世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

介護予防 元気=免疫力アップ歌声エクササイズ 竹内まりや66歳の「もう一度」

2021-07-18 18:01:31 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気=免疫力アップ歌声エクササイズ
竹内まりやの「もう一度」

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

介護予防 元気=免疫力アップ歌声エクササイズ ·紫陽花の詩 グレープ=69歳+68歳

2021-07-18 17:46:16 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気=免疫力アップ歌声エクササイズ
·紫陽花の詩  グレープ

 
ajisainouta
アーティスト
Grape
グレープ=69歳+68歳は、さだまさしと吉田正美(現・吉田政美)による日本のフォークデュオ。1972年結成、1976年解散。
解散から15周年の1991年に一時的に再結成した時には、解散から年月が経ってしまったことを示す洒落心から、「レーズン」の名を用いた。2003年以降にもさだのコンサートに吉田政美がゲストとして招かれ、しばしば二人で歌を披露している。
メンバー[編集]
人名生年月日出身地担当
さだまさし1952年4月10日(69歳)長崎県長崎市ボーカル
ギター
ヴァイオリン
吉田正美
(現・吉田政美)
(よしだ まさみ)
1952年9月29日(68歳)東京都江戸川区ギター

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナ重症化リスク 日常的に活動的な人は半分以下に 大西淳子 免疫力アップ 「ダンス」、「ぽかぽか竹ツボ体操」が必須か

2021-07-18 16:12:50 | 連絡
コロナ禍であっても、十分な感染予防を行いつつ、日常的に運動することの重要性を示しています。】
★介護予防 元気=免疫力アップ 「ダンス」「ぽかぽか竹ツボ体操」「筋トレ」のサイト   

