世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

ファイザーとアストラゼネカのワクチンの1回接種後の効果発表(2021年5月1日付医学誌「ランセット」に掲載)

2021-05-31 18:33:36 | 連絡
2021/05/31 09:26(青島周一/勤務薬剤師/「薬剤師のジャーナルクラブ」共同主宰) 
 新型コロナウイルスワクチンは2回の接種が必要とされています。しかし、1回の接種でも感染予防効果が期待できるのであれば、より多くの人に速やかな初回接種を行うことで、新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めをかけることができるかもしれません。
 そんな中、新型コロナウイルスワクチンの初回接種と同ウイルス感染症による入院リスクの関連を検討した研究論文が、2021年5月1日付で世界的にも有名な医学誌「ランセット」に掲載されました。
 この研究では、スコットランド(英国)に在住している18歳以上の440万9588人が解析対象となりました。このうちワクチンの接種を受けていたのは約30%に当たる133万1993人(平均65・0歳)で、ファイザー・ビオンテック社製ワクチンが71万1839人、アストラゼネカ社製ワクチンが62万154人でした。
 年齢や性別、社会経済的状況などの因子で統計的に補正を行って解析した結果、新型コロナウイルス感染症による入院のリスクは、ワクチンの接種後28〜34日で89%、統計的にも有意に低下しました。ワクチン別の解析ではファイザー・ビオンテック社製ワクチンで91%、アストラゼネカ社製ワクチンで88%、入院リスクの低下が認められています。 
もちろん、初回ワクチン接種の長期的な感染予防効果については不明ですし、ワクチンを接種した人は接種しなかった人と比べて、健康状態が良好で感染に対する意識も高い人たちだったかもしれません。それゆえ、この研究で示された入院リスクの低下は、やや割り引いて考えた方がよいように思います。

 しかし、入院リスクが低下するということは、より多くの人に対するワクチンの初回接種が、医療の逼迫(ひっぱく)を防ぐことにつながる可能性を意味しています。

コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ ZARD40歳没脳挫傷の「きっと忘れない」

2021-05-31 13:13:29 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
ZARDの「きっと忘れない」
 
ZARD、40歳没脳挫傷(ザード)は、日本の女性歌手・坂井泉水を中心に結成された音楽ユニット[3]。1991年始動。芸能事務所はSENSUI。レコード会社はビーイング、レーベルはB-Gram RECORDS。プロジェクト名は「Lizard」「hazard」「blizzard」「wizard」といった単語からとった造語[4]。マイナス要素の強い単語がロックのイメージに繋がっているところから[4]。
1990年代に女性ボーカルアーティストとして最も多くのCDシングル売上げ枚数を記録しており、シングルでは『負けないで』『揺れる想い』『マイ フレンド』がミリオンセラーとなっている[5]。また、アルバムでは1992年発売の『HOLD ME』から1999年発売の『ZARD BEST 〜Request Memorial〜』まで9作が連続でミリオンを達成しており、史上最多記録である(オリコン調べ)。
2002年 - 2007年
しかし、2006年4月9日に東京都内で行われた「ハートに火をつけて」のPV撮影直後の晩、坂井は体調が急変し救急搬送、その後の検査で子宮頸癌と診断され2006年6月に入院。手術後は回復に向かいつつあったが、2007年4月には肺への転移が発見され再度入退院を繰り返していた。同年5月27日、入院中の病院で脳挫傷により死去(享年40)。倒れているのが発見された階段付近が、坂井が入院中の散歩の際によく休憩に立ち寄っていた場所とのことから、 5月26日の散歩帰りに階段から転落し後頭部を強打したと推測されている。 

コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ Maroon 5=42歳×2+43歳+51歳+40歳 - Sugar (Lyrics)

2021-05-31 12:55:34 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
Maroon 5 - Sugar (Lyrics)

 
Sugar
アーティスト
Maroon 5
作詞 / 作曲
Cirkut, Jacob Kasher, Łukasz Gottwald, Adam Levine, Mike Posner, Ammo
マルーン5=42歳×2+43歳+51歳+40歳(英: Maroon 5、マルーンファイヴ)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスで結成されたバンド。全世界トータルセールスは1億1000万枚を記録している[2]「世界で最も売れたアーティスト集団」の一つ。トップ40チャートの歴史の中で唯一、グループで一位のシングル(9枚)の記録を打ち立てており、また、ウォール・ストリート・ジャーナルの複数の統計から算出した「史上最も人気のある100のロックバンド」にて14位。[3]これまでに3つのグラミー賞を受賞している。[4] 
1994年から4人組バンド「カーラズ・フラワーズ」(Kara's Flowers)として活動していたが、5人編成になった2001年からバンド名を「マルーン5」(Maroon5)と改名して活動開始。2002年(日本盤は2003年)リリースの、1stアルバム『ソングス・アバウト・ジェーン』(Songs About Jane)はロング・セラーとなり、『第47回グラミー賞』最優秀新人賞など数々の賞を受賞し[5]、一躍有名になった。2012年から2017年時点にかけてさらに2人がメンバーとして加入し、7人編成となっている。 
アダム・レヴィーン(Adam Levine)は、アメリカ合衆国のシンガー・ソングライター、ギタリスト。身長182cm。 42歳
ジェームス・バーゴン・バレンタイン(James Burgon Valentine、1978年10月5日-43歳)はアメリカ合衆国のギタリスト。現在はマルーン5のメンバー。
 ジェシー・ロイヤル・カーマイケル(Jesse Royal Carmichael、1979年4月2日 -42歳 )はアメリカのポップ・ロックバンド・マルーン5のメンバーで、キーボーディストおよびリズムギタリスト。 
Matthew Flynn (born May 23, 1970、51歳) is an American musician and record producer. He is the drummer for the pop rock band Maroon 5.
P.J. Morton (born Paul Morton Jr.; March 29, 1981、40歳) is an American Grammy winning musician, singer, songwriter and record producer. Since 2012, he has been one of the keyboardists, alongside Jesse Carmichael, for the pop rock band Maroon 5. 



