世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

飯田浩司のOK!Cozy up! 2021年07月26日 エミン・ユルマズ さん登場

2021-07-26 11:28:40 | 連絡
7月26日(月)のニュース
コメンテーター エコノミスト エミン・ユルマズ さん登場
エミン・ユルマズ
複眼経済観測所 取締役
ルコ・イスタンブール出身。
1996年16歳の時に国際生物学オリンピックで世界チャンピオンとなり、
1997年国費留学で来日。1年後に東京大学理科一類に合格、
その後同大学院で理学修士を取得。
2006年野村証券入社、投資銀行部門、機関投資家営業部門に携わり、
2015年3月からは四季リサーチ株式会社グローバルマーケティング担当執行役員。
2016年から現職。
(資格・所属団体)
トルコ国立報道機関アナトリアンエージェンシー 専属アナリスト
日本語能力試験一種

(経歴)
1996年6月 国際生物学オリンピック優勝
1997年3月 来日、国際学友会日本語学校入学
2004年3月 東京大学工学部化学生命工学科卒業
2006年3月 東京大学新領域創成学科修士課程修了
2006年5月 野村證券株式会社入社
企業情報部に配属 M&Aアドバイザリー業務に従事
2009年1月 機関投資家営業部配属
2010年6月 外国株式営業部配属
2014年8月 野村證券退社
2015年3月 四季リサーチ株式会社に入社
2016年1月 複眼経済観測所 取締役に就任
  • 東京五輪レポート
  • 菅総理と仏マクロン大統領が首脳会談
  • G20気候・エネルギー相会合

  • ★ドイツ、フランス原発電力陸路輸入、原発全廃可能に踏み切れるか>
  • ★西大陸中国石炭火力に依存、原発推進か>


  • ★西半島韓国石炭火力に依存、原発推進か>

  • 奄美・沖縄 今日にも世界自然遺産へ
  • 東京五輪開会式 海外の反応は?
  • アメリカFRB27日から金融政策について会合


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日の早起きドクター7月26日 川上一恵先生 子供感染症は親から家庭内感染拡大か 倉持モデル仮設病棟建設加速か

2021-07-26 11:00:19 | 連絡
モーニングライフアップ 今日の早起きドクター
7月26日月曜日川上一恵先生
東京都医師会「コロナ時代を生きる」 心配し過ぎる、お父さん・お母さんが心配です 
東京都医師会 川上一恵理事 (小児科医 かずえキッズクリニック院長)
時々、「なぜ小児科医を選んだのか」と聞かれることがあります。診療科として「小児科を選んだ」のではなくて、もともと子どもに関わる仕事がしたかったのです。大学進学時、教師の道に進むという選択肢もあったのですが、医学部に進むことになり、そこからは迷わず小児科医を目指しました。ずっと根底にあるのは、「子どもには未来がある。これから人生を歩んでいく子どもたちに自分が関わっていくことで、子どもたちの未来がよりよく変わっていったら素敵だろうな」という気持ちです。

●子供感染症は親から家庭内感染拡大か
●家庭内感染拡大防禦=倉持モデル仮設病棟建設加速か
〇2021/3/5 新型コロナウイルス感染症を専門とした応急仮設病棟の建設が、
宇都宮市中島町のクリニック「インターパーク倉持呼吸器内科」で進んでいる。二次感染を防止する高度な医療設備を備え、3月中に完成する予定。逼迫(ひっぱく)する医療体制の緩和に貢献する。
〇東京都城南地区倉持モデル仮設病棟建設候補地例

●予防ワクチン親世代接種加速が必須か
https://www.1242.com/cozy/

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

黒木瞳あさナビ06:43 7月26日(月)からは、地政学・戦略学者の、奥山真司さん登場

2021-07-26 10:22:54 | 連絡
地政学とはどのような学問、なぜ今注目が集まっているのか・・・
地政学の「広い視野」から見る国際社会、
そして日本の今後について伺います。
奥山 真司(おくやま まさし、1972年 - 48歳)は、日本の学者、戦略研究家。日本では批判的な地政学や戦略学を紹介したと言及されている[1]。
横浜生まれ。幼少期、父の転勤によりカタール(アクラ)に1年間在住経験あり。横須賀市立横須賀高等学校を卒業後、音楽系の専門学校を経て、カナダのブリティッシュコロンビア大学に入学し、地理学科および哲学科を卒業。英国レディング大学大学院戦略学科で修士号及び博士号[2](2011年)を取得。コリン・グレイに師事した。国際地政学研究所上級研究員。戦略研究学会理事・企画委員。日本クラウゼヴィッツ学会理事、副会長代理。
人生の師はコリン・グレイ、エドワード・ルトワック。
  • 2019年4月より、戦略研究学会企画会委員[3]。
  • 青山学院大学、東京大学大学院、自衛隊幹部学校、防衛研究所などの講師をつとめる。
  • ニコニコ動画、YouTubeにて毎週火曜日「奥山真司のアメリカ通信」をONTHEBOARD社長 和田憲治と共に放送。
地政学、リアリズム、プロパガンダの視点をベースに、欧米の英字新聞・雑誌・ニュースから欧米各国の首脳、政治家、軍人の思考方法・戦略的思考を分析、紹介している。 『目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画』の翻訳後は、欧米の政治関係者、軍事関係者による対中政策についての解説を自メディア以外でも行っている[4]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%A5%E5%B1%B1%E7%9C%9F%E5%8F%B8_(%E6%88%A6%E7%95%A5%E5%AD%A6%E8%80%85)
 
 
 




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

東京五輪、スケートボードの堀米雄斗選手(22)初代王者、商用化スポーツ選手 世界標準化先導か

2021-07-26 09:54:29 | 連絡
東京五輪3日目の25日、東京都江東区が会場となった新競技・スケートボード男子ストリートで、地元出身の堀米雄斗選手(22)が初代王者の座を射止めた。幼い頃から堀米選手の成長を見守り、この日もテレビで躍動にエールを送ったスケートボード仲間は快挙に沸いた。(田村美穂)

東京都江東区出身。東砂小学校、砂町中学校卒業[4]。
6歳の時、スケートボード選手の父と近所の公園でスケートボードを始めたこと[5]をきっかけに競技を始める。
10代前半の頃には国内トップ選手として活躍[6]。当時の堀米を知る競技関係者は「普通の小学生と違った。彼は人をまねるのではなく、自分から人と違う技、誰もできないような技に挑んでいた」と話す[6]。
2014年・2015年には2年連続で日本スケートボード協会(AJSA)年間グランドチャンピオンに輝く[5][6]。
2016年には「スケートボードの本場で活動しないと注目してもらえない」との思いから活動拠点をアメリカ合衆国・ロサンゼルスに移す[5]。
2017年のスケートボードの世界最高峰プロツアー「ストリート・リーグ」では準優勝を果たし、2018年にイギリス・ロンドンで行われた同大会では日本人初の優勝を遂げた[7]。
2019年5月には、2020年東京オリンピックから正式な種目に加わるスケートボードの強化選手として選ばれる[8][9]。
同年11月には、中村輪夢、五十嵐カノアらと『JAPAN ACTION SPORTS AWARDS 2019』を受賞[10]。
2021年7月25日に2020年東京オリンピックスケートボード男子ストリートにて金メダルを獲得[11][12]。
【こんな人】金メダル堀米雄斗 賞金で米国に豪邸、フォロワー八村塁超え
世界選手権覇者の堀米雄斗(22=XFLAG)が、37・18点で金メダルを獲得した。
<堀米雄斗(ほりごめ・ゆうと)>
◆生まれ 1999年(平11)1月7日、東京都江東区生まれ。
◆きっかけ 父亮太さん(46)の影響で6歳の時に地元の小松川公園で始める。東京・聖進学院高卒業後の17年から、本格的に米国に活動拠点を移した
◆特徴 ハーフパイプを往復しながらトリックを競う「バーチカル」と、五輪で実施した「ストリート」を高いレベルでこなすオールラウンダー。
◆実績 世界最高峰のストリートリーグ(SLS)で18年に日本勢初優勝を含む3戦3勝。長年の夢だった獲得賞金で「アメリカに家を建てる」ことを実現し、昨秋に庭にパークを併設した豪邸を購入。21年世界選手権も制覇している
◆SNS インスグラムのフォロワーは25日午後11時点で95・6万人。MLBの大谷翔平(106・9万人)にこそ及ばないが、NBAの八村塁(49・3万人)を上回る発信力。
◆次の夢 米国でもっと大きい家を買う。
◆サイズ 身長177センチ、体重55キロ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大谷 35号決勝ソロ チームも2連勝で勝率5割復帰 商用化野球選手の世界標準化活躍事例か

2021-07-26 09:43:05 | 連絡
大谷 35号決勝ソロ チームも2連勝で勝率5割復帰
スポーツニッポン新聞社
 2021/07/26 07:41
◇ア・リーグ エンゼルス6―2ツインズ(2021年7月25日 ミネアポリス)
 エンゼルスの大谷翔平投手(27)が25日(日本時間26日)、ミネアポリスでのツインズ戦に「2番・DH」で出場して2―2の6回に5試合ぶりの一発となる右越えソロ本塁打を放ち、前日までメジャー単独トップだった本塁打数を35に伸ばした。
 打球速度112・6マイル(約181キロ)、同飛距離414フィート(約126メートル)、同角度25度。後半戦2本目の本塁打となった。
 初回は鋭い当たりで二塁内野安打を記録し、8回は敬遠四球で出塁し二盗を決め、メジャー4年目で自己最多の13盗塁とした。前日に続き2試合連続マルチ安打。3打数2安打1打点、1盗塁。チームは2連勝で、勝率を5割に戻した。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする