世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

スパイ容疑で中国拘束=「マズい手を打ってしまった」=の伊藤忠社員「3年ぶり復帰」も社内の反応は冷淡

2021-07-12 11:27:26 | 連絡
★他人=部下・同僚・顧客を食い物にして、地位を極めること=群雄割拠が社是か=伊藤忠のスローガンは「ひとりの商人、無数の使命」。>
★「非法治国家で囚われの身」=喰われた人=中身の無くなったヒトか>
★「絶妙な一手」「会心の一手」の代表 
丹羽 宇一郎(にわ ういちろう、1939年(昭和14年)1月29日[1] - )は、日本の実業家である。
伊藤忠商事会長・社長、日本郵政株式会社取締役、特定非営利活動法人国際連合世界食糧計画WFP協会会長などを歴任の後、2010年(平成22年)6月から2012年(平成24年)12月まで
中華人民共和国駐箚特命全権大使を務め、同月から早稲田大学特命教授。
日中友好協会会長。グローバルビジネス学会会長[3](2021年7月まで)。
東京理科大学大学院経営学研究科技術経営専攻上席特任教授[4]。

::::::::::::::
2021.07.12 07:00  週刊ポスト
非法治国家で囚われの身となっていた同僚の3年ぶりの復職。その反応は意外にも“凱旋祝いムード”ではなかったようだ。舞台となっているのは伊藤忠商事だ
「うちは中国の国有企業・中信集団に巨額の出資をしていて、総合商社でも特に対中ビジネスに注力しています。ほとんどの社員が中国への出張を経験していますし、大事な取引先。可哀想ですが“下手を打った人”=お布施不足か

下手を打つの意味とは
「下手を打つ」とは、接続言葉を入れて用いる場合は「下手を打つようなことをしてしまう」「下手を打つ事態に陥る」といった表現で繋げて使用する、失敗をしてしまった、過ちを犯してしまった、といった意味を指し示す言葉となっております。
下手を打つの由来
この「下手を打つ」という表現。この言葉の「下手」とは、まずい事、そのような状況、転じて失敗を意味した言葉になっており、「打つ」は囲碁における一手のことを指し示していることから、この言葉は囲碁における対局の場で、あまりよくない手を打ってしまった状況のことを元々は指し示したものとなっています。
囲碁の場で「マズい手を打ってしまった」と想像してみると、よりこの言葉が失敗を意味したものになっているイメージが付きやすいかもしれませんね。


と見られてしまっている面もあるようです」(前出・社員)
 中国に詳しいジャーナリストの富坂聰氏
<富坂 聰(とみさか さとし、1964年 - )は、日本のジャーナリスト、ノンフィクション作家。拓殖大学教授。国家基本問題研究所企画委員。中日ドラゴンズファン[1]。
が解説する。
「海外駐在の商社マンは、地元の有力者や政治家など色々な人と交流を持ちます。その過程で何らかの機密情報に触れてしまった可能性がありますが、出所後もスパイ疑惑が尾を引くことはない。
 同じく過去に拘束された人で、解放された後に日中を往来している人
もいますからね。(注1)
今回の社員も一度捕まっている分、慎重になるでしょうし、本人の希望次第ですが、対中ビジネスに携わることに問題はないでしょう」
 
伊藤忠に復帰後の業務内容について聞いた。
「帰国してから相応の時間を経て、当該社員が復職しているのは事実です。
中国では機械カンパニーのプロジェクトに従事していましたが、現在の業務の詳細については回答を差し控えます」(広報部)
 伊藤忠のスローガンは「ひとりの商人、無数の使命」。
国家を相手にしたひとりの商人は、これからどんな使命を帯びるのか。
※週刊ポスト2021年7月16・23日号