コメント

LINE (アプリケーション) 韓国政府によるデータ傍受疑惑、中華民国総統府によるLINE利用禁止、子供いじめに利用

2021-05-31 11:39:54 | 連絡
LINE(ライン)は、LINE株式会社が運営・開発する、モバイルメッセンジャーアプリケーション。
NHN株式会社(現・NAVER株式会社)の完全子会社である、NHN Japan株式会社(現・LINE株式会社)が、2007年に社長に就任した森川亮の下で開発したサービス。
スマートフォン(Android・iOS)、iPad、PC(Windows・macOS・Chrome OS)、スマートウォッチ(watchOS・Wear OS)に[6][注 1]、17言語[注 2][注 3]で対応している。なお、フィーチャーフォン(ガラケー)版は2018年3月28日にサービスを終了した[7]。
開発元に関する報道
『週刊東洋経済』では、日本発のサービスではあるが、グループ関係が急速に変化したことにより、韓国の親会社の影響力が強まっているとして、その状況を「グループの資本関係、取引関係は、極めて複雑」と解説した[46]。
J-CASTによると週刊文春では、LINEは韓国産と報じLINEの取締役五名のうち三名がNAVERの韓国人幹部で占められ非常勤取締役としてNAVERの創業者やCFOが名前を連ねる。
また、エコーニュースでは、LINEの開発を旧NHN Japanで指揮したのは、親会社ネイバーの創業者であり、かつ韓国の諜報機関・大韓民国国家情報院の情報システムを構築した李海珍(イ・ヘジン)であることが公開情報の突合せにより判明したと報じている[47]。つまりLINE社は韓国国家情報院からの傍受の被害者だというだけでなく、実はそもそも韓国情報機関の関係者だった人物の李海珍が指揮した会社のアプリということになる(下述も参照)。
尚、『ニッポンの社長』で紹介され2007年からNHN Japanで社長を務めている森川亮が、サービス開始から2年、2013年には爆発的人気を博しているLINEの状況を語っている[48]
受賞
韓国工学翰林院「2012年に韓国を輝かせた25の科学技術・産業成果」選出[49]
世界シェア
LINE海外展開の司令塔であるLINE Plus株式会社のCEOはLINE株式会社CGO (Chief Global Officer)を兼務する慎ジュンホ。LINEが100%出資しており、LINE Plus株式会社はスペイン、台湾、タイへの支社を展開。LINE Plus株式会社の拠点は日本ではなく韓国にある[46][52]。 
アジアでの状況
2020年現在のアジアでのメッセージングアプリのシェアは日本・タイ・台湾ではLINE、中国ではQQ、韓国ではKakao Talkの比率が高くなっている[51]。アメリカやヨーロッパなど、アジア地域以外においては、LINEの利用率は低い傾向にある[67]。
タイ警察で導入され、メッセージや写真をやりとりできる機能が、犯罪捜査や交通取り締まりに活用と報じられる[68]。
2014年7月1日から、中国大陸からつながらなくなった。中華人民共和国当局によると、ラインとカカオトークなどはテロ組織にもよく使われていたため、金盾により遮断された[69]。
2017年5月3日から、ロシアのRoskomnadzorは、禁止サイトの統合登録にLineサーバーを追加した。 その後、ロシアのユーザーはメッセージの送受信に問題を抱え始めた[70]。
韓国政府によるデータ傍受疑惑
2014年6月18日、韓国政府がLINEのデータ(無料通話およびテキストメッセージ)を傍受しているとFACTAオンラインが報じた。同記事では、韓国政府のサイバーセキュリティ関係者が、LINEでやりとりされるデータを大韓民国国家情報院が収集・分析していることを、日本の内閣官房情報セキュリティセンターとの協議の場であっさりと認めたとされる。併せて、通信回線から直接データを収集(傍聴)するワイヤータッピング (英語版)は「通信の秘密」を守る法律が無い韓国では違法ではないと韓国側が主張している[86]。
この報道に対してLINE株式会社社長の森川亮は、ブログにおいてそのような事実はないと抗議[87][88]、LINEの通信データに不正アクセスの形跡は無く、独自の暗号化データ形式を採用しているためデータの解析は不可能であると主張した[89](ただし問題が発覚するまで、パスワードやメッセージの電文は平文で保存、送信されていた)。この抗議に対しては、FACTA発行人の阿部重夫は翌20日に「掲載した記事は確証がある」と反論している[90]。ただし、同日時点では、双方の主張の根拠が詳しく明らかにされておらず、第三者からは判断材料を欠くと指摘されている[91]。
中華民国総統府によるLINE利用禁止
2014年9月23日に中華民国総統府はLINEにはセキュリティーに対する懸念があることから総統府の業務関連コンピューターでの利用を禁止すると発表した[94]。
いじめに利用
文部科学省の学校のいじめ調査で、PCや携帯電話を使用したいじめが増加していると発表があった。文部科学省児童生徒課の平居秀一室長は、「LINEを使ったいじめなど形態が変わってきており、大人の把握が難しくなっている」と話している[95]。ネットいじめの中でも特に、LINEを悪用したいじめが深刻化している。子供同士の個別の通信であるために周囲から確認するのが難しく、LINEいじめの対策は追いついていないのが実情である[96]。
LINEを使ったいじめの実例として、嫌いな相手をグループから外して悪口や誹謗中傷を言い合う(グループから外さず直接言い合うケースもある)。いじめる相手を辱める写真などをLINEをつかって拡散するなどがある。またこうしたLINEいじめは夏休みに加速する現状がある[97]。
 
