世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ 渡辺満里奈50歳の「夏の短編」

2021-05-27 18:37:24 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
渡辺満里奈の「夏の短編」
 
渡辺 満里奈(わたなべ まりな、1970年11月18日 - 50歳)は、日本の女性タレント、司会者、歌手。
夫はお笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤。姪は日本の女性タレントの渡辺菜花。
東京都大田区出身[1]。エイプリル・ミュージック(後に「CSアーティスツ」に名称変更) → SMAエンタテインメント → ソニー・ミュージックアーティスツ所属。
きょうだいは姉と弟がいる[1]。幼少の頃、実家はラーメン屋だったが、小学校入学の頃にラーメン屋は閉店して引っ越し[1]。中学一年生の終わり頃に蒲田から池上へ、同じ大田区内で転居した[1]。大田区立大森第四中学校、中延学園(現・朋優学院高等学校)卒業[1]。満里奈という名前は、ヨット好きだった父がマリーナからとって命名したという[1]。



コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ 坂本冬美54歳の「火の国の女」

2021-05-27 18:19:53 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
坂本冬美の「火の国の女」

 坂本 冬美(さかもと ふゆみ、本名同じ、1967年3月30日 -54歳 )は、日本の演歌歌手、女優。血液型O型。 


コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ 森口博子52歳の「ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~」

2021-05-27 18:13:34 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
森口博子の「ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~」

森口 博子(もりぐち ひろこ、1968年6月13日 -52歳 )は、日本の歌手、タレントで、80年代アイドル。本名、花村 博美(はなむら ひろみ)。
福岡県福岡市出身。ノーリーズン(第一プログループ)所属。バラエティーアイドルとして知られる。

コメント

「元祖」医師・木村盛世氏 「引用者」高橋洋一氏の“さざ波”発言に「使い始めたの=オリジナリティは私」大波と言う人、いるのかしらん? 謎すぎる

2021-05-27 17:02:07 | 連絡
:::::::::::::::::::::::::::::
5/10(月) 18:30配信 
医師で元厚労省医系技官の木村盛世氏(56)が10日、ツイッターで現在物議をかもしている内閣官房参与の高橋洋一氏の“さざ波”投稿に言及した。  高橋氏は9日のツイッターで各国の新型コロナ感染者のグラフを掲載し「日本はこの程度の『さざ波』。これで五輪中止とかいうと笑笑」と投稿。これが大きな批判を浴びた。  これを受け木村氏は「高橋洋一さんが使用した、“さざ波”は私が使い始めたものです」と自身が使い始めたことを明かした上で「グラフは新たに新型コロナ感染症と診断された人であり、死亡者ではありません。氏のG7+インドのグラフみて、大波と言うのは無理があります」と主張した。  
また、高橋氏から「炎上している」と聞かされ驚いたといい「このグラフ見て、大波と言う人、いるのかしらん? 謎すぎる」と疑問の声を上げた。

木村 盛世(きむら もりよ、1965年3月9日 - 56歳)は、日本の医師、元厚生労働省医系技官。一般社団法人パブリックヘルス協議会代表理事。 
1965年、開業医の家に生まれる。1990年3月、筑波大学医学専門学群卒業。1998年、ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生大学院疫学部修士課程修了。
内科医として研修の後、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)多施設研究プロジェクトコーディネイターを経て、財団法人結核予防会に勤務。その後厚生労働省医系技官に採用、厚生労働省大臣官房、厚生労働省統計情報部人口動態・保健統計課疾病傷害死因分類調査室室長、同統計情報部訓令室長、東京検疫所東京国際空港検疫所支所で検疫医療専門職などを歴任した[4]。
2014年7月15日に、厚生労働省へ辞表を提出。8月15日付で退官[5]し、医療法人財団綜友会 医学研究所所長に就任。以後、同研究所を退職し、一般社団法人パブリックヘルス協議会を立上げ、代表理事を務める。

新型インフルエンザ対策を批判[編集]
  • 2009年新型インフルエンザの世界的流行への対応について、2009年(平成21年)5月1日に雑誌のインタビューに答え、水際作戦での封じ込め、インフルエンザワクチン、タミフルによる対応はナンセンスと批判した。また、感染症疫学の専門家の立場から、H1N1亜型ウイルスは『弱毒性』との観測を示した[6]。
  • 2009年(平成21年)5月28日に、参議院予算委員会に参考人として招致され、検疫官がテレビ向けのパフォーマンスとして利用されたのではないかと疑っていると述べた[7]。

 

 
コメント

2021/05/24 【猪瀬直樹と堀江貴文が大激論】東京五輪の開催から・・・文教族への責任転嫁弁明か

2021-05-27 16:25:51 | 連絡
★国会議員の文教族への責任転嫁弁明か、契約当事者(注1)の都知事=権利・義務=放棄証言か>
(注1)あまりにも不平等なIOCと東京都の「開催都市契約」IOCからのみ契約解除と大会中止が可能か
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/b2bbffea1e09f31fa2fee0c0ba4ba1df

番組のフル視聴(44分)はこちらから ▶️https://bit.ly/3ugzx3t 
10日間無料トライアルはこちらから https://bit.ly/39ZHaRr 
学割(月額500円)はこちらから https://bit.ly/3dyAGhI 
_____ 今回は、猪瀬直樹(元東京都知事)が登場。
「五輪はリモート開催にしろ」と語る堀江さんと、五輪招致に尽力した張本人が、五輪開催の意義を語ります。すると見えてきたのは、“政界のフィクサー“と呼ばれる、あの政治家の権力の秘密…。
また、番組後半には「代替エネルギー」を巡り、意見の食い違う二人が大激論を繰り広げます。
他にも「通勤ラッシュを改善するには?」「日本企業が狙うべき新市場」など、大胆な改革案を語り尽くします。  
<ゲスト> 猪瀬直樹(作家/元東京都知事) 土居明莉(東大生)

 
コメント