世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

The 人物伝:ジェフ・ベゾス、経営哲学、後悔最小化のフレームワーク、経営の数値化、素早く大きくなれ

2022-05-14 12:25:00 | 連絡
1.後悔最小化のフレームワーク
ベゾスはD.E.ショー時代やAmazonの創業期に自ら「後悔最小化のフレームワーク」と呼ぶ考え方を採用していた[97]。
彼はその人生哲学をこう表現する。
「80歳になったら、自分はウォール街を去ったことを後悔するだろうか?ノー。インターネットの誕生に立ち会えなかったことを、自分は後悔するだろうか?イエス」[97]。
2.経営の数値化
1990年代から2000年代初めまで、彼はAmazonを経営する上であらゆる側面を数値化しようとして、従業員をスプレッドシート(注1)でリスト化したり、経営上の判断をデータに基づいて行った人物とされる[98]。
(注1)Googleスプレッドシートとは、Google社が提供している表計算ソフトのことです。
Excelのようにソフトをパソコンにインストールして使用するのではなく、インターネットを介して使用するWebアプリケーションの一種です。ダウンロードやインストールは必要ありません。

3.素早く大きくなれ
Amazonを成長させるために、彼は「Get Big Fast」〔素早く大きくなれ〕というモットーを実行した。
この言葉は、会社には一定の事業規模が必要であり、安定的にマーケットを独占しなければならないということを言ったものだ[36]。
方で彼は、Amazonが得た利益を配当の形で株主に還元せず、会社の成長のために使っている[74]
 4.ワーク・ライフ・ハーモニー
ベゾスは一般的な「ワーク・ライフ・バランス」という言葉を使わず、「ワーク・ライフ・ハーモニー」と言う。
バランスという言葉には、どちらかではなく一方(だけ)を持つかのような含みがあると彼が考えているからである[101]。
彼の考えでは、仕事と家庭生活は、情報を共有して調整をおこなう相互接続的なものなのだ[101]
 5.ベゾス・プリンシパル
ジャーナリストのウォルト・モスバーグは、批判や指摘を受け入れられない人間には新しいことやおもしろいことができるはずがないという考え方を「ベゾス・プリンシパル」と名付けている[102]。
6.2枚のピザ
ベゾスはミーティングを早朝に設定せず、また社内では「2枚のピザ」ルールを守らせている。
これはピザが2枚あれば全員に行き渡る人数だけを会議室に集めろ、というものである[103]。
7.面接時のルール
Amazonで採用しようとしている人間を面接するときに、ベゾスは3つのことを自分に問いかけると語っている。
それは、
①その人物を尊敬できるか、
➁その人物が当たり前になっている基準を引き上げられるか、
➂どんな状況においても模範的となれるか、である[104]。
またベゾスは能力の高い社員にはパワーポイントを使わせず、原稿6枚分の情報を口頭でプレゼンさせる[105 
8.5つの原則
彼はAmazonに投資を行う人間とは一年間トータルで6時間しか顔を合わせることがない[103]。
1998年以降、年に一度、ベゾスはAmazonの株主宛に5つの原則を繰り返し述べた手紙を送っている。5つの原則とは、下記のとおりである。
  • ①競争相手ではなく顧客をみる。
  • ➁マーケットを握るためにリスクをとる。
  • ➂従業員のモラルを高める。
  • ④企業文化(組織文化)を育てる。
  • ⑤人に活力を与える[106][107]。
9.自身のメールアドレス
彼は自分や会社に顧客がアクセスする窓口である「jeff@amazon.com」というメールアドレスを変えていない[108]。届いたメールに返信することはないが、そのうちのいくつかには件名にクエスチョンマークを付けて、該当する分野を担当する役員に転送している[108]
10.影響を与えた人物
ベゾスは彼の経営哲学に大きな影響を与えた人物として、ウォーレン・バフェット(バークシャー・ハサウェイ)、ジェームズ・ダイモン(JPモルガン・チェース)、ボブ・アイガー(ウォルト・ディズニー)を挙げている[109]。
11.アマゾンのオフィス
アマゾンの廊下やエレベーター等の壁は、ホワイトボードが一面に張られており、どこでも議論をしたり質問を告知できるようになっている。
また、アマゾンの創業時代から全社員が「中古のドア」で手作りしたデスクを使っており、そうやって浮かせたお金をお客のために使うという。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%99%E3%82%BE%E3%82%B9
 

The 人物伝:ジェフ・ベゾス、ブルーオリジン設立

2022-05-14 12:12:48 | 連絡
詳細は「ブルーオリジン」を参照
2000年9月、ベゾスは有人宇宙飛行事業を目的とする民間企業であるブルーオリジンを設立した[48]
宇宙旅行と太陽系の開拓に彼は昔から関心を持っていた[25]。
1982年に高校を卒業したときは総代表としてスピーチを行ったが、後日マイアミ・ヘラルドから内容について取材を受け、そこでも地球周回上にホテルや、アミューズメントパーク、コロニーを建設することに興味があると語っている[49]。
18歳のベゾスはまた、地球上の資源の枯渇を憂いて、環境保護への関心も表明していた[50]。
ブルーオリジン設立後、2006年までは特に目立った活動はなかったが、この年にテキサス州西部に打ち上げおよび実験施設の建設のために広大な土地を購入している[51]。
2000年代後半にこの会社に世間の注目が集まると、ベゾスは有人宇宙旅行のコスト低減と地球外旅行の安全性向上についてたびたび語るようになった[52]。
2011年9月、ブルーオリジンの無人試作ロケットの1つが低高度での飛行試験中に機能停止した。この事故はある意味で挫折と受け取られることもあったが、その後の報道では設立時と比較してブルーオリジンは宇宙飛行に向けてはるかに前進しているということが報じられた[53]。
2013年5月、ベゾスはヴァージン・ギャラクティックの会長リチャード・ブランソンと面識を持ち、この年に宇宙飛行事業の可能性と戦略について議論を繰り返した[54]。
彼はリチャード・ブランソン、イーロン・マスクの名を挙げて、自分も含めた3人には億万長者であり、複数の事業を経営しながら宇宙飛行を第一に考えている共通点があると語ったことがある[55]。

The 人物伝:ジェフ・ベゾス、ITバブル崩壊を乗り越えて快撃

2022-05-14 11:52:45 | 連絡
21世紀初頭のITバブル崩壊により多くのIT企業を倒産に追い込んだが、
2000年にはAmazonの株価も113ドルから6ドルに暴落したものの、堅実なビジネスモデルを選択したAmazonは生き残り、IT不況を乗り越えて電子商取引における大手企業となった。
2002年には、天気予報チャンネルとウェブ・トラフィックからデータを集積して、アマゾン・ウェブ・サービスをスタートさせた[36]。しかしこの年の後半に、大規模な投資が続いていたAmazonは収益の伸びがとまった段階で財政難に陥ってしまった[39]。
2000年にベゾスは銀行から200億ドルの融資を受けているが、Amazonのキャッシュバランス(現金残高)はわずかに3億5,000万ドルに減少していたのである[40]。
会社が破綻間近になったため、ベゾスは複数の物流センターを閉鎖し、Amazonの全従業員の14%にあたる人数を解雇した[40]。
Amazonは2003年には財政的な安定を取り戻し、この年は4億ドルの黒字となった[41]。
ベゾスがAmazon Kindleをスタートしたのは
2007年11月である[42]。
2008年のタイム誌の記事によれば、彼はビデオゲームと同じように読書でもフローな状態をつくりたいと考えていた。
つまり読者が完全に本へ没入できるようしたいと思っていたのである[43]。
2013年にはアマゾン・ウェブ・サービスについてアメリカ中央情報局(CIA)と6億ドルの契約を結んでいる[44]。
この年の10月に、Amazonは世界最大のオンライン小売企業として認められた[45]。
2017年5月、3日間で10億ドルのアマゾン株を売却したとOnebox Newsが報じた[46]。
2021年2月2日、CEOを2021年7〜9月期(第3四半期)に退任すると発表[47]。2021年7月5日にCEOと社長を退任した。



