世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

介護予防 元気=免疫力アップ歌声エクササイズ Schroeder-Headz46歳 feat.大貫妙子67歳の「空飛び猫」

2021-08-01 18:20:54 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気=免疫力アップ歌声エクササイズ
Schroeder-Headz feat.大貫妙子の「空飛び猫」

 
大貫 妙子(おおぬき たえこ、1953年11月28日[2] -67歳 )は、日本の女性シンガーソングライター。愛称はター坊[2]。東京都出身[3]。 
Schroeder-Headz(シュローダーヘッズ)は、日本のキーボーディスト・渡辺シュンスケ46歳によるソロプロジェクト。ピアノとベース、ドラムスのトリオ編成によるインストゥルメンタルバンドで活動する。所属事務所はソニー・ミュージックアーティスツ[1] 
音楽シーンでよく見る「feat.」の後には、ボーカルやラッパーはもちろん、ギタリストなど楽器演奏者の名前が続きます
単純に一緒に曲を作ったり、レコーディングに参加したという意味だけなら「WITH」や「コラボ」などの表現でも良いですよね?
わざわざ違う言葉を使うということは、意味も違うということです。
まずは、「feat.」の意味や使い方を紹介していきます。
「feat.」は、「フィーチャリング」と読みます。
英語の「featuring」を省略した形ですが、省略したからといって「フィート」とは読みません。
表記を省略する場合、最後に英単語を省略する時に使う「.(ピリオド)」が付きます。
さらに、feat.をもっと短くした「ft.」や「F/」もありますが、同じ意味です。
「feat.」の元である「featuring」の辞書的な意味は、「特定の人物や事柄を際立たせること」です。
「つくること、形作られたもの」という意味のラテン語が語源となっています。
「顔立ち」「特徴」「特集する・主演する」という意味がある「feature(フィーチャー)」という単語の現在分詞で、「未来」を意味する「future(フューチャー)」ではありません。
「feat.」が日本で使われる時の意味は、大きく分けて「特徴・特集」と「客演する・ゲスト出演する」の2種類があります。
どちらも、「feat.」の後にくるアーティストを目立たせるための言葉です。
英語の「顔立ち」や「容貌」といった意味でつかわれることは、ほとんどありません。
 
「feat.」が音楽業界で使用されている場合は、「客演」や「ゲスト」という意味です。
ボーカリストやラッパーはもちろん、ギタリストやダンサーに対して使われることも珍しくありません。
例えば、ミュージシャンAがラッパーBにゲスト出演してもらった場合
  • アーティスト名が「A feat. B」
  • 楽曲名が「(曲のタイトル) feat. B」
となります。
同ジャンルの有名なアーティストに出演してもらうことで、楽曲をより多くの人に届けられるメリットがあります。
他ジャンルの実力者との共演する場合は、今までと全く違う層に楽曲を届ける戦略にもなるでしょう。



コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 介護予防 元気=免疫力アッ... | トップ | 天気痛「少し痛い」~「かなり... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

連絡」カテゴリの最新記事