世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

国内も変異株ワクチン開発に着手アンジェス、塩野義製薬 工程表や開発・導入ヒトモノカネ体制表は明確か

2021-05-09 17:21:24 | 連絡
★各地住民は、2019年末、武漢離陸肺炎ウイルスが2020年春節期の各地着陸時における「早期発見初期消火」遅れが、進化・変異・帰化し、強力肺炎ウイルス被災環境下にある。



医療悪環境有事課題①海外輸入依存ワクチン不足、②日本発見・開発治療薬イベルメクチン導入妨害、③入院病床数不足
の①予防薬開発着手か>
★工程表や開発・導入ヒトモノカネ体制表は、日本感染症学会学術講演会で明らかにされたか>
★感染症ワクチン=ライフライン製品=国内供給率160%、国内消費率100%、設計技術ブラックボックスレベル化感染症ワクチン〇商品海外輸出比率60%、一極依存ゆでガエル化回避

、リスク分散多極メッシュ輸出NW安全構築、海外貿易収支黒字化寄与、国家税収増寄与、国家財政黒字化寄与、保健・医療・介護・福祉予算財源増加、消費税軽減、貧富格差解消、三権分立・普通選挙・議会制・自由民主主義・人権尊重・議員内閣制弧状列島日本の継続的なGDP=消費+投資+政府支出+(輸出ー輸入)=増加、税収増、所得再分配投資・消費、社会福祉予算増の安心・繁栄に寄与か>
★飯田泰之 GDP統計の基礎  GDP=消費+投資+政府支出+(輸出ー輸入)不況期は右辺政府支出が左辺を決める
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/2de06883439506e6b4b84d32359593ee

>
:::::::::::::::::::::::::::::
2021/05/09 15:36 
国産の新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)を手掛ける製薬ベンチャーのアンジェスと大手の塩野義製薬は9日、変異株に合わせたワクチン開発にも着手したことを横浜市で開かれた
日本感染症学会学術講演会で明らかにした。変異がある南アフリカ株などでは従来ワクチンの効果が弱まる可能性が指摘されている。
 アンジェスはウイルスの遺伝情報を生かしたDNAワクチンを開発中。既に進めているものとは別に、南アフリカ株やブラジル株に対応できるワクチン候補の検討に入った。
塩野義製薬は組み換えタンパクワクチンを開発中で、どんな物質を投与すれば変異株への免疫がつくかを調べ始めた。

コメント   この記事についてブログを書く
« 介護予防 元気アップ歌声エ... | トップ | 気象・天気病の症状(東京都... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

連絡」カテゴリの最新記事