世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

弧状列島,品証,長嶋一茂うらやましかったノムさんと克則氏の関係「距離に驚いた。監督と選手なら…」

2020-02-17 13:41:00 | 連絡
<プロスポーツにおける「血は水よりも濃い」事例か>
<血液が水よりも重く濃い液体であることから、血の繋がった身内の絆の濃さを表している。
親しい他人に比べても、血縁者同士の絆のほうが深く強いもので、頼りになるということ。
また、同じ血が流れる者同士の間には、濃い結びつきがあるということ。 >
<「可愛い子には旅をさせよ」の逆か>
<自分の家を出て、なじみのない土地で暮らすことは苦労や困難も多いが、子は親元を離れ辛く苦しい体験をしてこそ成長するものだということ。
昔は現代のように交通機関が発達していなかったので、旅は辛く厳しいものであったことから。
「いとしき子には旅をさせよ」「思う子に旅をさせよ」ともいう。>

:::::
野村氏と南海時代にバッテリーを組み、長らく親交のある野球評論家の江本孟紀氏(72)も「ある時に聞いたことがあるんです。本当は長嶋ファンなんでしょうって。そうしたら、うーんそうやなって」と明かすと、一茂も「焚きつける奴、周りにいすぎる。本当はそんなに仲悪くないんだよって言っていた」と明かした。

 また、一茂は、巨人時代の93年から96年まで父・茂雄氏の下でプレー。野村氏も息子の克則・現楽天作戦コーチ(46)とヤクルト、楽天でともに同じユニホームを着たが、ともにテレビのインタビューなどを受けている映像を見て「昭和のスターって、高倉健さんとか、石原裕次郎さんとかONとか」と自身の父を含めながら「家庭より仕事を取ると思うんです。あんなに私生活を露呈させない。克則君との距離に驚いた。監督と選手なら本当なら、距離を取らなきゃって勝手に思うんですよ。でも、関係ないんだ。うらやましく見ていました」と吐露していた。

コメント   この記事についてブログを書く
« 弧状列島,世界化,「降格に... | トップ | 弧状列島,品証,共通テスト... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

連絡」カテゴリの最新記事