世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

9割の人が「自分の強み」を知らないという残念「正しい自己認識」ができれば人生は好転する

2021-05-04 18:36:26 | 連絡
★ 配信事業者は、広告主「朝日新聞出版、瀬戸 和信 」
が主役の主張・著書・セミナーの要約を掲載し、広告収益拡大か>
:::::::::::::::::
2021/05/04 14:00 著者:瀬戸 和信
成功している人の共通点は、自らの弱みの克服に時間を使うのではなく、強みを伸ばすために努力していること。しかし、多くの人が自分の本当の才能に気づいていないのが現実。だからこそ、まず取り組みたいのは、自己認識の精度を高めることです。
アメリカ・ギャラップ社認定ストレングスコーチ(R)として活動する瀬戸和信氏は、MicrosoftやFitbitなど数々の外資系企業でマーケターとしてステップアップを続け、マネジメントにおいてもこの実践を続けてきています。その考え方と方法をまとめた著書『「自分」を殺すな、武器にしろ』から一部を抜粋・再構成して紹介します。
■9割の人が「自分」を知らない
■自己認識は組織の問題も解決する
■チーム全体の自己認識の精度も上がっていく
■才能や気質に合った手法を選べると言うこと
 
 

コメント   この記事についてブログを書く
« 「余計な一言」を言う人が好か... | トップ | 気象・天気病と体調(東京都... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

連絡」カテゴリの最新記事