ACEPHALE archive 3.X

per l/a psicoanalisi

メタファーと転移を巡る断片的考察 (5)

2017-03-20 20:35:58 | 精神分析について
先に、私は文体の良し悪しは“趣味”の問題だと言った。その文体が伝える像については、感覚の臆見であり認識ではないと、初期Nietzsche のレトリック問題に則して述べた。

このことは、Kant 的な“構想力”のテーマ、とりわけ『純粋理性批判』ではなく、『判断力批判』の側の構想力に関係しているようだ。 まず、構想力についての扱いが、『純粋理性批判』と『判断力批判』においては違うこと、そして、後者においては、認識判断ではなく、美的な趣味判断になることに注意しよう。

いみじくも、Lacan が『精神分析の倫理』のセミネールで欲望と美について言及した問題が思い起こされる。

Kant によれば、趣味判断は「単に観照的」であり、「この観照そのものは諸概念には向けられていない。というのは、趣味判断は(理論的にも実践的にも)認識判断ではないからである。したがって諸概念に“基づいておらず、また諸概念に達することを“目的としてもいない”」と述べている。

そう考えれば、精神分析における象形文字(図像-文字)とその解釈は、認識や悟性的な総合とも、切り離される問題と言えなくもない。 むしろ、このような美的な趣味判断の問題が、なぜ悟性的な認識判断と取り違えられるのかという問いは立てられるとはいえ。

この美的な趣味と悟性的な概念のあいだに、対象が占めるなら、それは不純な幻想ということにもなる。だが、この美的判断が観照する像と、悟性が総合的統一として包摂する概念とのあいだには、如何なる問題があるのか? そこに、空間と時間、直観と概念を位置づけできないだろうか?


転移の問題に則して言えば、この両者を、無意識における二段階仮説作業として、ここでは考察している。あるいは、視覚的に限定された像-メタファーが、如何にしてパロールの発話行為を通して、メタモルフォーゼするのか? ここに、精神分析的な“経験に固有な”時間性の問題もある。

Kant は、確かにこの問題を、“時間の観点”で考えている。 これは、美と崇高のあいだの問題になるわけだが、精神分析におけるメタモルフォーゼや昇華に伴う感情、主体的な時間にも変奏される。


言語上の転義に先立つ、「感官知覚の交換を示す転移」(Gustav Gerber) こそ、言語の出来事としての性格を語っている。

■Nietzsche の場合:
事物の表面→視覚形象(第一のメタファー〔転移〕)→語音(第二のメタファー)→概念

■Gerber の場合:
事物の表面→神経刺激→感覚→音声→表象→語根→語


Lacan の転移“概念”の形成は、その思想的な背景から鑑みても、Kant 的な悟性に侵食されている。確かに、Lacan もメタファーの重要性は見取ってはいる。 だが、“実際上の”転移とは先ず、「感官知覚の交換」を示す転移=愛だろう。転移における言語の「図像学的転回」が先ずある。

そう考えると、転移を“知の想定された主体”として定式化した Lacan の場合は、“概念上の”転移に限定されているという疑念も生じる。 概念も“色あせたメタファー”ではあるが、もっと言えばそれは“忘却における転移”だろう。


ここでの若干の考察においては、Nietzsche 的なパースペクティヴからの“仮象としての転移”という論点だけは、保存しておきたく思う。その否定的な役割が肯定的な役割に転換すること——その元にある経験が、“言うこと”の経験である——を含めて。


「眼からはわれわれは“決して”時間表象に到達することは“ない”だろうし、耳からは決して空間表象に到達することもないだろう。」Nietzsche

「というのは、始まりは或る限界であるが」Aristotélēs



□補遺(20170503)

ここでの一連の考察の中で、ある種の“偽装された論理性”を私は批判していた。これはこのような“論理への意志”がそもそものところ、“言語の情念”を切り捨てているように思えたからだ。同様に、真理についてもそれは言える。真理という時に、それは実践や行為の“パトスを伴う真理”なのか、それともこれを消去した上での、“形而上学的な態度”としての真理なのかでは、自ずと扱いは異なる。

例えば、星野太はロンギノスの『崇高論』を論じるにあたる際に、「崇高の五つの源泉」における「パトス」の位置づけに多大な留意をはらっている。「偉大な思考を形成する力」に続き「強く熱狂的なパトス」が生得的な要因として挙げられるが、パトスは単に崇高を形成する要素のひとつにすぎないの“ではない”。

ロンギノス自身、「時宜を得た真のパトス以上に崇高なものはない」と述べ、このようなパトスの重要性の示唆は、枚挙に暇がないという。 以下は、パトスとメタファーについてのロンギノスからの引用である。

《すでに比喩について述べてきたように、時宜を得た強いパトス、および真の崇高は、大胆な隠喩の多用に対する適切な解毒剤となる。というのもその本性上、それらはすべてを押し流してしまい、その必然的な効果として大胆な隠喩を求めるようになるからである。そのさい、聞き手は語り手の興奮を共有してしまっているがゆえに、そこでどれほどの隠喩が用いられたか、などと考える暇はもたないのである。》(ロンギノス)

つまり、パトスが、修辞学的な感染(転移の源泉)とも呼んでいい“メタファーの解毒剤”となるということ明言している。つまり、パトスは“メタファー的な転移の解毒剤”になる。

余談だが、星野は『崇高の修辞学』の中で、バークの『崇高と美の観念の起源』とロンギノスの『崇高論』のあいだに横たわる問題を、些か誇張気味ではあるが言い当てている。詳細は、星野の論述に譲るとして、結論だけここでは記しておこう。

「バークの言語論、およびそれと密接に関わる情念論において何よりも特筆すべきは、「音」のみを媒介とする「共感」の称揚であり、それに付随する「像」の排除なのである。」――星野太『崇高の修辞学』

ここでの考察は、精神分析的な文字と音声言語の問題を再考する一助になる。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« メタファーと転移を巡る断片... | トップ | 享楽の体験と無意識の経験——... »

精神分析について」カテゴリの最新記事