グロリア332 復活への道

やっと探したグロリアはボロボロの状態だったが、これを中年ストリートレーサー仕様に復活させるための記録。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

これは凄い車だ

2005-11-12 23:34:39 | Weblog
フーガという車、実はまったく興味がなかった。
セドグロの後継車、そしてV8を載せたといっても、どうせ、セルシオ、シーマの廉価バージョンだと思ってディーラーで試乗したら、なんだ、このダイレクトなパワーは。  インフィニのときに感じたジェントルな力持ちとは違い、これはヘビー級のボクサーのパンチのようだ。  さすが、日産だ。  しかし、私がアクセルを踏み込む度、顔を引きつらせ、早く試乗を止めさせようとしていた担当営業マンの態度が、おもしろくない。 街中試乗などとケチなことをせず高速で全開にさせてもらいたかった。   こういう車を金持ちの年配者が運転すると思うと恐ろしい反面、うらやましい。  高級車嫌いの私が考えさせられた。     10万円の大金をはたいて買った、アメリカンマッスル 1973トランザム 7500cc を、いすずエルフブルーカラーで身にまとい公道復活させるのが楽しみになった。
コメント   この記事についてブログを書く
« 隠れた部分 | トップ | トランク »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事