世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

トヨタ、水素エンジンの車開発へ脱炭素、量産化目指す 24時間耐久レース参加は開発商用化の初舞台か

2021-04-22 17:17:25 | 連絡
【①電気自動車(EV)や②水素で発電する燃料電池車(FCV) に続く、③水素を燃やして走るエンジン車を開発し、量産を目指す方針を明らかにした。水素エンジンの仕組みは基本的にはガソリンエンジンと同じで、ガソリンの代わりに水素を使う。】
【トヨタの「カローラスポーツ」をベースに水素エンジンを積んだ車両で、5月に開かれる24時間耐久レースに参戦する】
★③水素エンジンを積んだ陸上移動車両が開発商用化一番手や国内工場量産車となるか>
★①電気自動車(EV)や②水素で発電する燃料電池車(FCV)が開発商用化バックアップ車種や海外工場(注1)での量産車となるか>
(注1)焦点:一帯一路・海外遠征・戦狼外交・人民解放軍拡充、国家安全維持法=国内・域外・事後遡上適用・法=施行、「海警法」施行、共産党一党独裁・ネットカメラ住民監視統制・人権や言論弾圧・知的財産侵害・政府、中国依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖
https://jp.reuters.com/article/germany-china-idJPKBN1HO07I
::::::::::::::::::::::::::::
2021/04/22 16:58 
トヨタ自動車は22日、脱炭素に向けた取り組みとして、水素を燃やして走るエンジン車を開発し、量産を目指す方針を明らかにした。二酸化炭素(CO2)を出さず、現行のガソリン車の部品を活用できるのが特徴。電気自動車(EV)や水素で発電する燃料電池車(FCV)に続く、新たな環境車として期待が掛かる。まずは自動車レースに導入し、データを収集する。
 水素エンジンの仕組みは基本的にはガソリンエンジンと同じで、ガソリンの代わりに水素を使う。開発の一環として、トヨタの「カローラスポーツ」をベースに水素エンジンを積んだ車両で、5月に開かれる24時間耐久レースに参戦する。

コメント   この記事についてブログを書く
« 無印良品、全飲料をアルミ缶... | トップ | 緊急事態宣言、中小への影響... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

連絡」カテゴリの最新記事