世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

潜水艦契約、仏に対して数か月前から「仏の仕様変更提案」受入れ不可通知を 豪主張か

2021-09-20 08:45:49 | 連絡
【「フランスのアタック級潜水艦の性能がオーストラリアの戦略的利益と一致しないことに対して、われわれが重大で深い懸念を抱いていたことを把握できたはず」と主張。「オーストラリアの国益に基づいて決定するとの立場を明確にしていた」と述べた。】
★受注契約後の仏メーカは、設計報告会で、受注価格と利益確保に適する性能仕様変更を豪政府に要請。しかし、豪政府は性能仕様変更を拒否したか>
★ 海外企業輸出安値受注後の設計報告会で、受注価格と利益確保に適する性能仕様レベル低下変更を求めてくる場合が多い事例か>
★ アングロサクソン系豪政府は、ラテン系仏政府からの防衛装備品の輸入安値契約・性能仕様不満足による総合的な豪国の安全保障・経済損失=安物買いの銭失いを未然に防止か>
 :::::::::::::::
AFPBB News、2021/09/19 21:15
「潜水艦契約、仏に「数か月前から」懸念伝達 豪主張」
【9月19日 AFP=時事】オーストラリアのスコット・モリソン(Scott Morrison)首相は19日、自国が破棄したフランスとの潜水艦共同開発契約について、「数か月前から」仏側に懸念を示していたと述べ、豪州が「うそをついた」と非難する仏政府に反論した。
 モリソン氏はシドニーで記者団に対し、
「フランスのアタック級潜水艦の性能がオーストラリアの戦略的利益と一致しないことに対して、われわれが重大で深い懸念を抱いていたことを把握できたはず」と主張。「オーストラリアの国益に基づいて決定するとの立場を明確にしていた」と述べた。
またフランス側の期待に沿えなかったことは理解しているとしながらも、「自国の国益を最優先するという決断に後悔はない。今後も絶対にない」と強調した。
 豪政府は契約破棄の決断について強気の姿勢を見せており、ピーター・ダットン(Peter Dutton)豪国防相は、契約への懸念について豪政府が仏政府に対し「率直で、隠し立てせず、正直」だったと主張。
 サイモン・バーミンガム(Simon Birmingham)豪金融相も、「公になる前の最も早い時期」に懸念を伝えていたと語った。
 一方でバーミンガム氏は「仏政府の継続的な当該地域への関与は重要だ」と述べ、「将来にわたる仏政府および閣僚との強固な関係を再構築することの重要性を、われわれは軽視していない」と強調した。
【翻訳編集】AFPBB News



コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« (^_^♪)フジファブリックの「... | トップ | 気圧予想精度向上を図る「モ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

連絡」カテゴリの最新記事