世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

加山 雄三 83歳 2019年脳梗塞 2020年誤嚥 小脳出血 2019年大スター豪邸から生活支援サービス住宅へ転居

2020-10-22 09:28:02 | 連絡
<「男性平均寿命80歳=健康寿命72歳+要介護期間8年」∔3年=83歳>
:::::
「加山 雄三(かやま ゆうぞう、1937年〈昭和12年〉4月11日 -83歳。 )」は、日本の俳優、シンガーソングライター。
タレント業のほか、音楽家としてギタリスト・ピアニスト・ウクレレ奏者、画家としても活動している。1965年12月に映画『エレキの若大将』主題歌として発売された「君といつまでも」は350万枚の大ヒットになり、1966年の第8回日本レコード大賞の大本命とされていたが、結局大賞は同曲に比べ売り上げ面で劣る橋幸夫の「霧氷」が受賞することとなり、「君といつまでも」は特別賞に留まる。 
加山雄三の「君といつまでも」
 

2019年11月12日、軽い脳梗塞を発症したため同月のコンサートを延期することを発表[20]。19日、後遺症なく退院した[21]。


2020年8月29日、水を飲んだ際の誤嚥から嘔吐し、自宅から病院に救急搬送されて入院[22]。咳き込んだことが原因で軽度の小脳出血を起こしていたことを9月2日に公表[23][24]。当面の治療専念を明らかにした[23]。


〇2020.09.02 15:55  女性セブン
「救急搬送された加山雄三 「卒婚」した妻は同居を前提に帰国」
2020年8月29日夜、誤嚥を起こして嘔吐するなどして救急搬送された加山雄三(83才)。その後、軽度の小脳出血を起こしていたことがわかった。現在、容体は安定しているというが、引き続き治療を受ける必要があり、当面、芸能活動を休止するという。
「実はいま、加山さんとめぐみさんは再び一緒に暮らしているんです」と語るのは、加山の知人だ。近年の体調の変化は、加山の生活を大きく変えていた。昨2019年の暮れ、加山は長年住み慣れた豪邸から自立型ケアハウスに引っ越していたのだ。
 自立型ケアハウスとは、食事、掃除、洗濯などの生活支援サービスがついた高齢者向け住宅のこと。「ひとりで住むには不安があるが、介護が必要なほどではない」という人にとって、生活の支援を受けながら自立した暮らしが送れるというメリットがある。
「時期的に、脳梗塞から退院してすぐに引っ越したのでしょう。脳梗塞は幸い軽度だったので自力で病院に行くこともできましたが、もしも倒れてそのまま意識を失っていたら、どうなっていたかわかりません。それを誰よりも心配していたのは、めぐみさんなんです」(加山の知人)
今回、119番通報したのも、めぐみさんだった。
「ケアハウスに引っ越すタイミングで、めぐみさんも帰国しています。病気が後押しする形でまた一緒に住むことになり、今回の救急搬送では、それが功を奏した形になりました。加山さんとめぐみさんは、『この自立型ケアハウスが、自分たちの“終の棲家”だね』なんて話しているそうですよ」(前出・加山の知人)
 加山の所属事務所もめぐみさんとの同居を認め、「一時的なものではなく、今後もふたりで暮らすことを前提で帰国しています」と、明かした。“卒婚期間”を“卒業”して、再びともに暮らすことを選んだふたり。それも、新たな夫婦の形なのかもしれない。 ※女性セブン2020年9月17日号
2020年9月14日 15:00
「加山雄三に学ぶ「終の棲家」の選び方 大スターもケアハウスに住む時代」
連日の熱帯夜が続いていた8月末の夜、加山雄三(83才)が「誤嚥」で救急搬送された。救急車が駆け付けた東京・中央区のマンションは「自立型ケアハウス」と呼ばれる施設だった。介護施設よりも自立した生活ができ、主な家事は生活支援スタッフがサポートしてくれるため安心感があると人気だ。
 昨2019年11月に脳梗塞を発症した加山は、それを機に東京・世田谷の豪邸からケアハウスへ転居。最近になって再び同居し始めた妻と「ここが自分たちの“終の棲家”だね」と話していたという。
 ケアハウスとは軽費老人ホームC型とも呼ばれる施設で、低額で高齢者が入居でき、介護サービスを受けながら個室で生活できる。今や大スターであってもこうした施設を選ぶ時代なのだ。
https://www.moneypost.jp/704513

〇「男性平均寿命80歳=健康寿命72歳+要介護期間8年」、「女性平均寿命86歳=健康寿命74歳+要介護期間12年」。厚生労働省は2018/3/9、介護を受けたり寝たきりになったりせず日常生活を送れる期間を示す「健康寿命」が、2016年は男性72.14歳、女性74.79歳だったと公表した。前回(13年時点)と比べ男性が0.95歳、女性は0.58歳延びた。
平均寿命と健康寿命の差は、介護などが必要となる期間。この差を縮める「ピンピンコロリの生活=要介護期間0年=にする」ことが社会保障費の抑制につながる。16年の平均寿命と健康寿命の差は男性8.84年、女性12.35年。13年と比べると男性0.18年、女性0.05年改善した。研究班の代表を務める辻一郎・東北大教授(公衆衛生学)は「要介護の大きな原因となる脳血管疾患の患者が、生活習慣の改善で減っている」と指摘。「高齢者の社会参加の場が広がっていることも健康寿命の延びにつながっている」とみている。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27899950Z00C18A3CR0000/
厚生労働省は2019年11月、2018年の死亡数の死因順位と年次推移を公表した(2018年人口動態統計より)。2018年の日本の3大死因と、それに続く死因別死亡率の順位は以下。3大死因のトップ3に初めて「老衰」が加わった。1位悪性新生物(27.4%)2位心疾患(15.3%)3位老衰(8.0%)4位脳血管疾患(7.9%)5位肺炎(6.9%)6位不慮の事故(3.0%)7位誤嚥性肺炎(2.8%)8位腎不全(1.9%)9位血管性等の認知症(1.5%)10位自殺(1.5%)11位その他(23.6%)



コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不快指数 今日10/22(... | トップ | アルペジオ Last Smile ロッ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

連絡」カテゴリの最新記事