世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

バイドゥのレベル4自動運転テスト、走行距離が1000万km突破量産ピークは2021年下半期

2021-05-01 17:16:55 | 連絡
★北京、上海、広州の3都市訪問、駐在の、ソニー前会長の出井伸之氏、本田技研工業日本人社員、トヨタ自動車日本人社員 、日本報道機関記者は「レベル4自動運転技術を搭載した量産モデルによる自動運転体験記」を報道か>
::::::::::::::::::::::::::::::
2021/05/01 13:00 
4月19日、IT大手バイドゥ(百度)
百度(バイドゥ、拼音: Bǎidù)は、中華人民共和国で最大の検索エンジンを提供する会社である。創業は2000年1月。本社は北京市にあり、百度百科や百度入力方法なども提供している。
全世界の検索エンジン市場において、Googleに次いで第2位(米comScore社、2009年8月調べ)、中国大陸ではGoogleなどは利用できなく、百度が最大のシェアを占める。中国発の会社であり、また中国を主要市場としているため、「中国のGoogle」と呼ばれることもある[1]。
2020年12月13日現在のアレクサランキングでの順位は、世界4位、中国国内2位である。[2]
創業者の李彦宏は、北京大学を卒業後にニューヨーク州立大学へ留学。Dow Jones & Company, Inc.やInfoseekなどを経て、中国帰国後の2000年1月にBaidu, Inc.を創業している。
その後急成長を遂げ、2005年5月NASDAQに上場した。公開初日、公募価格の27ドルから122.54ドルまで急騰。当日の上げ幅は354%までのぼり、アメリカの証券市場、IPO初日に最多利益を上げた株式のひとつに数えられている。なお、2007年10月には時価総額が118億ドルに上っている。
2006年12月に日本法人であるバイドゥ株式会社を設立し、2007年3月には日本語版サイトBaidu.jpのベータ版サービスを開始している。2007年6月にはBaidu, Inc.の社外取締役としてソニー前会長の出井伸之が就任。2008年1月23日にBaidu.jpの本格サービス開始。一般の新聞やテレビのニュースでも取り上げられている。2008年12月16日、検索サイト・Baiduの動画検索と画像検索のトップページを刷新した。2015年3月にサービス終了[3]。
2008年、中国検閲当局は陳冠希わいせつ写真流出事件に絡みウェブサイトを介して人気女優の猥褻写真を拡散させたとして百度を批判、謝罪を命じた。11月15・16日には、中国中央電視台 (CCTV) が百度の広告掲載に関する不正行為を特集した番組を放映した[4]。
2014年、元スタンフォード人工知能研究所所長でGoogleのAI研究チームのリーダーも務めたアンドリュー・ング(英語版)が百度のチーフサイエンティストに就任した[5]。翌2015年、百度の開発したスーパーコンピュータのAIが音声認識能力コンテンストでGoogleなどを上回って世界一になったと発表したもののルール違反の発覚で出場停止処分となり、米中の過剰なAI開発競争が原因とされる[6][7]。
2017年7月、BYD、フォード、ダイムラー、NVIDIA、マイクロソフト、インテル、本田技研工業[8]、トヨタ自動車[9]なども参加する自動運転車を共同開発する世界最大の企業連合「アポロ計画」を設立[10]し、翌2018年7月4日に金龍客車と共同開発を進めてきた世界初の高度自動運転バス(レベル4)「アポロン」の量産を開始した[11]。2018年10月、Google、マイクロソフト、アップルなどが加盟する大手AI業界団体パートナーシップ・オン・AI(英語版)に中国企業で初めて加盟した[12]。
2018年2月、米中関係はサイバー面で重要な問題になっているとして世界最大のハッカー祭典であるDEFCONは初の海外開催を北京で百度と共催することを発表した[13]
日本[編集]
  • 2006年12月 - 日本法人であるバイドゥ株式会社を設立。
  • 2007年6月 - ソニー前会長の出井伸之がBaidu, Inc.社外取締役に就任。
  • 2007年3月 - 日本語版検索サービス baidu.jp のベータ版の提供開始。
  • 2008年1月23日 - Baidu.jpの本格サービス開始。
  • 2008年12月16日 - Baidu画像検索とBaidu動画検索トップページを一新
  • 2010年5月11日 - 文字入力システム「Baidu IME」をリリース。
  • 2011年12月13日 - 文字入力システム「Simeji」を買収。
  • 2015年3月 - 日本語版検索サービスが終了[3]

の自動運転開発オープンプラットフォーム「Apollo」がインテリジェント自動車ソリューションを披露し、その中でインテリジェントドライビングとインテリジェントクラウドソリューションのアップグレードが発表された。インテリジェントクラウド製品は自動車メーカーによるインテリジェント化機能の迅速な構築を支援し、これまで最低でも7年を要していた自動運転の研究開発サイクルを6ヵ月に短縮した。
バイドゥグループ副総裁兼インテリジェントドライビンググループ(IDG)ゼネラルマネージャーの李震宇氏によると、バイドゥのレベル4自動運転テスト走行の累計走行距離は1000万kmを突破し、北京、上海、広州の3都市でレベル4自動運転技術を搭載した量産モデルによる自動運転体験の提供を開始した。

コメント   この記事についてブログを書く
« コンプレックスだらけだった... | トップ | 変わる西友元ライバル企業出... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

連絡」カテゴリの最新記事