https://ja.wikipedia.org/wiki/LINE_(%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3)

コメント

2021年3月17日LINEの個人情報管理に不備 中国の委託先が接続可能 峯村健司、大部俊哉

2021-05-31 11:04:20 | 連絡
編集委員・峯村健司、大部俊哉2021年3月17日 5時00分 
無料通信アプリ「LINE」が、中国にある関連会社にシステム開発を委託するなどし、中国人技術者らが日本のサーバーにある利用者の個人情報にアクセスできる状態にしていたことがわかった。
LINEはプライバシーポリシーでそうした状況を十分説明しておらず、対応に不備があったと判断。政府の個人情報保護委員会に報告する一方、近く調査のための第三者委員会を立ち上げ、運用の見直しに着手する。
 LINEの親会社Zホールディングス
<代表取締役社長Co-CEO(共同最高経営責任者)
川邊 健太郎
<川邊 健太郎(かわべ けんたろう、1974年〈昭和49年〉10月19日 -46歳 )は、日本のメディアプロデューサー、実業家。Zホールディングス株式会社代表取締役社長Co-CEO、ヤフー株式会社代表取締役社長CEO、一般社団法人日本IT団体連盟代表理事兼会長、Yahoo!基金理事長、一般社団法人日本インタラクティブ広告協会副理事長。東京都渋谷区恵比寿出身[1][2][3]。 

代表取締役Co-CEO(共同最高経営責任者)
出澤 剛
<出澤 剛(いでざわ たけし、1973年〈昭和48年〉6月9日 - 47歳)は、日本の実業家。Zホールディングス株式会社代表取締役Co-CEO、LINE株式会社代表取締役社長CEO、LINE Book Distribution株式会社代表取締役社長。長野県佐久市出身[1]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%BA%E6%BE%A4%E5%89%9B
https://www.z-holdings.co.jp/company/overview/>
の中谷昇常務執行役員
<中谷 昇(なかたに のぼる、1969年1月29日 - )は日本の元警察官僚、国際刑事警察機構シンガポール総局(INTERPOL Global Complex for Innovation)初代局長。
2019年4月1日からヤフー株式会社執行役員[1]、2020年3月2日からトレンドマイクロ株式会社顧問[2]、2020年10月1日からZホールディングス株式会社常務執行役員、Group Chief Trust & Safety Officerに就任。他に、一般社団法人日本IT団体連盟専務理事[3]、一般社団法人セーファーインターネット協会副会長、一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター理事も務めている。

>
は「プライバシーとそれを守るセキュリティーが第一であり、情報の取り扱いについてわかりやすく説明していくことが非常に重要であり、データの国外移転に関わることはより積極的な対策が必要であると認識しております。皆様に不安や心配をおかけし、誠に申し訳ございません」とコメントした。
 個人情報保護法は、外国への個人情報の移転や外国からのアクセスに制限をつけ、必要な場合は利用者の同意を得るよう定めている。
LINEの規約は「お客様のお住まいの国や地域と同等の個人データ保護法制を持たない第三国にパーソナルデータを移転することがある」などとしているが、昨年6月に成立した改正個人情報保護法(2年以内に施行)に関し、個人情報保護委員会は、原則として移転先の国名などを明記するよう求めている。
 急速に普及したLINEは、国や自治体の新型コロナの通知アプリに使われるなど社会インフラとしての性格を強めている。このため同社は、規約の説明は不十分だったとして「正確、詳細な表現の検討を始める」
(舛田淳・取締役最高戦略マーケティング責任者)としている。
(編集委員・峯村健司、大部俊哉)

コメント