世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

緊急事態宣言の夜、店は満席になった新宿の「正社員5人+臨時雇用20人雇用居酒屋」が「1人社長居酒屋」×5店舗経営を拒否する理由

2021-01-15 16:47:46 | 連絡
★第一創業「大鑑巨砲リスク一極集中主義居酒屋経営ー>新宿の居酒屋 (5人ほどの正社員と、20人ほどのアルバイト)店の固定費(家賃や人件費など)には、多くて月に900万円 」廃業から第二創業『小型艦隊リスク多極分散主義居酒屋経営=>カウンター6席くらいの店をひとりでやっているなら、協力金6万円をもらったら儲かりますよ。1日に2〜3万円の売上を出せばいい。いろいろ引いて、利益は1万円くらいでしょうか。6万もらえば、毎日大儲けです。そんな店もあるでしょう。』起業に活路を見出すか>
★第一創業新宿の居酒屋店「5人ほどの正社員と、20人ほどのアルバイトで回しています。固定費は月900万円」及び第二創業『カウンター6席くらいの店をひとりでやっているなら、協力金6万円をもらったら儲かりますよ。1日に2〜3万円の売上を出せばいい。いろいろ引いて、利益は1万円くらいでしょうか。6万もらえば、毎日大儲けです。そんな店』税務申告開示可能か
★第一創業「大鑑巨砲リスク一極集中主義居酒屋経営ー>新宿の居酒屋 (5人ほどの正社員と、20人ほどのアルバイト)店の固定費(家賃や人件費など)には、多くて月に900万円 」廃業から第二創業『小型艦隊リスク多極分散主義居酒屋経営=>カウンター6席くらいの店をひとりでやっているなら、協力金6万円をもらったら儲かりますよ。1日に2〜3万円の売上を出せばいい。いろいろ引いて、利益は1万円くらいでしょうか。6万もらえば、毎日大儲けです。そんな店もあるでしょう。』起業に活路を見出すか>
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
弁護士ドットコムニュース / 2021年1月15日 10時21分
緊急事態宣言の夜、店は満席になった 新宿の居酒屋が「時短要請」を拒否する理由
新型コロナウイルス対策のための、緊急事態宣言の対象地域では、2月7日まで、飲食店などへの「午後8時までの時短営業要請(酒の提供は午後7時まで)」が行なわれる。
人通りが大幅に減ることもあり、要請に従う店舗も多いが、都内のある居酒屋は1日6万円の協力金ではとても足りないと話す。
「閉めるも地獄、開けるも地獄、そんななか、覚悟を決めて店を開けているんです」
時短要請を拒否し、深夜まで営業している新宿の居酒屋の店長が、匿名で取材に応じた。
●時短に応じないことを決めた新宿の店
●語られる理由「固定費は月900万円」 
店は、5人ほどの正社員と、20人ほどのアルバイトで回しています。

アルバイトにも、厚生年金、有給休暇など、正社員と同様の待遇にしています。雇用調整助成金、持続化給付金などの申請をして、解雇せず、やってきました。
コロナ禍で、2020年の売り上げは、前年とくらべて6割減の月もありました。店の固定費(家賃や人件費など)には、多くて月に900万円かかります。月に180万円の協力金をもらっても、カバーしきれません。
うちは、1〜2人での利用客が多いので、団体利用を見込む居酒屋であれば、もっと厳しい数字になっていたでしょう。多店舗展開しているところは、借金して、破産してもおかしくないと思います。
たとえば、カウンター6席くらいの店をひとりでやっているなら、協力金6万円をもらったら儲かりますよ。1日に2〜3万円の売上を出せばいい。いろいろ引いて、利益は1万円くらいでしょうか。6万もらえば、毎日大儲けです。そんな店もあるでしょう。

 

●緊急事態宣言の夜、店は満席になった 
先週の金曜(宣言が出された1月8日)には満席になりました。みんな、常連客たちは応援の意味で来てくれました。
ずっと家にいるのが不安で来る人もいる。店を開いたからっていっても、必要な人しか来ていない。必要としてくれる人がいる。
のバーテンダーの師匠からは「酒場やバーは、親兄弟にも友達にも相談できない切羽詰まった不安があるときに飛び込むところだ」と教わりました。だから私は「客が死にそうなときにドアを開けておくのが酒場だ」と思って店をやっています。
店を開けていても、ただただ馬鹿騒ぎしたい人は来ない。お酒は癒し、処方箋だと思っている。


コメント   この記事についてブログを書く
« 【速報】新型コロナ東京都で... | トップ | 自民、衆院北海道2区補選の... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

連絡」カテゴリの最新記事