(注1)峯村 健司 MINEMURA Kenji

朝日新聞国際報道部記者。1997年入社。中国総局員(北京勤務)、ハーバード大学フェアバンクセンター中国研究所客員研究員などを経て、アメリカ総局員(ワシントン勤務)。優れた報道で国際理解に貢献したジャーナリストに贈られるボーン・上田記念国際記者賞受賞(2010年度)。著書に『十三億分の一の男』(小学館)など
中国ではスパイ罪の最高刑は死刑に処せられる。過去、外国記者で死刑に処されたケースはないとされるが、長期拘束や追放はいくらでもある。著者が一時拘束された回数は20回を超えたという。特に、ステルス機の飛行実験をスクープした時は相当な危険水域であった。
いかに切り抜けたかは本書に詳述されているので、そちらを読んで欲しいが、基本的には、譲れない記者の立場を、強い精神力と冷静な対応によって堅持できたことが大きかったように思える。事実に迫りたい、そのために努力を積み重ねてきた。本書に明かされた取り調べのやりとりでは、その点に対し、中国の取調官も納得するほかになかったようだった。もし、仮に日本政府への情報漏洩など少しでも疑わしいところがあれば、スパイとして徹底的に調べられただろう。記者の仕事に徹していたことが最後は筆者を助けたと言えるだろう。
読み応えのあるインテリジェンスと分析をちりばめた本書のなかで、職業柄かもしれないが、私がもっとも引きつけられたくだりは、以下のところだった。
「今、自分が北京特派員だったら、当時と同じようなルポができるだろうか。軍事施設などを取材して無事に帰ってこられるだろうか。断言できる。答えは『NO』だ」
そして、著者はこう記す。
「振り返ってみれば、私が中国にいた頃が、各地を縦横無尽に駆け巡ってルポができた最後の特派員の時代だったのかもしれない」
確かに、いま中国の政治報道は冬の時代を迎えようとしている。著者の活劇のような仕事ぶりが、近い将来、ほかの記者によって再現される可能性は高くはない。
本書を読めば、「銃口から政権が生まれる」ことを基本原理とするほど軍事を重視する中国共産党が、国力に応じた軍事力の構築に一歩一歩着実に励んでいることは、ひしひしと伝わってくる。その中国が、実力に見合った情報の透明性を拒み、その実態が外からは見えないことは極めて大きな懸念材料だ。中国の国内メディアがほぼ絶望的な状況に追い込まれたなかでは、海外メディアへの期待は大きい。
しかし、習近平体制の情報統制が過去の政権にないほど厳しくなり、著者が経験したような際どいケースでは、今後は逮捕、追放など甘くない処分が下されるリスクが、過去に比べて格段に高まっていると、著者自らが本書の中で指摘している。記者は現場に身を置いてこそという心理が働かざるを得ないだろう。
もう一つは、習近平の一強体制が続くなか、いわゆる中南海の政治秘話には、過去ほどニュース価値がなくなっている点も指摘したい。鄧小平を軸に、改革派と保守派が競い合った時期や、江沢民と胡錦濤が主導権を争った時期は、政治報道に必要な「対立」構図があり、その動静が中国の将来を大きく左右した。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

12億円超の役員報酬もらうソニー社長 トップとそれ以外で格差が広がったワケ 税収増、所得再分配投資に寄与か

2021-07-12 11:19:26 | 連絡
★税収増、所得再分配投資・消費、社会福祉、安全保障予算増の安心・繁栄に寄与か>
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
2021.07.12 07:00  NEWSポストセブン 
文/関慎夫(雑誌『経済界』編集局長)

6月末までに3月決算の上場企業の有価証券報告書が提出された。2010年3月期決算から、報酬1億円以上の役員の個別情報開示が義務付けられて以降、年々1億円プレーヤーが増え続けている。上位10人(東京商工リサーチ調べ)を順に挙げると、以下のようになっている。
(1)サイモン・シガーズ(ソフトバンクグループ=SBG取締役)/18億8200万円
(2)クリストフ・ウェバー(武田薬品工業社長)/18億7400万円
(3)マルセロ・クラウレ(SBG副社長)/17億9500万円
(4)ディディエ・ルロワ(トヨタ自動車副社長)/14億5100万円
(5)吉田憲一郎(ソニーグループ社長)/12億5300万円
(6)ラジープ・ミスラ(SBG副社長)/9億2100万円
(7)ロナルド・フィッシャー(SBG取締役)/9億1700万円
(8)アンドリュー・プランプ(武田薬品工業取締役)/9億1100万円
(9)河合利樹(東京エレクトロン社長)/9億200万円
(10)金川千尋(信越化学工業会長)/7億3100万円

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

飯田浩司のOK!Cozy up! 2021年07月12日 コメンテーター 野村修也 さん

2021-07-12 11:04:08 | 連絡

 2021.07.12
7月12日(月)のニュース
・ほぼ無観客開催の東京五輪の観戦方法は?
・熱海の土石流 行方不明者の捜索続く
・ワクチンパスポート、今月26日から受付開始
・G20財務省・中央銀行総裁会議
・緊急事態宣言酒類取引停止要請に批判
メールアドレス:
cozy@1242.com
番組ホームページはこちら
twitterハッシュタグは「#cozy1242」
twitterアカウントは「@cozy1242」
facebookページは「http://www.facebook.com/am1242」
 
 

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

7/12(月)ライブ情報、陸域:多摩川:田園調布出張所2(河口より 12.5km上流)水位は平時か、空域、海域、宇宙域

2021-07-12 10:46:00 | 連絡
●①陸域池上本門寺・・東京羽田国際空港・・②海域東京湾

●①陸域、②海域、③空域、④宇宙域、⑤サイバー域、⑥電磁域
AI—空気妨害、CAS—クローズ エア サポート、EMS偵察:電磁スペクトル偵察、SOF—特殊作戦部隊、USMC—アメリカ海兵隊、•UAS—無人航空機システム
マルチドメインバトル将来の勝利への変化を推進する、デビッド・G・パーキンス米陸軍




●●空域航空機、Flightradar24 is a global flight tracking service that provides you with real-time information about thousands of aircraft around the world. Flightradar24は、世界中の何千もの航空機に関するリアルタイムの情報を提供するグローバルなフライト追跡サービスです。

●●海域船舶、300トン以上の船舶に搭載が義務付けられているAIS(自動船舶識別装置/Automatic Identification System)を活用し、船名や位置、針路などの情報をGoogleマップ上に表示するものです。
AIS ライブ船舶マップ (自動更新 600秒)


●●ライブカメラ / 来島海峡急流観潮船.



●●船舶搭載型監視カメラシステム
船舶に搭載し、昼夜における海上での不審船監視、船舶からの陸上監視および安全航行支援等に最適なシステムです。


●●●辛坊治郎さん愛艇「KaorinV」太平洋横断チャレンジ中

●●●「辛坊治郎さん太平洋単独無寄港横断成功」ヨットで太平洋単独無寄港横断にチャレンジしていたキャスター辛坊治郎さん(65)が米西海岸・サンディエゴのヨットハーバーに17日午前9時52分(現地時間16日午後5時52分)、無事到着した。4月9日に大阪・淡輪を愛妻の名前にちなんだヨット「Kaorin5(カオリンファイブ)」で出港、70日で約9000キロの横断に成功した。

●●●辛坊治郎氏が衝撃発表!「帰りもヨットで太平洋単独横断」リベンジの“倍返し”で再び過酷な航…

●●宇宙域観測衛星だいちAdvanced Land Observing SatelliteAW3D30 ver.3.1 (OpenLayers 4) (jaxa.jp) 


●●宇宙域国際宇宙ステーション「宇宙から見た地球のライブ映像(ISS HD Earth Viewing Experiment)」
●●●欧州宇宙機関(ESA)の実験モジュール、コロンバスの外部に取り付けられたHDカメラによる宇宙から見た地球の精細な映像です。ISSは、約90分かけて地球を一周します。
https://star-watching.com/iss_live/#ISS_HD_Earth_Viewing_Experiment
●●●NASA ISS Live Stream - Earth From Space | ISS LIVE FEED : ISS Tracker + Live Chat

・・・・・・
★天気ライブ映像実況サイトは①、②、③:
①本門寺公園の気温、湿度、天気予報のサイト
https://tenki.jp/leisure/3/16/97/66287/3hours.html
②不快指数計算サイト
https://keisan.casio.jp/exec/system/1202883065
③東京都大田区の雨雲レーダーのサイト
https://weathernews.jp/onebox/radar/tokyo/13111/
の補完・補強サイトか>
・・・・・
●●池上本門寺ライブカメラサイト

■東京モノレール羽田空港国際線ビル駅ライブカメラサイト

■JAL東京国際空港羽田第2ライブカメラサイト

■多摩川:田園調布出張所2/東京都大田区田園調布本町 (左岸川の上流から下流方向を見た際に、左手側の岸を左岸:大田区側)  河口より 12.5km上流
https://www.ktr.mlit.go.jp/keihin/keihin00160.htm
l
■河川横断図、水位グラフ、河川カメラ、

■■多摩川:田園調布出張所2(河口より 12.5km上流)水位は平時か
・・・・・・・
●桜坂(大田区)の桜 福山雅治さんの歌で有名な桜の名所

●●大田区ご当地ソング
■介護予防 元気アップ歌声エクササイズ 西島三重子70歳の「池上線」
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/c2f0f1f252ff87854b892df8fa502ace
■介護予防 元気アップ歌声エクササイズ 福山雅治52歳の「桜坂」
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/6d707ab92e0811b7658c67aee61a4d62
■介護予防 元気アップ歌声エクササイズ 松坂慶子68歳・風間杜夫72歳・平田満67歳の「蒲田行進曲」
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/0d9a2638566b37222cddb9bcc24787ef
■介護予防 元気アップ歌声エクササイズ ハイ・ファイ・セット=71歳+67歳没心不全+75歳の「土曜の夜は羽田に来るの」
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/e269c7c9d127f076b4e8162f69812688
・・・・・・・・
★弧状列島,共助,肺炎ウイルス三密=密閉・密集・密接=問題解消、平時・有事の安全なICT環境で安心WEB会議、授業及びコンサート普及促進か>
・・・・・


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

7/12(月)大田区本門寺公園、時刻/天気/不快=蒸し暑さ指数、六地蔵尊巡り散歩

2021-07-12 09:33:15 | 連絡
●本門寺公園の気温、湿度、天気の予報サイト

●不快指数の計算サイト

●7/12(月)6時/晴れ/暑くない、12時/曇り/暑くて汗が出る、18時/曇り/やや暑い(大田区池上本門寺公園)
●●屋内不快指数(実測値27℃93%)6時/やや暑い(池上本門寺公園から徒歩千歩の住宅内)
●7/13(火)6時/弱雨/暑くない、12時/曇り/やや暑い、18時曇り/やや暑い(大田区池上本門寺公園)

●不快指数は、1957(昭和32)年、太平洋東大陸米国で蒸し暑さを示す温湿度指数を冷房設計に用いたのが最初。日本では1961(昭和36)年夏から使われ始めた。
https://kotobank.jp/word/%E4%B8%8D%E5%BF%AB%E6%8C%87%E6%95%B0-123712
不快指数 DIは(Tは乾球気温℃、Hは湿度%)下式から計算する。
DI=0.81T+0.01H×(0.99T−14.3)+46.3 
●不快指数:寒い<55、55≦肌寒い<60、60≦何も感じない<65、65≦快い<70、70≦暑くない<75、75≦やや暑い<80、80≦暑くて汗がでる<85、86<暑くてたまならい
●大田区本門寺公園発着、六地蔵尊巡り、肺炎ウイルス感染症「密閉・密接・密着」防禦環境下散歩のサイト

●西太平洋弧状列島、東京湾西岸の鎌倉時代対平成・令和時代の地勢図対比事例:1260年~1281年代の鎌倉幕府北条氏・日蓮上人(注1)対クビライ(忽必烈)皇帝の元寇➡753年後➡ 2013年~2021年代の西大陸習近平主席・皇帝独裁政治体制(注2)の一帯一路・海外遠征対太平洋・インド洋海路国・地域連携か(注3)

(注1.1)元寇 小茂田浜神社/宗・助国と武士達 地元・対馬高校の寮歌 元寇/森繫久彌、防人の詩/さだまさし、海の防人/鳥羽一郎

(注1.2)武士とモンゴルの運命の最終決戦!【元寇・弘安の役】世界の戦術戦略

(注1.3)2020/10/28【竹田学校】歴史・鎌倉時代編⑦~元寇~|竹田恒泰チャンネル2

(注1.4)元寇「幕府軍が一騎打ちでボコボコにされた」は本当か、覆される元寇の常識(第1回)、花園 祐(はなぞの・ゆう:ペンネームか)西大陸中共国・上海在住のブロガー。
参考書籍:『蒙古襲来』(服部英雄著、山川出版社)

(注1.5)元寇をどう思う? 中国人に聞いたら誰もが見せた意外な反応、覆される元寇の常識(第3回)、「西大陸中共国では一般的に元寇はほとんど知られていません。なにも日本を侵略しようとした歴史を忘れるなと言うつもりはさらさらありませんが、やはり、現代西大陸中共国人にも元寇をもっと知ってほしいところです。元寇が中共国で広く知られるようになれば、研究がもっと深まるはずだと思うからです。」花園 祐(はなぞの・ゆう:ペンネームか)西大陸中共国・上海在住のブロガー。https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/65896?page=5
(注2)民主主義指数


(注3)【日本語字幕版】トモダチ作戦回顧録:『有事(西太平洋弧状列島日本本土内)における自衛隊個別的自衛権行使と連携する米国の集団的自衛権行使事例か』

●21世紀令和時代は太陽活動活発の温暖期!CO2排出至上主義政策は、国内電力・鉄鋼産業=ライフラインNWを衰退させるか。

・・・・・
★8世紀平安時代から13世紀鎌倉時代にかけては太陽活動が現在と同様に活発であり、世界史の尺度でいう「中世」に「温暖期」があったとされている。産業革命(18世紀後半 ~19世紀前半)より前の時代。2千年を超える屋久杉年輪記録(https://sr.rois.ac.jp/article/sr/021.html)、(https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2008/14.html)が中世の温暖期を証明か>

・・・・・
★日本の石炭火力は合計しても約5千万キロワットだが、中国はこれを上回る石炭火力発電所を僅か1年で建設している。粗鋼生産量では中国は日本の10倍以上もあるが、日本の製鉄業は年々空洞化している。コストをかけてまでCO2を減らすのは「自滅」の愚策だ。自由、民主といった普遍的価値を守り、領土を保全するためには、エネルギー・経済力を含めた総合的な国力が必要だ。このためには、安定・安価な石炭火力発電や製造業の基幹である製鉄業を堅持か>
・・・・・・
●弧状列島、東京湾西岸、大田区、「山王書房」「馬込文士村」
●●昭和28(1953)年~52(1977)年まで大田区中央1丁目(大田文化の森https://www.jalan.net/kankou/spt_13111ae2192002358/近く、臼田坂下)に古書店「山王書房」(現在「カフェ昔日の客」)店主の関口良雄さん著書『昔日の客』には、尾崎一雄、尾﨑士郎、上林暁、野呂邦暢、三島由紀夫…作家たちとの交流が書き残されてれています。


●●東京都大田区山王、馬込一帯に暮らした文士・芸術家の住居跡を訪ねてみませんか


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする