世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

追い詰められtた弱者=働く人=自殺の予防のために

2021-12-05 12:32:41 | 連絡
働き盛りの自殺を予防するために、とくに注意す べき点(いわゆる危険因子)を十箇条にまとめてみ ました。  次のようなサインを数多く認めた場合は、自殺の 危険が迫っていると考えられます。是非、早い段階 で専門家に診てもらいましょう。
 自殺予防の十箇条
 1. うつ病の症状に気をつけよう(気分が沈む、自分を責める、仕事の能率 が落ちる、決断できない、不眠が続く) 
2. 原因不明の身体の不調が長引く 
3. 酒量が増す 
4. 安全や健康が保てない 
5. 仕事の負担が急に増える、大きな失敗をする、職を失う 
6. 職場や家庭でサポートが得られない 
7. 本人にとって価値あるもの(職、地位、家族、財産)を失う 
8. 重症の身体の病気にかかる
 9. 自殺を口にする 
10.自殺未遂におよぶ
 「職場における自殺の予防と対応」(平成13年12月 厚生労働省)より

「ひだまりハウス」12月5日(日) 町亞聖 うつ病専門医:樋口輝彦先生 弱者が追い詰められている社会が浮き彫りか
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/4b5c58da6ff595f0625ca23bcfead58c




コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 令和2年中における自殺の状... | トップ |  鉄道自殺、運転士のその後--... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

連絡」カテゴリの最新記事