世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

日清フーズ、小麦粉値上げ…7月から2〜4%・パスタやそばも9月から

2021-05-19 17:42:08 | 連絡
★小麦粉、そば粉等食材=ライフライン製品=国内供給率160%、国内消費率100%、設計技術ブラックボックスレベル化和食商品海外輸出比率60%、一極依存ゆでガエル化回避(注1)、リスク分散多極メッシュ輸出NW安全構築、海外貿易収支黒字化寄与、国家税収増寄与、国家財政黒字化寄与、保健・医療・介護・福祉・安全保障予算財源増加、消費税軽減、貧富格差解消、三権分立・普通選挙・議会制・自由民主主義・人権尊重・議員内閣制弧状列島日本の継続的なGDP=消費+投資+政府支出+(輸出ー輸入)=増加、税収増、所得再分配投資・消費、社会福祉、安全保障予算増の安心・繁栄に寄与か>

(注1.1)焦点:一帯一路・海外遠征・戦狼外交・人民解放軍拡充、国家安全維持法=国内・域外・事後遡上適用・法=施行、「海警法」施行、共産党一党独裁・ネットカメラ住民監視統制・人権や言論弾圧・知的財産侵害・政府、中国依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖
https://jp.reuters.com/article/germany-china-idJPKBN1HO07I

(注1.2)中国が「武器使用」「防衛作戦への参加」を明記の『海警法案』全文発表

(注1.3)国連加盟国に定められる「国際海洋法」無視の中国の「海警法」が2021年2月1日施行か
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/cd15741ac981dcc832c8e16d9783c361
(注1.4)「国家情報法」第7条により、中国の国民や組織は、中国政府の情報活動に協力する義務がある。中国製通信機器の使用は、自分自身だけでなく、他者を巻き込んだ情報流出の危険性がある。
・「国家情報法」第8条による中国政府の反論は、<香港では、イギリスとの約束を破り、「一国二制度」を形骸化させ、「国家安全法」により市民の民主主義や自由を奪い去りました。ウイグル人に対する非人道的な扱いに対しては、「中国政府は現代版ナチスである」とまでいわれるほどです。>の事実から意味をなさない。
(注1.6)髙橋洋一チャンネル 第94回 実はこの先は苦しい中国経済。中所得国の罠に嵌まっていた!
https://www.youtube.com/watch?v=rC7MxDqBTNQ
(注1.7)髙橋洋一チャンネル 第107回 ウイグル問題を報じない日本のマスコミと北京五輪の危機
https://www.youtube.com/watch?v=QyoLpkrEtYM

::::::::::::::::::::::::::::
2021/05/19 16:39 
日清フーズは19日、小麦粉の価格を7月1日納品分から、2〜4%程度値上げすると発表した。(注1)パスタやそばの価格も9月1日納品分から2〜9%程度値上げする。輸入小麦の政府売り渡し価格が4月に改定されたほか、そばの原料となる中国産玄そば(注2)も高騰=売手市場しているためだ。
 薄力粉の「日清フラワー」の想定価格は1キロ・グラムあたり269円(税抜き)から、274円に、「天ぷら粉」の希望小売価格は600グラムあたり350円から358円になる。
(注1)

(注2.1)
(注2.2)

コメント

スギHD会長、優先予約を謝罪ワクチン接種巡り株主総会で 1100店舗にて新型コロナウイルスワクチン接種実施受託提案か

2021-05-19 16:53:05 | 連絡
★杉浦広一会長(70)は新型コロナウイルスワクチン接種研修を受けた薬剤師が関東・中部・関西で1100店舗にて新型コロナウイルスワクチン接種実施受託提案か>
::::::::::::::::::::::::::::
2021/05/19 15:41 
薬局大手スギ薬局を経営する「スギホールディングス」の株主総会が19日、愛知県刈谷市で開かれた。出席した株主によると、杉浦広一会長(70)は冒頭で、新型コロナウイルスワクチン接種で自分と妻の予約を同県西尾市に優先確保させた問題について「ご迷惑とご心配をお掛けして申し訳ない」と謝罪した。
 複数の株主によると、会長から、妻の昭子相談役(67)が病気を患い、社内ではビニールで仕切られたスペースで業務に当たっており「秘書が見るに見かねて市に(優先予約を求める)電話をかけた」とする説明があった。
 総会では、株主から「おごりがあったのではないか」との意見も出たという
当社は、1976年、愛知県西尾市にわずか16坪の薬局として創業して以来、地域の皆様に支えられ、現在では、関東・中部・関西で1100店舗を展開する企業へと成長させて頂くことが出来ました。この過程において当社は、処方箋調剤、在宅医療をはじめ、地域の皆様の”健康・キレイ・快適・安心”を支えるドラッグストア事業を進化させてまいりました。 

