味深いです。











 嘘だけど。

 ………………………………ごめんなさい。

 今日は4月1日です。

 そうです。

 エイプリルフールです。

 大真面目に馬鹿やってみました。

 最後にもう一度あえて言おう。


 ごめんなさい!
機動戦士ガンダム00I (3) (角川コミックス・エース 97-19)
クリエーター情報なし
角川書店(角川グループパブリッシング)
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ミニプラ ゴーカイトレーラ... | トップ | ミニプラ ゴーカイマリン製... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オカルトなのに (マリモ)
2011-05-08 14:12:11
ガンダム00は天使というオカルトからデザインしているものなのにオカルトを批判した貴方が観るなんて矛盾していますね!

まさかエヴァンゲリオンみたいなオカルトアニメも観てましたか?

おかしいですね?オカルトを批判しているのにバカみたいですね(笑)。
 (JIH)
2011-05-08 23:33:17
 マリモさん、こんばんは。

 ボクはオカルト番組(というよりTV局)は批判した覚えはありますが、オカルトそのものを批判した覚えはないですよ。

 あなたが初めてコメントしてくれた記事の書き出しもそもそもTV局についての批判はしていますが、どこにもオカルトそのものを批判している要素はないんですがね。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事