世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

夏ミカン、桜、清明~、佐伯山緑地・「ふれあいパーク活動」里山の会、佐伯山・子育て地蔵さっちゃん

2022-05-04 17:20:34 | 連絡
〇夏ミカン、桜、清明~、佐伯山緑地・「ふれあいパーク活動」里山の会、佐伯山・子育て地蔵さっちゃん



美味しくて古くから日本人の食を楽しませてくれるナツミカン。
夏に食べる果実としてナツミカンは親しみがあることから「親愛」という花言葉がつけられたと思われます。
〇清明~
4/5(火)清明(せいめい):清明(せいめい)とは万物が清らかで生き生きとした様子を表した「清浄明潔」という言葉を訳した季語です。
花が咲き、蝶が舞い、空は青く澄み渡り、爽やかな風が吹く頃です。
今は21節気の清明、大地に花咲く頃です。その生命力が羨ましい。

〇佐伯山緑地・「ふれあいパーク活動」里山の会:花壇づくり~佐伯山緑地南門~徒歩~バス停大田文化の森~乗車~JR大森駅
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/072cc5fd4eb1842b21dd3ea0f1aae70c

〇佐伯山・子育て地蔵さっちゃん~五つ又・交通安全地蔵尊~馬込桜並木:大田区、中央、南馬込
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/f76913508d51085e5adce9e69c8f121a






三菱電機製造のトルコ通信衛星『Turksat-4A』打ち上げ成功2014年2月17日(月)《秋山 文野》

2022-05-04 15:17:41 | 連絡
〇2014年2月14日、ILS インターナショナル・ローンチ・サービスは、三菱電機が衛星製造を担当したトルコの通信衛星『Turksat-4A(トゥルクサット-4A)』のプロトンロケットでの打ち上げに成功したと発表した。
Turksat-4Aは三菱電機が2011年にトルコの通信会社TURKSATから製造を受注した静止通信衛星。
トルコを中心に中央アジアから中東、アフリカの地域で通信、放送サービスを行う。
三菱電機がシンガポールの通信会社から受注したST-2衛星に続き、海外通信会社からの衛星製造受注例として注目されていた。
衛星は三菱電機の静止衛星バス「DS2000」をベースとし、打ち上げ重量は4850キログラム。衛星の軌道制御を行うための推進剤の残量から推定される運用可能期間は30年以上とされる。
Turksat-4Aは、カザフスタン、バイコヌール宇宙基地からプロトンM ブリーズMロケットで2014年2月15日午前6時9分(日本時間)に打ち上げられた。
プロトンMロケット全3段の分離、5回にわたるエンジン燃焼も正常に進行。ブリーズM上段ステージは静止トランスファ軌道に衛星を予定通り投入し、打ち上げから9時間13分後に衛星は分離されたという。《秋山 文野》 
テュルクサット5Aは、テュルクサットA.Şが運用するトルコの通信衛星です。商業および軍事目的のため。[3]
2011年9月に署名された協定によると、衛星はテュルクサットとトルコ航空宇宙産業(TAI)と協力して専門家によって開発されました。
れは、トルコ航空宇宙産業(TAI)によって、アンカラに新しく設立された衛星アセンブリ統合およびテスト施設(トルコ語:Uydu Montaj Entegrasyon ve Test)(UMET)で、20%独自に開発された技術で製造されました。
ュルクサット5Aは、トルコで建設された最初の静止通信衛星です。[2] [5] [6]
2013年初頭、テュルクサット4Aとテュルクサット4Bの衛星プラットフォームを建設している日本の三菱電気(MELCO)が、衛星にMELCODS2000衛星バスを提供するプロジェクトに参加する可能性があると報告されました。[2]しかし、2017年11月9日、エアバスディフェンスアンドスペースは、ユーロスターE3000の全電気式バリアントであるユーロスターE3000EORを使用してテュルクサット5Aの衛星プラットフォームを構築するために選択されました。[7]
 
宇宙船は、2021年1月8日02:15:00 UTCにケープカナベラル(CCSFS)、SLC-40から打ち上げられました。[2]
テュルクサット5Aは、東31°の静止軌道に配置され、中国西部とトルコに広がるイングランド東部の間の広い地理的地域、およびヨーロッパ、中央アジア、中東とアフリカ。[8]
打ち上げ質量は3,500kg(7,700 lb)[2]で、 42Kuバンドのトランスポンダーを 搭載しています。
予想される軌道上での寿命は15年ですが[9]、より効率的な電気スラスターにより、Turksat 5Aは30年以上軌道上での位置を維持でき、エアバスによると、多くの大型通信衛星の寿命の2倍になります。 。[10]
2020年10月29日、カリフォルニア州ホーソーンにあるTurkSat 5A打ち上げプロバイダーSpaceXの本部の外に集まったアルメニアの抗議者たちは、衛星の打ち上げに抗議し、 SpaceXに衛星を打ち上げないよう要求し、係争中のナゴルノの軍事および民間の標的に対して使用されると主張しました。
カラバフ地域。
SpaceXは、抗議に対するコメントの要請に応じなかった。[11] [12]
TurkSat 5Aは、ドローンの運用範囲をヨーロッパ西部からカザフスタン東部に大幅に拡大し、妨害、拒否、盗聴に対する耐性を高めます。
ターゲットの高解像度ライブストリームと弾薬の指揮が低下します。[13] [14] [15]



バイラクタル TB2、運用履歴・ウクライナ

2022-05-04 14:52:22 | 連絡
軍事近代化プログラムの一環としてウクライナ軍は2019年に12機を輸入し、親ロシア勢力の支配下にある東部地区の偵察に投入した[60][61][62]。
 同機の使用に成功した後、ウクライナ海軍は6機のバイラクタルTB2を別途追加発注し、海軍当局によると2020年に納入された[63]。
トルコとウクライナは、ウクライナに48機のバイラクタルTB2を追加製造する合弁会社を設立すると発表している[64]。

東部の紛争地域で活躍したことにより2021年9月に追加の24機を数ヶ月以内に購入することを発表した。
2022年時で18機以上を保有しており、2022年3月にウクライナのレズニコフ国防相は新たに発注したバイラクタル TB2がすでにウクライナに納入され、戦闘準備が整ったと発表した[65]。
24機全てが納入されていた場合、ウクライナには数機がロシア軍に破壊されたが30機以上を保有していると考えられる。
クリミアやウクライナ国境付近でのロシアの軍拡の中、
2021年4月9日にバイラクタルTB2でドンバス地方の偵察飛行を行った。
これは、活発な紛争地域内でのウクライナ軍による同機の初運用となった[66][67]。
ウクライナ軍参謀本部は2021年10月26日、東部の親ロシア派武装勢力に対する攻撃任務にTB2を初投入してD-30 榴弾砲を破壊したと発表した[68]。
更にウクライナは、より高性能なトルコ製無人攻撃機「アキンチ」へエンジンやプロペラを供与している[60]。
ロシア連邦副首相ユーリ・ボリソフは、「トルコとの関係を見直す」とウクライナへの無人軍用機輸出に対して警告を発した[60]。
2022年2月24日から始まったロシアのウクライナ侵攻では、開戦初日のロシア軍による空爆で全機破壊されたと報じられていたが、実際には分散配置されていたため被害を免れた。
初日以降多くの戦果を上げ続けており、ロシアのクラスハ電波妨害装置にも妨害されずロシア軍の戦車[69]や装甲車、各種車両[70]、9K37等の対空ミサイル部隊[71]、鉄道の燃料車等やロシア軍司令部等を攻撃し数百両を破壊する戦果を挙げたとウクライナ側は主張している。[72]。
また、地対艦ミサイル『ネプチューン』との協同により、黒海艦隊旗艦であるミサイル巡洋艦「モスクワ」に攻撃を行ったとされ、結果として同艦は沈没した[73][74]。


バイラクタル TB2、特徴・構成、飛行制御システム、武装

2022-05-04 14:38:24 | 連絡
〇特徴
〇構成
バイラクタル TB2は、
6台の空中機プラットフォーム[要出典]、
2台の地上管制ステーション(GCS)、
3台の地上データ端末(GDT)、
2台の遠隔ビデオ端末(RVT)と
地上支援装置で構成される。[要出典]
各プラットフォームは、3重の冗長化されたアビオニクスシステムを搭載している。
地上管制システムは、パイロット、ペイロードオペレーター、ミッションコマンダーがそれぞれ指揮、制御、監視を行う
クロスリダンダントアーキテクチャを採用している[32]
〇飛行制御システム
バイラクタル TB2は、外部センサーの補助なしに自律的にタキシング、離陸、巡航、着陸、駐機が可能な、リアルタイムのセンサーデータを三重冗長(英語版)化されたセンサーフュージョン(英語版)アルゴリズムで飛行制御するシステムが搭載されている。
ミッション固有の制御は、ミッションコントロールコンピュータシステムを通じて行われる。
電子パワーユニットは、トリプルオルタネーターとリチウムイオン二次電池ユニットで構成されている。
カメラユニットがプラットフォームの尾部に設置されており、全てのセンサーデータはエアボーンデータレコーダーに記録されている。
アビオニクスは、必要に応じて異なる飛行場への自律的な緊急着陸をサポートできるようになっている。
センサーフュージョンは、GPS信号が失われた場合でも、ナビゲーションと自動着陸を可能にするよう設計されている[33 
〇武装

バイラクタル TB2は、主翼下の4ヶ所のハードポイントに合計150kgのミサイルや誘導爆弾、ロケット弾で武装することができ、
TAI/アグスタウェストランド T129 ATAKにも武装できるUMTAS(英語版)は射程8kmの対戦車ミサイルでバイラクタル TB2に搭載した場合、高度16000フィートからの攻撃もできる。
レーザー誘導爆弾であるMAMは滑空爆弾であり、C型は射程8km、L型は射程が8km~14kmとなっている。
T型は重さが94kgとなり1発しか装備できないが射程は30km~80kmとなり、中距離対空兵器からのアウトレンジ攻撃も可能になっている。
その他にもレーザー誘導ロケット弾であるRoketsan Cirit(英語版)等を装備することができる。


バイラクタル TB2、開発、特徴・デザイン

2022-05-04 14:20:49 | 連絡
〇開発
バイラクタル TB2の開発は、トルコ内外のクルディスタン労働者党(PKK)グループに対して使用されるという懸念から武装無人航空機のトルコへの供与をアメリカ合衆国が禁止したことによって拍車がかかった[8]。
2014年8月、バイラクタル TB2は初飛行した[19]。
2015年12月18日には、バイラクタル TB2のミサイルテストの動画が公開された[20][21][22][23]。
2018年3月、バイカルはカタール軍向けに6機のドローンを製造する契約をカタールと締結した。
2018年1月、バイカルはウクライナ軍のために6,900万ドル相当のバイラクタル TB2 12機と地上管制局3基を購入する契約をUkrspetsprojectと締結した[24][25][26]。
ウクライナは2019年3月にUAVの最初のバッチを受け取った[27]。
2020年10月、アルメニア当局は、アゼルバイジャンとの紛争(2020年ナゴルノ・カラバフ紛争)中に撃墜されたTB2ドローンからCMX-15Dシステムの残骸が回収されたと主張し、ドローンにカナダのL3ハリス・ウェスカムのCMX-15Dシステムが使用されていることが明らかになった。
これが引き金となり、CMX-15Dのトルコへの輸出は一旦停止され、グローバル・アフェアーズ・カナダの調査では、ナゴルノ・カラバフ戦争におけるカナダ企業の技術が評価されている[28]。
トルコはカナダのCMX-15Dの代替としてアセルサンのCATS(共通開口照準システム)を選択した[29][3
〇特徴
〇デザイン
バイラクタル TB2は、


逆V字尾翼構造を持つブレンデッドウィングボディを採用、推力はテールブーム間の内燃機関から得ている。
モノコック構造のプラットフォームは、主翼、テールブーム、Vテールなどの主要なアイテムが取り外し可能なモジュール式になっている。
胴体はすべてカーボンファイバー複合材でできているが、接合部には精密なCNC加工によるアルミニウム部品が使用されている。
燃料はブラダータンクに貯蔵され、燃料消費量はソレノイドバルブで自動的に調整される。
可変ピッチの2ブレードプロペラにより、中高度での効率的な飛行が可能。[要出典]
地上管制ステーション(GCS)は、NATO仕様のシェルターユニットをベースに、二重化されたコマンド&コントロールシステムと、冗長性のあるエアコン、NBCフィルタを装備している。
シェルター内のすべてのハードウェアは、ラック型キャビネット内に設置されている。
この移動式ユニットは、パイロット、ペイロードオペレーター、ミッションコマンダーの3名で制御する。
各オペレータは、リアルタイムのコマンド、コントロール、およびモニタリングに使用されるオペレータ・インターフェース・ソフトウェアとともに、前面にデュアル・スクリーンを備えている。[要