世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

死因2位心臓,野村克也元監督死去 東北楽天の礎築く

2020-02-12 20:33:20 | 連絡
プロ野球南海(現ソフトバンク)で戦後初の三冠王を獲得して捕手兼任監督を務め、引退後は監督としてヤクルトを3度日本一に導き、2009年には東北楽天を球団創設後最高の2位に躍進させた
野村克也(のむら・かつや)さんが11日午前3時半、虚血性心不全のため死去した。84歳。京都府出身。
息子で東北楽天の作戦コーチを務める克則さんによると葬儀・告別式は近親者のみで行い、後日、お別れの会を開く予定。 

野村さんが死去した11日、東北楽天の地元首長らから、新興の弱小球団を飛躍させ、東北のファンに親しまれた指揮官の死を悼む声が上がった。
 宮城県の村井嘉浩知事は、創設2年目から監督を務めた野村さんについて「球団の基礎を築いた。卓越した指導力で初のAクラス入りを果たすなど、チーム創生期の盛り上げに多大な貢献をしていただいた」と感謝するコメントを出した。
 郡和子仙台市長は「ユーモアあふれるコメントが野球ファンのみならず、多くの人々に愛された」と野村さんの監督時代を振り返り「市民に多くの夢と感動を与えてくれた野村さんに深く感謝し、ご冥福をお祈りします」との談話を出した。
 東北楽天を支援する官民組織「楽天イーグルス・マイチーム協議会」会長の
鎌田宏仙台商工会議所会頭は「ファンが優勝を意識できるチームに育て上げた名将で、試合後の『ぼやき』もファンの心をつかんだ」と冥福を祈った。

●野村克也さん(84)死去 家政婦が自宅の浴槽で発見(20/02/11)

●野村克也 弱者が強者に勝つ方法 3/4




コメント   この記事についてブログを書く
« 西半島,リスク,中国発新型コ... | トップ | 弧状列島,自助,2/13(木)の... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

連絡」カテゴリの最新記事