ACEPHALE archive 3.X

per l/a psicoanalisi

Mysterium iniquitatis - La storia come mistero

2018-09-28 17:00:32 | Agamben アガンベン
〔翻訳者注記:以下の一節は、2013年にイタリアで出版された『悪の神秘—ベネディクト16世と時の終わり』の中に収められている「Mysterium iniquitatis—神秘としての歴史」から訳出した。これは、2012年11月13日にスイス・フライブルクの会合にて発表された未刊のテクストの掲載である。〕


4.
Odo Casel—そして、彼の信奉者において、二十世紀の“典礼的運動 movimento liturgico”と呼ばれた事柄—が、典礼の聖霊からの教会の復興のそのプロジェクトを基礎づけたのは、この語の正確な翻訳においてである。既に彼の学位論文 De philosophorum graecorum silentio mystico(ギリシア諸哲学の神秘的沈黙について、1919年)の中で、Casel はギリシア語において mysterion は、ある言説の中で公式化されるだろうが、しかし明らかにすることを禁止された、秘密の教義 una dottrina segreta を規定しないことを示す。mysterion の語彙はむしろ、ある実践、行為、もしくは語の演劇的でもある意味におけるドラマ(すなわち身振りの一致、ある行為もしくは、ある神性な情熱がそれらを共有する人々の救済のための世界や時間の中で、これらを通じて効果的に実現化する行為と言葉の)を示す。このため、アレクサンドリアのクレメンスは、エレウシス的なミステリーを drama mysticon(“ミステリー的ドラマ dramma mistico” (Clemente, p. 30))と呼び、その結果としてキリスト教的告示 il messaggio cristiano を“ロゴスのミステリー mistero del logos” (ivi, p. 254) として定義する。
教会学的な論争において、典礼的運動を考慮に入れつつ、ピウス7世が回勅 Mediator Dei〔神々の仲介者〕によって解決しようとした、教義 dogma についての典礼の優位か、典礼についての教義の優位かをここで決めることは私の意図ではない。むしろ、Casel が典礼についての彼の論文にて、mysrerium の語に関して成し遂げた“神学的文献学”の並外れた課題を遠ざけることが妥当だと私は思うし、教義 dottrina についての典礼の優位に関する彼の諸理念を、彼がヘレニズムのミステリーの語彙からの用語の派生について書くことが如何に本質的に正確かを説明するために共有する必要はないと思う。Casel は、それでもやはり、Isaac Casaubon(近代語源学の創始者の一人)の Exercitationes de rebus sacris (1655) へ遡らせられうる、ある古代的伝統以外に再開しない。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« La ragazza indicibile - Mit... | トップ | 精神分析と教育の諸問題 »

Agamben アガンベン」カテゴリの最新記事