The 人物伝:ジェフ・ベゾス、キャリアアップ時代、Amazon起業

2022-05-14 11:33:41 | 連絡
〇キャリアアップ時代
1986年にプリンストン大学を卒業したベゾスはインテル、ベル研究所、アーサー・アンダーセンなどからオファーを受けた[30]。
彼が最初に就職したのは金融決済システムを手がけるスタートアップ企業のFitelで、貿易情報のネットワーク構築に従事した[31]。
ベゾスは、その後開発部門と顧客サービスの責任者に昇進している[32]。
その後に大手金融サービス会社バンカース・トラストでプロダクト・マネージャーとなり、銀行業界に籍を移して1988年から1990年まで働いた[32]。
さらにその後、1990年から1994年まで新興のヘッジファンドであるD.E.ショーで仕事をし、30歳のときには同社で4人目のシニア・バイス・プレジデント(副社長)になった[30][32]。
D.E.ショーで、当時話題になっていたインターネットについて調査を任されたことで、インターネットが急速に普及しつつあることを知り、ベゾスはインターネットによる物販の可能性を確信する。
〇Amazon起業
詳細は「Amazon.com」を参照
1993年の後半に、ベゾスはオンライン書店を始めることを決める[33]。
彼はD.E.ショーを退職して、ニューヨークからシアトルへの移動中に事業計画を書き上げ、自宅のガレージでAmazonを起業した。
1994年1月のことだった[34][35]。
新しい会社の名前は南アメリカのアマゾン川にちなんだもので、アルファベットの最初の文字であるAから始まるという意味合いも一部にはあった[36]。
両親が300,000ドルともいわれる金額を都合してくれたため、彼はそれをアマゾンに投資した[35]。
彼は初期の投資家の多くに、アマゾンが潰れたり自分が破産する可能性は70パーセントあると告げていた[37]。
Amazonはもともとオンライン書店であったが、ベゾスは常にその業務を拡大する計画を温めていた[32][36]。
Amazon創業から3年後に、ベゾスは株式の公開(IPO)を行っている[38]。
フォーチュンやバロンズには厳しい観測の記事が掲載されたが、ベゾスはインターネットの成長によって、ボーダーズやバーンズ・アンド・ノーブルのような巨大な書店チェーンとの競争に勝てると譲らなかった[36]。
1998年、ベゾスは音楽と映像もオンラインで販売を始めた。この年の終わりには、彼の会社はさまざまな日用品も扱うようになった[36]。
1997年の株式公開で調達した5,400万ドルを資金として小規模な競合他社を積極的に買収した[36]。

The 人物伝:ジェフ・ベゾス1964年1月12日-(58歳)、概要、生い立ち

2022-05-14 11:19:13 | 連絡
〇概要
ジェフリー・プレストン・ベゾス(Jeffrey Preston Bezos、1964年1月12日 - )は、米国の実業家、投資家、フィランソロピスト。Amazon.com の共同創設者、取締役会長。出生名はジェフリー・プレストン・ジョーゲンセン(Jeffrey Preston Jorgensen)。
世界最大級の資産家の1人であり、フォーブスの長者番付によると
2020年時点で2046億ドルの資産を有する。世界で初めて資産が2000億ドルを超えた人物。
2013年に米有力新聞ワシントン・ポストを買収しオーナーとなった。ジェフ・ベイゾスとも[6][7]。
〇生い立ち
・スクール時代[編集]
ベゾスは小学4年から6年までヒューストンのリバー・オークス小学校に通った[18]。
ベゾスは科学に関心を持っており、工作の才能もあった。
ある時は電動のアラームを仕掛けて、弟たちを部屋に入れないようにしていたほどである[19][20]。
一家はフロリダ州マイアミに移り、ベゾスはマイアミ・パルメット高校に通った[21][22]。
彼は高校在学中からマクドナルドで働き、朝のシフトで簡単な調理を担当していた[23]。
フロリダ大学で開催された科学の生徒研修プログラムにも参加している。
1982年に彼はいわゆる卒業生総代を務め、ナショナル・メリット・スカラーシップ[24][25]、シルバー・ナイト賞を獲得している[24](どちらも優秀な生徒に贈られる奨学金または表彰制度)。
・大学時代[編集]
1986年に、GPA4.2でプリンストン大学を卒業し、電気工学と計算機科学で学位を取得した。
当初は物理学者となることを目指していたが、量子力学の偏微分方程式の問題を理解できず、クラスメイトに代わりに解いてもらったときにその夢をあきらめた(そのクラスメイトは3ページ分の代数の問題を暗算することができたとベゾスは述懐している)。
ベゾスは直ちに電気工学とコンピュータサイエンスに専攻を変えたという。
彼はまた全米最古の学生クラブであるファイ・ベータ・カッパ(英語版)のメンバーでもあった[26][27]。
大学時代には、優秀な工学徒としてタウ・ベータ・パイ(英語版)にも選出され、宇宙探査・開発のための学生組織のプリンストン支部長にもなっている[28][29]。