世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

副業禁止の会社はまだ多い内緒の副業がバレたらどうなるのか、弁護士が解説

2021-02-28 17:51:29 | 連絡
★「副業・兼業の促進に関するガイドライン」は、会社の就業規則 と矛盾とする厚労省行政制度設計か>
★本業で収入増を図る厚労省行政制度設計が必須か
::::::::
2021/02/27 11:00
【プロフィール】
渡邉雅司弁護士(わたなべ・まさし)/平成21年(62期)弁護士登録、半蔵門総合法律事務所所属
:::::::::
コロナ禍で企業が副業を容認する動きが加速している。厚生労働省でも働き方改革の名の下、「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を制定し、会社員の副業を推進してきた。
収入を補填する手段として、ますます注目される副業。トラブルを起こさないよう、勤務先との事前の調整が肝要だ。 


コメント   この記事についてブログを書く
« マニラ―成田線、就航から10年... | トップ | 創業者はアリババとテンセン... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

連絡」カテゴリの最新記事