世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

飯田浩司のOK!Cozy up! 2021年07月29日 土屋大洋 さん登場 サイバー攻撃ハッカーは東京2020無観客開会式のため攻撃を諦めたか

2021-07-29 11:41:47 | 連絡
★サイバー攻撃ハッカーは東京2020無観客開会式のため攻撃を諦めたか>
①陸域、②海域、③空域、④宇宙域、⑤サイバー域、⑥電磁域
 
(注1)サイバー域では1日24時間1年365日攻撃と被災が継続か
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/68d639aeabeccde81288e4e99dad0c49


★地方分権・義務自治体所属医師・歯科医師会団体は新型コロナの感染者家庭内感染拡大阻止に必要な倉持モデル応急仮設病棟(注2)建設・運用を加速か>
(注2)2021/3/5 新型コロナウイルス感染症を専門とした応急仮設病棟の建設が、
宇都宮市中島町のクリニック「インターパーク倉持呼吸器内科」で進んでいる。二次感染を防止する高度な医療設備を備え、3月中に完成する予定。逼迫(ひっぱく)する医療体制の緩和に貢献する。


 ::::::::::::
7月29日(木)のニュース 
・6時台から 土屋大洋 さん
<土屋 大洋(つちや もとひろ、1970年 - )は、日本の国際政治学者。慶應義塾大学大学院政策メディア・研究科教授(兼総合政策学部教授)
慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、慶應義塾大学大学院法学研究科で修士号、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科で博士号取得。
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター主任研究員などを経て、慶應義塾大学大学院政策メディア・研究科教授(兼総合政策学部教授)。 2008年3月から1年間、米マサチューセッツ工科大学で客員研究員。2014年2月から1年間、米イースト・ウエスト・センターで客員研究員。
2019年、「サイバースペースが今日の国際安全保障環境に対して及ぼす影響と、この新たな空間における国際規範確立の可能性についての優れた研究」により第15回中曽根康弘賞優秀賞を受賞[1]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E5%B1%8B%E5%A4%A7%E6%B4%8B
>

登場

    • 首都圏3県と大阪に緊急事態宣言を検討あすにも決定へ
    • 新型コロナの感染者、国内で過去最多の9000人以上

    • 今日、初の「日米台戦略対話」開催で調整
    • 『バイデン政権の多面外交』
    • 東京オリンピックとサイバー攻撃

    • https://radioupdate.net/1242/cozy/20210729/#gsc.tab=0


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ワクチン接種者もマスク着用... | トップ | 「宮城スタジアム、有観客の... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

連絡」カテゴリの最新記事