世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

精神腫瘍科について 大きな病気をされたことでうつ状態 せん妄 発症と重症化を予防

2021-03-07 16:47:06 | 連絡
■このようなことは当てはまりませんか?
  • 眠れない(寝付きが悪い・何度も起きる・早朝に目がさめてしまうなど)
  • 頭から離れない心配事がある
  • 気分が落ち込む
  • 今まで楽しかったことが楽しめない
  • テレビや新聞などに集中できない
  • 治療の前になると吐き気がする
  • 家族のことが心配である
  • 最近、物忘れが気になる
  • お子さんへのがんの伝え方に悩んでいる
  • タバコをやめたい
など
精神腫瘍科では、患者さん・ご家族の抱える心のつらさが少しでも和らぐように、全力でサポートいたします。お気軽にご相談ください。
■精神腫瘍科とは?
病気を抱えることは、誰にとっても大きなストレスであることから、多くの方が心のつらさを経験されます。心の状態を良い状態に保つことは、病気の治療を円滑にし、日々を快適に過ごすためにも、とても重要なことです。精神腫瘍科は【がん治療のすべての時期】で、【患者さんご本人やご家族の方々】に【心のケア】を提供し、つらさを和らげるためのサポートをすることを目的としています。   
あまり聞いたことがないと思う方も多いと思われますが、「精神腫瘍科」という診療科はがんの告知が一般的になった1970年代ごろから発展してきた比較的新しい分野です。 
【国立がん研究センター東病院】せん妄 発症と重症化を予防するために~患者様・ご家族の方に知っていただきたいこと~
「せん妄(もう)」は身体に何らかの負担がかかったときに、一時的に脳の機能が乱れることで生じる症状です。 症状や原因・予防について患者さんやご家族の方がイメージしやすいよう説明しています。 2019年現在、国立がん研究センター東病院の院内で使用している説明動画です。
せん妄⑦ せん妄の治療(非薬物療法)









コメント   この記事についてブログを書く
« ウィークエンド・ケアタイム ... | トップ | みずほ銀でまたトラブル…AT... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

連絡」カテゴリの最新記事