が必須か>
:::::
2021/7/17
大西淳子
医学ジャーナリスト。筑波大学(第二学群・生物学類・医生物学専攻)卒、同大学大学院博士課程(生物科学研究科・生物物理化学専攻)修了。理学博士。公益財団法人エイズ予防財団のリサーチ・レジデントを経てフリーライター、現在に至る。研究者や医療従事者向けの専門的な記事から、科学や健康に関する一般向けの読み物まで、幅広く執筆。 
::::::::::::::::::
日ごろ運動習慣のある人は、新型コロナウイルス感染症を発症した場合の重症化リスクが低いことが、5万人近くを対象とした米国の研究で明らかになりました。中強度から高強度の運動を週に150分以上行う人たちの入院や死亡のリスクは、運動時間が週に10分以下の人たちに比べて、半分以下になっていました。 
■運動習慣がある人は感染症にかかっても軽く済む
 運動は免疫機能を高めるので、日常的に運動している人はウイルス感染症にかかりにくく、発症しても症状は軽く、死亡リスクも低いことが知られています。さらに、全身性の炎症も起こりにくいとされています。運動は、循環器や肺、精神面にも良い影響をもたらします。そのため、日常的に運動を行っている人は新型コロナウイルスに感染しても重症化しにくいのではないか、という考えは以前からありました。 
こで、米国最大規模の健康保険会社であるカイザーパーマネンテの研究者たちは、加入者のデータを利用した分析を行い、「日常的に不活発な人」、「ときどき運動する、多少は活動的な人」、「ガイドラインが推奨するレベルの運動[注1]を日常的に行っている人」のそれぞれについて、新型コロナウイルス感染症による入院、ICU(集中治療室)入院、死亡のリスクを比較することにしました。
南カリフォルニア地域の加入者のうち、現地でパンデミックによるロックダウンが始まった2020年3月より前の2年間に、運動習慣に関する質問に3回以上回答しており、2020年1月1日から10月21日までに新型コロナウイルス感染症と診断された、または新型コロナウイルス感染陽性となっていた、18歳以上の人々の情報を入手しました。
運動習慣についての質問は、「過去2カ月間に、中強度から高強度の運動を週に何回、それぞれ何分程度行ったか」というものでした。4万8440人が3回以上回答しており、うち61.2%は5回以上回答していました。
運動習慣に関する調査に参加した機会のすべてにおいて、1週間に150分以上の運動をしていたと回答した3118人(平均年齢40.6歳、BMI[注2]の平均は28.2)を、米国のガイドラインが推奨する運動レベルを達成していた、と判断しました。一方で、全ての回で、1週間に10分以下と答えた6984人(49.4歳、32.2)は、日常的に不活発とし、1週間の運動時間が11~149分の範囲にあった3万8338人(47.8歳、31.3)は、多少は活動的としました。
[注1]米国の身体活動ガイドラインは、全ての成人に、中強度から高強度の運動を週に150分以上行うことを推奨している。中強度の運動は、軽く汗ばむ程度の運動。
[注2]BMI(体格指数)=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m) 米国の基準では30以上が肥満、日本肥満学会の基準では25以上が肥満。
不活発な人は、活動的な人に比べてコロナの死亡リスクが2.5倍
全体の8.6%が入院し、2.4%がICUに入院し、1.6%が死亡していました。新型コロナウイルス感染症の重症化の危険因子であることが示されている要因や、年齢、性別、人種などを考慮した上で分析したところ、不活発な人は、活動的な人に比べ、重症化しやすいことが明らかになりました(表1:本文参照)。 
表1 新型コロナウイルス感染症の重症化の危険因子 
(データ出典:Sallis R, et al. Br J Sports Med. 2021;0:1-8.) 
日常的にガイドラインの推奨レベルを満たす運動をしている人々を参照群とすると、不活発な人々は、新型コロナウイルスに感染した場合に、入院するリスクが2.26倍、ICUに入院するリスクが1.73倍、そして死亡するリスクが2.49倍になっていました。多少は活動的な人々にも、不活発な人々ほどではないものの、これらの重症化リスクの上昇が認められました。
著者らが検討した要因の中で、重症化との関係が最も強かったのは年齢でした。60歳未満の人に比べ、70代の人の死亡リスクは約10倍、80歳以上では約27倍でした。男性、肥満者、糖尿病患者にも重症化リスクの上昇が見られました。運動不足によるリスクの大きさは、今回検討された種々の要因の中では、おおよそ年齢に次ぐレベルになっていました。
ガイドラインの推奨に沿った日常的な運動は、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクの低下と強力に関係していました。また、1週間に中強度~高強度の運動を行う時間が11~149分であっても、不活発な人に比べると、重症化リスクは低くなることも示唆されました。
この結果は、コロナ禍であっても、十分な感染予防を行いつつ、日常的に運動することの重要性を示しています。
論文は、2021年4月13日付のBr J Sports Med誌電子版に掲載されています[注3]。
[注3]Sallis R, et al. Br J Sports Med. 2021;0:1-8. doi:10.1136/bjsports-2021-104080.
[日経Gooday2021年6月30日付記事を再構成]




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ブルー・コメッツ」ベーシストの高橋健二さん死去、83歳=米寿 八十八歳ー5年、 67年「ブルー・シャトウ」でレコード大賞

2021-07-18 15:49:46 | 連絡
83歳=米寿 八十八歳ー5年
:::::::::::::::::::::::::::::::::
7月18日(日) 5時30分
1960年代に活躍したグループサウンズ「ジャッキー吉川とブルー・コメッツ」のベーシスト、高橋健二(たかはし・けんじ、本名隆=たかし)さんが13日午後3時46分に都内の病院で亡くなっていたことを17日、所属事務所が発表した。83歳。東京都出身。死因は遺族の意向で明かしていない。
葬儀は近親者で営む。
 関係者によると、高橋さんはかねて持病があり、ここ数年は通院治療を受けていた。食事を自力で取るのが困難な状態が続き、回復を目指したが13日に急変。搬送先の病院で息を引き取った。
 高橋さんは1962年にブルー・コメッツに加入し66年にデビュー。67年の「ブルー・シャトウ」が大ヒットし、同年の日本レコード大賞を受賞した。
ジャッキー吉川とブルー・コメッツの「ブルー・シャトウ」

