世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

静岡市初のクラフトビール醸造所立ち上げた「ベック」が破産申請の準備に正直者のお手伝いさん5W3H8人必須か

2021-02-28 18:15:55 | 連絡
【新型コロナの感染拡大で営業環境が悪化し、経営を圧迫させた】
★経費節減前提「購読部数・視聴率優先」コピーアンドペースト情報配信か。「風評被害」補償金「配信料金XYZV円/月」を顧客に返還か。「メディア〇〇〇さんには嘘をつかない正直者のお手伝いさん5W3H8人必須か。その者達の名前は1.「なに? (What) 」さん、2.「なぜ? (Why) 」さん、3.「いつ? (When) 」さん、4.「どこ? (Where) 」さん、5.「どんなふうに? (How) 」さん、それから「だれ? (Who) 」さんと言うんだよ。更に、6.誰に(Whom)7.どのくらいの数で(How many)8.いくらで(How much)」。
「メディア〇〇〇さんは現場現物現実の取材予算要員体制を強化加速して“正直者のお手伝いさん5W3H”8人探し連れてきください」。
https://ja.wikipedia.org/wiki/5W1H
::::::::
2021/02/28 12:21 
 クラフトビール醸造や飲食店を経営する「ベック」が、新型コロナの影響で事業を停止し、破産申請の準備に入ったことが分かりました。
 東京商工リサーチによりますと、静岡市葵区の「ベック」は、去年6月時点で負債総額がおよそ1億4500万円に上り、破産申請の準備に入ったということです。
「ベック」は2007年創業で、2014年には静岡市内で
初めてとなるクラフトビール醸造所「AOI BREWING」を立ち上げました。
 新型コロナの感染拡大で営業環境が悪化し、経営を圧迫させたということです。


コメント   この記事についてブログを書く
« 創業者はアリババとテンセン... | トップ | 銭湯の絵師は日本に数人しか... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

連絡」カテゴリの最新記事