新イタリアの誘惑

ヨーロッパ・イタリアを中心とした芸術、風景。時々日本。

隣村スーニの大壁画(ムラーレス)を見ながら、おばあちゃんと歓談

2017-10-24 | ティンヌーラ、スーニ・サルディーニャ

 ティンヌーラから一本道を北に進み、隣村スーニに向かった。集落の外れにあった絵。広場に集まる村民たち。

 途中、咲き乱れるピンクの花に見とれたりしながら15分も歩けばもうスーニ村だ。

 この村で初めて出会ったムラーレスは、赤ちゃんを取り囲む若い家族像。

 作業に励む夫と手助けする妻もいる


 郊外の高原で馬と戯れる男性。

 鶏の飛び交う家。

 立派な馬にまたがる紳士。

 こちらには巨大な本が広げられていた。

 牛を世話する男性・・・かと思ったら、牛は絵だけれど男性と車は本物。
 描かれた牛の前に実際の水道があって、車で通りがかった男性がそこから水を汲んでいるところだった。

 スーニのメインストリートはなかなか美しい。カラフルな家が可愛らしく並んでいた。

 開かれた窓から外を見るカフェの女主人。実際ここはカフェだったので、コーラを一杯。バス停の場所を聞くと、わざわざ外に出て指差しで教えてくれた。

 この町のバス停は、ちゃんとバスのイラストが描かれた標識があった。時刻表まではついてなかったが、「ネットで調べた時刻表によると・・・」と話し出すと「そんなに正確に来るもんじゃないよ。待っていれば、そのうちに来るよ。まだ、日が高いからね」。


 バスを待つ間、バス停近くで家から顔を出していたおばあさんと立ち話。時間を持て余すこともなかった。

 確かにバスは、時刻表の時間より20分ほど遅れたけれども、ちゃんと到着。無事ボーザに帰ることが出来た。

『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生活密着の壁画群(ムラーレ... | トップ | ‶イタリアの最も美しい村”ボ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ティンヌーラ、スーニ・サルディーニャ」カテゴリの最新記事