 
最後のライブは4月に行ったブルー・コメッツの配信ライブ。
同関係者は「最初は体調の不安から“迷惑をかけないか”と心配していたが、椅子に腰掛け約1時間やりきった。安どの表情が印象に残っている」と話した。
〇長 寿 の 心 得
還暦 六十歳で お迎えが来た時は、ただいま留守と云え。 古希 七十歳で お迎えが来た時は、まだまだ早いと云え。 喜寿 七十七歳でお迎えが来た時は、せくな老楽これからよと云え。 傘寿 八十歳で お迎えが来た時は、なんのまだまだ役に立つと云え。 米寿 八十八歳でお迎えが来た時は、もう少しお米を食べてからと云え。 卒寿 九十歳で お迎えが来た時は、そう急がずともよいと云え。 白寿 九十九歳でお迎えが来た時は、頃を見てこちらからボチボチ行くと云え。
http://irumagakuen9ki.sakura.ne.jp/file/hiroba/hiroba-170622-choujyunokokoroe.pdf
〇厚生労働省は2019年11月、2018年の死亡数の死因順位と年次推移を公表した(2018年人口動態統計より)。2018年の日本の3大死因と、それに続く死因別死亡率の順位は以下。3大死因のトップ3に初めて「老衰」が加わった。1位悪性新生物(27.4%)2位心疾患(15.3%)3位老衰(8.0%)4位脳血管疾患(7.9%)5位肺炎(6.9%)6位不慮の事故(3.0%)7位誤嚥性肺炎(2.8%)8位腎不全(1.9%)9位血管性等の認知症(1.5%)10位自殺(1.5%):鉄道の人身事故に自殺が占める割合はおよそ60~70%となっている。【相談窓口】「日本いのちの電話」ナビダイヤル 0570(783)556午前10時~午後10時、フリーダイヤル 0120(783)556毎日:午後4時~同9時毎月10日:午前8時~翌日午前8時11位。その他(23.6%)
https://womanslabo.com/news-20170405-1




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ウィークエンド・ケアタイム 「ひだまりハウス」 ~うつ病・認知症について語ろう~ 様々な仕事、町亞聖、樋口輝彦先生、「ナザレ合唱団」

2021-07-18 11:56:46 | 連絡
誰の身にもおこりうる病気と正面から取り組む番組です。うつ病と認知症…。その備えや対策を、ラジオからはじめてみませんか?

病気と向き合い、あなたと、あなたの大切な人の心にひだまりをあてて笑顔にかえていきます。

◆番組進行役:町亞聖
 
◆ナビゲート・ドクター **2週ずつの登場**
 うつ病専門医:樋口輝彦先生
 

 認知症専門医:朝田隆先生

うつ病・認知症に関するメールをお寄せください。
あなたの心の声をお聞かせください!
メールアドレス:
hidamari@1242.com
https://www.1242.com/hidamari/

●2020年7月6日
厚生労働省は、令和元年度「過労死等の労災補償状況」(過重な仕事が原因で発症した脳・心臓疾患、仕事による強いストレスなどが原因で発病した精神障害の労災補償状況)をまとめた。
●年間5000人の教員が心の病で休職。その裏に改革できない“働き方”
●過労による精神疾患でワースト1、IT業界が変われない理由
●メンタルヘルスに関するFAQ6 医療

●ストレ スチェック制度 導入マニュアル

★2019.12.11(水)病院コンサート「ルネッサンス音楽 クリスマスコンサート」が開催されました。早いもので師走も中旬になりました。2週間後にはクリスマスがやって来ます。そんなクリスマスシーズンにぴったりのコンサートが開かれました。男女混声合唱団の「ナザレ合唱団」は歌い続けて50年、ほぼメンバーも変わらずに活動をつづけていらっしゃるそうです。その中の主要メンバーの一人がNCNPの前理事長の樋口輝彦先生です。
武漢起源生物兵器原型第1波=>変異=>・・・型第N波肺炎ウイルス

感染に対する防御例:
・時分割シフト5班対面勤務=通常勤務8割減勤務事例


対面活動:空間分割ソーシャルディスタンス>2mとマスク着用必須

コロナ感染抑制に有効とされるマスク、種類で効果はどれだけ違う?」著者フロリダ・アトランティック大学のシダータ・ヴァーマ助教(海洋機械工学)2020/07/12
「 何も覆うものがない場合、飛沫は最大約4m先まで飛んでいた」
「感染者の3人に1人(35%)には明確な症状が出ず、気づかないうちに重症化のリスクが高い人にうつしている」とみられることから、マスクの着用は極めて重要だ」 









 



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする