世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

リーフとノートe-POWERの似て非なる購入者データ分析で見えた販売戦略とユーザーの本音 平時と有事両用か

2021-02-21 17:28:41 | 連絡
★ 有事の地域電力供給網の可搬型バックアップ電源として機能か>
★太陽光発電・可搬型蓄電池システムライフライン製品=国内供給率160%、国内消費率100%、設計技術ブラックボックスレベル化可搬型蓄電池システム商品海外輸出比率60%、一極依存ゆでガエル化回避(注1)、リスク分散多極メッシュ輸出NW構築、海外貿易収支黒字化寄与、国家税収増寄与、国家財政黒字化寄与、保健・医療・介護・福祉予算財源増加、消費税軽減、貧富格差解消、三権分立・普通選挙・議会制・自由民主主義・人権尊重・議員内閣制弧状列島日本の継続的なGDP=消費+投資+政府支出+(輸出ー輸入)=増加、税収増、所得再分配、社会福祉予算増の繁栄に寄与か>
(注1.1)焦点:一帯一路・海外遠征・戦狼外交・人民解放軍拡充、国家安全維持法=国内・域外・事後遡上適用・法=施行、「海警法」施行、共産党一党独裁・ネットカメラ住民監視統制・人権や言論弾圧・知的財産侵害・政府、中国依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖
https://jp.reuters.com/article/germany-china-idJPKBN1HO07I

(注1.2)中国が「武器使用」「防衛作戦への参加」を明記の『海警法案』全文発表

(注1.3)国連加盟国に定められる「国際海洋法」無視の中国の「海警法」が2021年2月1日施行か
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/cd15741ac981dcc832c8e16d9783c361
(注1.4)髙橋洋一チャンネル 第90回 中国進出のリスク 共産主義国に投資するとはどういう事なのか?
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/300d3e4aec65c46c32b5c46964d5a45c
(注1.5)髙橋洋一チャンネル 第94回 実はこの先は苦しい中国経済。中所得国の罠に嵌まっていた!
https://www.youtube.com/watch?v=rC7MxDqBTNQ

★少子高齢多死人口減問題・過疎過密社会問題解消に寄与するワイヤレスコネクティド:つながる、オートノマス:自動無人化、シェアード:共助共有、エレクトリック:電動化排ガスゼロ、CASEシステムにおける準天頂(準静止通信測位観測)衛星ビジネス拡充期待。
ユースケース1:準天頂衛星を活用した除雪車運転支援システム, https://www.e-nexco.co.jp/pressroom/data_room/regular_mtg/pdfs/h29/1025/011.pdf


ユースケース2:高齢化団地に快適な足EVバス, 

:::::::::::::::
2021/02/21 09:00著者:三浦 太郎
 <
三浦 太郎(みうら たろう)Taro Miura
インテージ シニア・リサーチャー
北海道大学大学院理学院卒業後、インテージ入社。自動車業界におけるマーケティング課題の解決を専門とし、国内最大規模の自動車に関するパネル調査「Car-kit®」の企画~運用全般に従事。
2010年12月に発売され、グローバル累計販売台数が50万台に達したリーフ。2016年11月のマイナーチェンジでシリーズ式ハイブリッドである「e-POWER」を搭載し、日産として約50年ぶりに販売台数ランキングの1位を獲得したノート。
この2モデルを筆頭に、ここ10年ほどの間で電動化を推し進める日産であるが、これまでのレビューではリーフはほかのEVやPHEVと、ノートはコンパクトカー市場内での比較が多かったように思える。
 そこで、今回はリーフとノート e-POWER購入者を同時に分析することで、それぞれの共通点や相違点を確認してみた。比較参考として、ホンダ「フィット」、トヨタ「ヤリス」、同「アクア」のデータも分析する。
 データは、市場調査会社のインテージが毎月約70万人から回答を集める、自動車に関する調査「Car-kit®」を使用した。
<分析対象数>
■日産 リーフ:1,323名
■日産 ノート e-POWER:3,023名
■ホンダ フィット:6,500名
■トヨタ ヤリス:775名
■トヨタ アクア:7,994名
※いずれも分析対象は新車購入者のみとする
 ※2020年11月24日に発表された3代目ノート購入者は含まない
〇リーフユーザーの6割が複数所有
EVは航続距離や充電スポットの課題などもあり、長距離利用に懸念を示すユーザーが多い。今回、分析した実際のリーフユーザーにおいても、6割は複数所有していることから、長距離利用や多人数乗車のためのバックアップ体制を取っている人が多いといえる。
〇EVらしい点は高評価だが…
最後にデータを1つ紹介する。購入理由のうち、「長く乗るつもりなので」という選択肢がある。
この選択肢を選んだ割合は、ノート e-POWER(51%)、フィット(54%)、ヤリス(48%)、アクア(51%)に対し、リーフは38%と低かったのだ。冒頭で確認した年代構成では、車種間で大きな差がなかったのにもかかわらず、である。
リーフユーザーには「長く乗るつもりではない」人が比較的多いことになるが、その理由はなんだろうか。今回のデータではその答えを突き止めることはできなかったが、次々と発売される「次世代車への期待」や「バッテリー劣化への不安」などが考えられそうだ。いずれ、どこかでデータとともに示したいと思う。

コメント   この記事についてブログを書く
« 「日本一の茶処」揺らぐ静岡…... | トップ | 東京、気象・天気病、気圧、... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

連絡」カテゴリの最新記事