世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

クローゼットを仕事場に玄関前に洗面台変わる住空間

2021-02-20 18:10:10 | 連絡
★静止・移動期間における行動様式三密回避環境6条件=①検温・②消毒・③マスク、④換気・空調、⑤透明アクリルカーテン仕切り/人、マイクロ飛沫ケア・エチケットリング(注1)⑥平時定員8割減予約2割限定(注2)=の非常時経済社会活動条件満足住宅改修中央行政府や自治体助成施策加速か>



★公的支援(注1)を申請し、事業継続か>
(注1.1)「確定申告直前 知っておきたい コロナとお金」リンク集です。2/3放送、2/4放送、2/5放送
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/00bb679ec335720f4637e231dbe3661d
(注1.2)「確定申告直前 知っておきたい コロナとお金」リンク集です。2/1放送、2/2放送
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/a44e99b98da94caad04d0f54e1c708d1
::::::::
2021/02/20 08:00
自分の空間がほしい、ウイルスをいれたくない――。コロナ禍で広がるテレワークや衛生意識の高まりを背景に、住空間に求める人々の要望が変わってきた。新たな需要を取り込もうと企業も動く。 
 ■「ここしかない」とウォークインクローゼットに目をつけた。中の服や本を処分し、キャンプ用のランタンと椅子を持ち込んでワークスペースを確保。机の代わりに棚を利用している。冨岡さんは「働く環境はベストとは言えない。試行錯誤の毎日です」と話す。 
■住宅設備大手LIXIL(リクシル・東京)の小型洗面「どこでも手洗」。昨年3月から販売しているが、担当者は「玄関につけ、洗面所に行くまでに手を洗いたいというニーズがでてきた。当初計画していた出荷台数を上回っている」と話す。
 ■テレワークと感染抑止の観点から住まいの選び方は変わる」とみる。2畳でも個別空間がある間取りの希望が増え、換気の良さなども重視する動きがあるという。

コメント   この記事についてブログを書く
« 転職で「年収が下がる人、上が... | トップ | 沖縄で「本麒麟」の販売が32... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

連絡」カテゴリの最新記事