コメント

「楽天エクスプレス」5月末で終了へ委託先から反発も 楽天出資金1500億円を日本郵政に返還か

2021-05-19 16:30:56 | 連絡
【楽天は3月、日本郵政から約1500億円の出資を受けて資本業務提携した。】
★楽天出資金1500億円を日本郵政に返還=物納と金銭譲渡併用か>
「メディア〇〇〇さんには嘘をつかない正直者のお手伝いさん5W3H8人必須か。その者達の名前は1.「なに? (What) 」さん、2.「なぜ? (Why) 」さん、3.「いつ? (When) 」さん、4.「どこ? (Where) 」さん、5.「どんなふうに? (How) 」さん、それから「だれ? (Who) 」さんと言うんだよ。更に、6.誰に(Whom)7.どのくらいの数で(How many)8.いくらで(How much)」。
「メディア〇〇〇さんは現場現物現実の取材予算要員体制を強化加速して“正直者のお手伝いさん5W3H”8人探し連れてきください」。
https://ja.wikipedia.org/wiki/5W1H
::::::::
2021/05/18 20:30 
楽天グループが、配送事業「楽天エクスプレス」を5月末にも終了することがわかった。日本郵政との提携を受けた物流分野の見直しの一環。ただ、委託先の運送業者から「突然の通告で補償の説明もない」などと憤りの声も出ている。
 楽天エクスプレスは、通販サイト「楽天市場」などで販売する商品の一部を配送する事業。2016年11月に始まり、各地の運送業者に業務委託している。昨年末時点で人口の約6割をカバーしているという。
 楽天は3月、日本郵政から約1500億円の出資を受けて資本業務提携した。日本郵政グループの日本郵便と共同で物流事業を担う新会社を7月にも設立し、楽天の物流事業は新会社に移管する方針だ。楽天は朝日新聞の取材に楽天エクスプレス終了を認め、「今後は日本郵便と一緒に物流戦略を考えていくため、物流事業をいったんリセットする」(広報)と説明した。
コメント

EV競争、巨額投資で巻き返し=中国台頭に危機感―米大統領 日米連携EV事業加速のため日本政府はR4予算5兆円計上か

2021-05-19 16:07:57 | 連絡
【米政権の成長戦略に盛り込んだ1740億ドル(約19兆円)規模のEV向け予算の早期実現を訴えた。】
★米国EV支援事業予算はGDP209,327 億ドル(注1)比1,740億ドル=200対2=100対1か>
(注1)世界の名目GDP(USドル)ランキング - 世界経済のネタ帳 (ecodb.net) 
   https://ecodb.net/ranking/imf_ngdpd.html#US
★日米連携EV事業加速のため日本中央行政政府は米国
20,932.75

対日本5,048.69 =4対1を参考に20兆円÷4=5兆円=政府支出を2022=R4年度に計上か>
★中央行政府は自治体地域「〇〇」ヒト・モノ・カネ支援拡大が必須か>
〇飯田泰之 GDP統計の基礎  GDP=消費+投資+政府支出+(輸出ー輸入)不況期は右辺政府支出が左辺を決める
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/2de06883439506e6b4b84d32359593ee

>
:::::::::
2021/05/19 08:18 
【ワシントン時事】バイデン米大統領は18日、中西部ミシガン州にある米自動車大手フォード・モーターの電気自動車(EV)工場を視察した。政府補助金をてこにEV市場で台頭する中国に対抗するため、米政権の成長戦略に盛り込んだ1740億ドル(約19兆円)規模のEV向け予算の早期実現を訴えた。
 バイデン氏は、米国で最大規模の販売台数を誇る人気車種であるフォード製ピックアップトラック「F150」のEV版の発表に先立ち、工場を訪問した。「米自動車産業の未来は電気だ。競争をリードするのか、後れを取るかの岐路に立たされている」と危機感を示した。
 バイデン氏はEV市場拡大のカギを握る自動車用電池について「中国の技術が革新的というわけではなく、米国がリードしてきた」と技術力に自信も見せた。同氏は2月、EV向け大容量電池や半導体のサプライチェーン(供給網)を強化する大統領令に署名し、国産化を急ぐ方針を表明した。 
コメント

「東電の手口はいじめ」協業ベンチャーが怒る訳合弁相手パネイルは不法行為で提訴する方針 訴訟ビネス拡大に寄与か

2021-05-19 16:00:26 | 連絡
★会社従業員の守秘義務協定や就業規則の無知、無関心、無理解無視が、訴訟ビネス関係者=弁護士、司法書士・・・の事業拡大に寄与か>
::::::::
2021/01/17 05:30 
電力・ガス小売ビジネスのシステム開発を専門にするベンチャー企業が、提携先である東京電力グループの小売企業などを相手に、損害賠償請求訴訟の準備を進めていることがわかった。
ITベンチャーの「パネイル」(名越達彦社長)が2020年11月13日付けで東京地方裁判所に提出した書面によると、共同不法行為により同社に損害を与えているとされたのは、東京電力エナジーパートナー(以下、東電EP。秋本展秀社長)およびその子会社でパネイルとの合弁企業「PinT」(田中将人社長)、パネイルの元取締役最高技術責任者(CTO)でPinTに移籍(現在は退職)したS氏ら。
東電EPなどが共謀したうえで、パネイルから提供されていたシステム関連の業務をわが物にすべく、人材引き抜きやソフトウエアの無断複製などさまざまな不法行為に及んでいると、パネイルは同書面で主張している。
電力小売最大手の東電EPと、電力関連のクラウドシステムの開発に強みを持つパネイルが合弁会社PinT設立の記者会見を行い、「ITとエネルギーを融合し、電力とガスの小売り販売を全国展開する」と高らかに宣言したのは2018年4月。だが、全国展開のためにともに手をたずさえたはずの両社は、わずか2年余りで全面対立の事態に陥った。
コメント