flowerboy'space

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

この春新車を購入し

2015-04-22 12:08:53 | 日記
1秒間に数億桁の計算をしてしまうのだ。

 (誰が?どんな天才小人が中に入ってるの?)

 考えれば考えるほど発明した人は本当にすごい!


 この春新車を購入した。

 14年間酷使したワンボックス車にとうとう寿命が来たことに加えて、4月からの軽自動車税の増税がその後押しをし、最終的には「家族も成熟し大きな車の必要性が少なくなったこと」が買い替えという決断に至らしめたnuskin 如新

 晴れて納車となり香治療、毎日気分も新たにドライブを楽しんでいる。

 新車にはカーナビが付いた。

 前の車にはカーナビがなかったので僕にとっては新鮮な驚きの連続である。

 「自宅」・・と話しかけると道を教えてくれる。

 僕の家は世界中に知れた名のある邸宅ではない、東京の郊外の山の上にあるごくごく小さな家である。
 それなのにカーナビは曲がるべき信号の名前を全て言い当て家まで導いてくれるわけである。アラジンと魔法のランプに出てくる魔人の召使いが僕の車の上を一緒に飛んでいる錯覚に陥るくらいだ嬰兒便秘奶粉


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

はたと気が付

2015-04-20 10:11:13 | 日記
暫く様子を見ようと路端で休憩をしていると、二人を付けてきた訳でもなかろうが、縞の合羽に三度笠の男が声を掛けてきた。
   「旅人さんたち、どちらへ行かれるのです?」
   「加賀の国は小松まで、このお内儀を送って行きます」
   「先程から見ておりますと、お連れさんと逸(はぐ)れなすったようですねreenex cps
   「そうなのですよ、男ばかりの三人ですが、独りは背負われた子供です」
   「やはりそうか、その三人連れなら、四丁ばかり手前の'御宿すずめ'に子供と若い衆を預けて、男が一人血相変えて今来た道を引き返していきやした」

 そう言って暫くお俊をみていたが、はたと気が付いたように男が言った。
   「もしや姐さん、新太郎兄貴の女将さんじゃござんせんか?」
   「えっ、お前さん新太郎をご存知かえ」
   「そうか、どこかで見たようだと思っていましたが、お俊さんでしたかreenex 價錢
   「それで、新太郎とはどこで…、新太郎は何処へ行くと言っていましたか?」
   「へい、兄貴には長浜で命を助けて貰いました、当てはないが江戸へでも行ってみようかと言っていました」
   「どこで新太郎と知り合ったのですか?」
   「姐さん、あっしですよ、兄貴の弟分です」
   「そう言えば、新太郎が可愛がっていた子供が居たねえ」
   「それがあっしです、粟生の松吉です」
   「何年か前に家を飛び出して、上方へ行ったと新太郎から聞いております」
   「上方へ行くつもりが、持ち金を掏摸に盗られて野垂れ死に寸前に、長浜一家に拾われて子分にして貰いやした」

 子分と言っても下働き同然で扱き使われていたのだが、隣の一家の縄張りで堅気衆から銭を脅し盗ったと濡れ衣を着せられて私刑(リンチ)に遭った。長浜一家からは「恥曝し」と罵られ、見放された。
 松吉は、隣の一家の者たちに簀巻きにされて重石を付けられ、琵琶湖に沈められようとしているところに葦原で野宿をしていた新太郎に助けられたのであった。
   「姐さん、こちらの兄さんは連れを探しに行かれるようですので、あっしが姐さんを小松まで送りましょう」
 お俊は、少し考えたが、思い切るように言った。
   「松吉さん、ちょっと待っておくれ、わたしは小松へ戻るのを一年延ばそうとおもいます」
   「どうされるのですか?」
   「江戸へ行きます、江戸へ言って亭主の新太郎を探しますreenex cps



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする