世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

(^_^♪)井上陽水・安全地帯の「夏の終りのハーモニー」

2021-09-13 18:49:16 | 連絡
〇うた(^_^♪)を歌って楽しく健康増進=介護の予防を目指しましょう。

<<<
井上陽水・安全地帯の「夏の終りのハーモニー」

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

(^_^♪)雅夢の「愛はかげろう」

2021-09-13 12:24:18 | 連絡
〇うた(^_^♪)を歌って楽しく健康増進=介護の予防を目指しましょう。

<<<
雅夢の「愛はかげろう」

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

甘利明税調会長「日本はこんなものじゃない、JAPAN as No.1 AGAIN !」 自民党総裁選のキーマン甘利明議員が日本の未来を語る、9月9日放送

2021-09-13 09:00:06 | 連絡
【「元をただせば日本発というものはいっぱいあるが、ビジネス化で負けるのは日本の負のお家芸」】
★西太平洋弧状列島ガラパゴス商品から、環太平洋弧状列島世界標準ビジネス商品(注1)へ拡張か>

ガラパゴス携帯とは



(注1)世界標準IEEE802.15、11商品事例


自由民主党の税制調査会長・甘利明衆議院議員が、ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』(9月9日放送)に出演、日本の未来についてのヴィジョンを熱く語った。 
9月1日の夜に実施されたこのインタビュー。甘利氏は飯田アナウンサーのマイナンバーカードの現状についての質問に対して当時マイナンバーカード担当大臣だった時の経験を交えつつ、自分自身を公的に証明する仕組みは、デジタル社会の一丁目一番地として必要である事を力説。ところが当時の野党が反対した結果が、コロナの給付金の支給等がスムーズにいかなかった現状に繋がったと強調した。
さらに、「次の世代にどういう日本を残したいか?」という質問に対しては「日本はこんなもんじゃないぞ!」と力説。まずワクチン開発の遅れに対しては甘利会長自身がTPP担当だった時に、日本はアメリカと並ぶ数少ない“創薬大国”であったにもかかわらず、後塵を拝している現状に「フラストレーションを感じている」と語った。
さらに日本が開発して世界を変えたものとして“スマートフォン”を挙げて、世界で初めて、i-modeが携帯電話とインターネットを繋げた事例を紹介。「元をただせば日本発というものはいっぱいあるが、ビジネス化で負けるのは日本の負のお家芸」と嘆きつつも、
本来の日本の技術力をビジネスに結び付け「JAPAN as No.1 AGAIN !」を実現してみせる。そのためには国(注2)としての様々なサポートが必要である、と話を結んだ。
(注2)YRP NEWS 2006年秋号No.36ミリ波実用化に関するコンソシアム設立説明会の開催
https://www.yrp.co.jp/info/news-archives/yrpnews36.pdf



  • 2012年
    • 9月 - 自由民主党政務調査会長に就任。
    • 12月 - 第46回衆議院議員総選挙で10選。
    • 12月 - 第2次安倍内閣で内閣府特命担当大臣(経済財政政策)に就任。経済再生担当、社会保障・税一体改革担当の国務大臣も務める
      2013年
    • 4月 - TPP政府対策本部の設置によりTPP政府対策本部長として環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を担当する[81]。
  • 2014年
    • 9月 - 第2次安倍改造内閣で内閣府特命担当大臣(経済財政政策)に留任。健康・医療戦略担当の国務大臣に就任したほか、経済再生担当、社会保障・税一体改革担当、環太平洋経済連携協定(TPP)担当の国務大臣を引き続き兼務。
    • 12月 - 第47回衆議院議員総選挙で11選。
    • 12月 - 第3次安倍内閣で内閣府特命担当大臣(経済財政政策)に再任。経済再生担当、社会保障・税一体改革担当、環太平洋経済連携協定(TPP)担当、健康・医療戦略担当の国務大臣も引き続き兼務。
  • 2015年
    • 10月 - 第3次安倍第1次改造内閣で内閣府特命担当大臣(経済財政政策)に留任。経済再生担当、社会保障・税一体改革担当、環太平洋経済連携協定(TPP)担当、健康・医療戦略担当の国務大臣も引き続き兼務。
URをめぐる口利き疑惑(注3)
2016年1月、千葉県の建設会社「薩摩興業」が2013年に道路建設をめぐり甘利側に都市再生機構(UR都市機構)に対する口利きを依頼し、見返りに総額1200万円を現金や接待で甘利側に提供したと、週刊文春が報じた[56][57][58][59][60][61][62][63][64][65]。甘利は「社長が大臣室を訪問したのは事実」と認めたが「何をしたかは記憶が曖昧だ」と述べた。
同月28日の記者会見で、薩摩興業側から2013年11月に大臣室で50万円、2014年2月には大和市の地元事務所で50万円を2回に渡り受け取ったことを認め秘書には政治資金収支報告書に記載するよう指示したが記載されなかった」と述べ、500万円については「秘書に政治資金収支報告書へ記載するよう指示したが実際には200万しか記載せず、300万は秘書Aが無断で私的流用していた」と述べた[66][67]。この報道の影響で、1月28日に行われた会見で引責辞任を発表した[15]。またこれ以降「睡眠障害」を理由に第190回国会を閉会まで欠席[16][68][69]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%98%E5%88%A9%E6%98%8E
(注3)
(注3)★TPP反対派政・官・産業界の陰謀作戦行動か>

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

(>_<)天気痛(少し痛い~かなり痛い)76%、9月13日(月)1~7時台(東京)気圧は安定か

2021-09-13 08:31:09 | 連絡


9/13(月)の東京:雲がやや多めとなりますが、午後を中心に晴れ間が広がる見込みです。
気圧の変動は小さく、安定傾向で推移するでしょう。少し安心できる1日となりそうです。
最高気温は30℃前後と高くなり、残暑が厳しいでしょう。
(出典)今日、明日・・・の気圧、気温、天気及び頭痛の予想サイト
https://zutool.jp/
●今日6時台予想気圧:1気圧+12kg/㎡ 
●今日6時台実測気圧:1気圧+8kg/㎡
気圧予測誤差(注1):予想値ー実測値=4kg/㎡
●気象病、寒暖差疲労の週間予想のサイト
https://setagayanaika.com/blog/category/weather
●~うつ病・認知症について語ろう~片頭痛、町亞聖、うつ病専門医樋口輝彦先生、 天気痛、リラクゼーション体操のサイト
●気象病原因、気象病症状、セルフケア、気象病外来:世田谷区、千代田区、渋谷区、西東京市、板橋区水野医院今日の早起きドクター
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/c92e11c5189cdd30f4edc84d18afafae

●気象病 天気病 季節変わり目 群発性頭痛 著名人のサイト
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/27a762b92e71ec80080d1fe143bb8876

●介護予防 元気=免疫力アップ 「ダンス」
「ぽかぽか竹ツボ体操」「筋トレ」のサイト   
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/68f7c7b64102d49ece5afb494d5e3338
:::::
気圧予測誤差(注1)の最小化は、ユーザー参加気象要素実測値提供=共助・共生による、予想精度向上を図る最新高度化モデルアンドシミュレーションシステムにより実現か>
★弧状列島陸域、排他的経済水域、空域、宇宙域に拡張か>
★現在の都内広域2~5地点の粗い気象要素実測値を用いた、区市町村自治体における予想精度が低い過去簡易モデルアンドシミュレーション運用は今年度内に終了できるか。東京都区市町村内外ユーザー参加方式実測値地点2~4桁増IoT:Internet of Things[モノのインターネット(注2)]気象要素実測値が適用可能で予想精度向上を図る最新高度化モデルアンドシミュレーションシステムプロタイプ開発商用化・現場導入移行に必要なヒト・モノ・カネ整備=公助・新興施策加速か>
(注2)「環太平洋弧状列島陸域、排他的経済水域、空域、宇宙域・・・における」モノのインターネットとセンサーネットワーク
https://ieeexplore.ieee.org/document/9475173

発行: IEEE通信マガジン ( ボリューム: 59、問題:6、2021年6月)
シリーズ社説:モノのインターネットとセンサーネットワーク
要約:私たちは、世界が複数のCOVID-19感染波を目撃している時期に立っていますが、不均一で局所的な方法で到着し、他の地域でスパイクしながら世界中の一部の地域で症例が減少しています。企業や地域社会が通常の業務を再開するよう慎重な努力をしていますが、感染の定期的な復活は、そのような試みを妨げる可能性があります。
ISSN 情報:DOI: 10.1109/MCOM.2021.9475173発行元: IEEE
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする