世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

飯田浩司のOK!Cozy up! 2021年07月23日 春日良一 さん「炎上中?」 里崎智也 さん「Satozaki Channel」 に聞く

2021-07-23 09:28:26 | 連絡
【】2021年、コロナ禍にて東京五輪の開催が危ぶまれた際に、取材に対して「IOCが中止すると言う前に日本側から五輪開催を返上するようなことになったら、IOCに見切りをつけられます。培ってきた信頼を失い、もう二度と、日本で五輪を開催することはできないでしょう」と見解を述べた[【】
★コロナ禍=リスク管理:最悪に備えて、最善を尽くすた姿=肺炎ウイルス防禦環境構築例を発信しているか>
★観客定員8割減2割観客「5班シフト勤務体制事例」応用しているか>


●3密回避環境飲食店=フードコート事例



★公的資金注入不要、政府や自治体支援ヒトモノカネ不要のスポーツ商用化:売上高÷費用=利益>1億円以上=青少年育成健康スポーツ支援計画を示せるか>
★長野オリンピックのスポーツ商用化:売上高÷費用=利益>1億円以上=青少年育成健康スポーツ支援実績を公表したか>
★元プロ野球選手里崎智也 さんは一斉同報音声ラジオ=電波放送とインターネット「Satozaki Channel」デマンド視聴覚繰り返しメディアで活躍中か>
::::::::::::
7月23日(金)のニュース
コメンターテーターは元JOC参事 春日良一 さん
春日 良一(かすが りょういち、1955年6月22日[1] - 66歳)は、日本のスポーツコンサルタント。ペンネームは「明日香 羊」(Yo Asuka)[2]。妻は平泳ぎの選手だった長崎宏子[3]。
 
来歴[編集]
長野県出身。長野県長野高等学校では、北村晴男(弁護士・タレント)と同学年だったという。上智大学文学部哲学科を卒業した1978年に、日本体育協会に入る(1991年3月まで在籍)[1]。
1991年4月に日本オリンピック委員会に入り(1995年5月まで在籍)[1]、国際業務部参事として、上田宗良らと共に世界を駆け巡った[4]。1998年に開催された長野オリンピックの招致委員会に出向し[5]、招致活動の渉外参事も務めた[2]。オリンピック日本代表選手団本部員を通算5大会で経験した[6]。
独立し、1995年6月にスポーツコンサルティング会社「ゲンキなアトリエ」を設立。その代表として、スポーツイベントのプロデュースや、アスリートサポート(格闘家のタカ・クノウなど[7])を手掛けてきた[2]。
経験を活かし、オリンピック関連のテーマでのメディア出演(コメント)もある[8][9][10]。
2021年、コロナ禍にて東京五輪の開催が危ぶまれた際に、取材に対して「IOCが中止すると言う前に日本側から五輪開催を返上するようなことになったら、IOCに見切りをつけられます。培ってきた信頼を失い、もう二度と、日本で五輪を開催することはできないでしょう」と見解を述べた[11]。
  • 東京オリンピック 開幕直前
  • サッカー 南ア戦 大泉アナ レポ
  • オリンピックスタジアムから遠藤記者レポ
  • 侍ジャパンどうなる!里崎智也 さん
  • <里崎 智也(さとざき ともや、1976年5月20日 - 45歳)は、徳島県鳴門市出身の元プロ野球選手(捕手)。野球解説者、野球評論家、千葉ロッテマリーンズスペシャルアドバイザー、タレント、YouTuber。

  • 2019年2月、パナソニック野球部の臨時コーチに就任[19]。
    2021年1月26日



    同年3月26日、自身のYouTubeチャンネル「

  • 2019年2月、パナソニック野球部の臨時コーチに就任[19]。
    2021年1月26日
    同年3月26日、自身のYouTubeチャンネル「Satozaki Channel」を開設し、YouTuberとしても活動していく旨を語った動画を投稿した[20][21]。もともとは4月1日がビックリマンチョコの日であり、そのプロモーションの一環として開設したもので、4月22日の投稿で一旦終了となったがチャンネルはそのまま残していた。その後、8月7日よりアシスタントにフリーアナウンサーの袴田彩会を迎え入れて再始動している[22]。
https://www.youtube.com/channel/UCFCtAX45lgHcf4s0vAgAxww
  • 」を開設し、YouTuberとしても活動していく旨を語った動画を投稿した[20][21]。もともとは4月1日がビックリマンチョコの日であり、そのプロモーションの一環として開設したもので、4月22日の投稿で一旦終了となったがチャンネルはそのまま残していた。その後、8月7日よりアシスタントにフリーアナウンサーの袴田彩会を迎え入れて再始動している[22]。
  • ビックリマン終身名誉PR大使。愛称は「サト」[1]。所属事務所はレプロエンタテインメント[2]。
    現役時代はロッテの正捕手として時代は1度のリーグ優勝、2回の日本一に貢献。2006年のWBCでは正捕手として日本代表に貢献している。
    戸籍上の本名は里﨑 智也。自身は20歳になるまでこの事を知らなかった[3]。ただし、「﨑」の字を使うと字画が一つ多くなるため、本人は「崎」の字を一生使い続けていく予定だという[4
  • 明るい性格の持ち主[31]。ファンサービスに熱心であり、現役時代は本拠地での試合後に球場付近のステージで、歌唱パフォーマンスを度々披露していた[32]。その人柄から応援団は作成した里崎の応援歌の歌詞に「歌え」、「踊れ」という異例のフレーズを使用していた[33]。2014年の里崎の引退試合後は、現役最後のリサイタルを開催。集まった5500人のファンの前でチームの球団歌やSMAPの「ありがとう」などを熱唱し、締めくくった[34]。
    広島・DeNAに在籍したマイク・ザガースキーと風貌が似ていると言われている[35]
  • https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8C%E5%B4%8E%E6%99%BA%E4%B9%9F


  • に聞く
  • https://radioupdate.net/1242/cozy-210723/#gsc.tab=0


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 今日7/23(金)1~7時台ア... | トップ | 鎌倉幕府は、西大陸:元と西... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

連絡」カテゴリの最新記事