世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

「参加費返して」「やっと当たったのに…」東京マラソン一般参加者とりやめ、返金せず

2020-02-18 10:52:46 | 連絡
<新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大沈静、東京オリパラ終了後 秋に開催か>
:::::
東京都内で3月1日に開かれる東京マラソン。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて主催財団から17日、一般参加者の出場を取りやめ、エリート選手のみで実施することが発表された。約3万8000人が出場予定だったが、200人規模に縮小する見通し。取りやめによる参加料の返金はなく、来年の出走権が与えられるが、再度、参加料が必要になる。フルマラソンの参加料は国内ランナーが1万6200円、海外ランナーは1万8200円。 高倍率の抽選を突破し、本番に向けてトレーニングを重ねてきた一般ランナーたちは、財団の決定に理解を示しつつも、複雑な思いものぞかせた。
 「やっと当たって、練習してきたのに」
 東京都調布市の会社員、今井茂雄さん(41)は落胆の色を隠さなかった。9回目の応募でようやく得た出走権。体力づくりのため職場と自宅の往復23キロを自転車で通勤し、大会当日の仕事も同僚に代わってもらった。妻や友人らが応援に駆けつけてくれる予定だった。「参加費やチャリティーの使い道はどうなるのかを知りたい」と注文をつけた。

コメント   この記事についてブログを書く
« 弧状列島,共助,近鉄「鮮魚... | トップ | 死因1位ガン,高市圭二調教師... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

連絡」カテゴリの最新記事