世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

首相、ベトナム首相と会談防衛品の輸出協定、実質合意 南太平洋海路安全保障環境維持が前進か

2020-10-19 16:58:27 | 連絡
<南太平洋海路安全保障環境維持が前進か>
2020/10/19 15:31
 (ハノイ=伊沢友之)
ベトナムを訪問中の菅義偉首相は19日午前、ハノイの首相府で同国のフック首相と会談した。菅首相が対面で外国の首脳と会談するのは就任後初めて。菅首相は会談後の共同記者発表で、日本で生産した防衛装備品や安全保障技術を輸出する場合に相手国に求めている条件を定めた協定の締結で、実質合意したことを明らかにした。
 会談では、中国をにらみ、

法の支配など価値観を共有する国々との連携を広げる日本の外交方針「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」構想の推進について協議。

ベトナムが主導し、FOIPとの共通点も多い東南アジア諸国連合(ASEAN)のインド太平洋に関する展望への支援も伝えた。
 

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 京都の地下鉄、手動運転でピ... | トップ | 気象病 天気病 気圧 今日... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (bene_vale_vobis(dood luck to you))
2020-10-19 20:53:32
菅総理大臣の就任後初めての外遊はベトナムとインドネシアです。
安倍前総理大臣の場合はアメリカでしたが、最初のコメントでは「前政権のやってきたことを引き継ぎます」だったと記憶しますが、今回のは独自色が出ましたね。
それだけ中国の南シナ海や東シナ海の海洋進出を気に掛けているっていうことなのでしょうか…?

コメントを投稿

連絡」カテゴリの最新記事