世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ PUFFY=47歳+46歳の「渚にまつわるエトセトラ」

2021-05-16 18:17:29 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
PUFFYの「渚にまつわるエトセトラ」

 PUFFY=47歳+46歳(パフィー)は、日本の女性ボーカルデュオ[2]、ユニット[3]。メンバーは大貫亜美47歳と吉村由美[46歳2]。1996年に奥田民生プロデュースのシングル『アジアの純真』でデビュー[2]。力の抜けた自然体のスタイル[2]、親しみやすいキャラクター[3]、ハイクオリティな楽曲が特徴[2]。2000年にSXSWに出演[3]、2002年にPuffy AmiYumi名義で北米ツアーを行い、2004年にはPUFFYをモデルにしたアニメ『ハイ!ハイ! パフィー・アミユミ』が全米でブレイクし、世界110カ国以上で放送される[2]。2016年にデビュー20周年を迎える[4]。

 
コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ くるり=45歳+44歳とユーミン67歳の「シャツを洗えば」

2021-05-16 17:13:41 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
くるり=45歳+44歳とユーミン67歳の「シャツを洗えば」
くるりへの伝言
[レビュアー] 松任谷由実(シンガーソングライター)
 2009年の12月、私とくるりは1枚のシングルをリリースしました。タイトルは『シャツを洗えば』。アパレルブランド、GAPのキャンペーンソングとして制作した、「くるりとユーミン」名義のコラボ作品です。
 くるりとの共演は、2005年にフジテレビの「松任谷由実のオールナイトニッポンTV」という特番に岸田君を招き、ギターの弾き語りで私の『12月の雨』を歌ってもらったのが最初。さらに2009年には、彼らのトリビュートアルバム『くるり鶏びゅ~と』で、今度は私が『春風』をカバーしています。
 前々から気になっていたくるりとの2度の共演を経て、次に舞い込んできたのがキャンペーンソングのお話でした。
 彼ら二人へのインタビューで構成された、この『くるりのこと』には、「ユーミンの伝言」というパートで、『シャツを洗えば』を共作する際のエピソードが描かれています。その中で、岸田君が「歌詞の書き方については徹底的に直された」と語っているのですが、あえて「徹底的に」したのには理由がありました。それは、せっかくのコラボなんだから、くるりと私でがっぷり四つに組んで曲作りをしたかったから。半分冗談ですが、岸田君を一人で放っておくと、電車の歌ばかり作ってしまいそうだし。
くるり(英語: Quruli)は、岸田繁と佐藤征史の2人からなる日本のロックバンド。京都府出身。1996年に立命館大学の音楽サークル「ロックコミューン」に所属していた岸田繁、佐藤征史、森信行の3人で結成。1998年にシングル『東京』をリリースし、メジャーデビュー。
岸田繁(きしだ しげる、1976年4月27日(45歳) - )ボーカル、ギター。京都府京都市北区出身。立命館大学産業社会学部卒業。血液型:O型。オリジナルメンバー。
佐藤征史(さとう まさし、1977年2月1日(44歳) - )ベース、コーラス、ボーカル。京都府亀岡市出身。立命館大学法学部卒業。血液型:O型。オリジナルメンバー。 

コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ THE BANGLES=62歳+63歳+59歳+? - MANIC MONDAY (Lyrics)

2021-05-16 16:47:21 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
THE BANGLES - MANIC MONDAY (Lyrics)
Manic Monday
アーティスト
The Bangles
 バングルス=62歳+63歳+59歳+?(英語: The Bangles)は、アメリカの女性バンド。1980年代に数々のヒットを放った。 
1981年にロサンゼルスでスザンナ・ホフス62歳、ヴィッキー63歳とデビー59歳のピーターソン姉妹、ベーシストのアネット・ズィリンスカスの4人により結成。最初のバンド名はスーパーソニック・バングス。後にバンド名をバングスと変えるが先にニュージャージー州に同名のバンドが存在していたため、バングルスという名前に落ち着いた。バングルとはアクセサリーの腕輪のこと。
1982年にA&Mレコード傘下(当時)のレーベルI.R.S.からミニ・アルバム『Bangles』を発表。翌年にはCBSレコードと契約するがアネットが脱退、マイケル・スティールが新たに加入した。マイケルは元祖ガールズ・ロック・バンドのザ・ランナウェイズの初期メンバーであった。
1984年、アルバム『気分はモノクローム (All Over The Place)』でデビュー。デビューアルバムを聴いたプリンスがスザンナを気に入り、1986年に「マニック・マンデー (Manic Monday)」を提供。米英で2位の大ヒットを記録する。日本でも、同年にトヨタ・ターセルのCM曲として起用された。この曲が収録されたセカンド・アルバム『シルバースクリーンの妖精 (Different Light)』からは「エジプシャン (Walk Like an Egyptian)」のナンバーワンヒットも生まれ、彼女たちは一躍スターとなった。



コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ 宇多田ヒカル38歳の「Automatic」

2021-05-16 16:40:27 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
宇多田ヒカルの「Automatic」

 
コメント

2021/05/10 【髙橋洋一&ホリエモン】対策予備費5兆円の謎や人口減少問題、さらにギャンブルの期待値まで… ギリギリのニュース解説

2021-05-16 15:56:28 | 連絡
★事実認識の世界レベルの視点から分析後発信か>
★地方権利=政府財政支出と義務=建設投資維持管理との重みづけ成功例=「インターパーク倉持呼吸器内科」応急仮設病棟の建設か
〇2021/3/5 新型コロナウイルス感染症を専門とした応急仮設病棟の建設が、
宇都宮市中島町のクリニック「インターパーク倉持呼吸器内科」で進んでいる。二次感染を防止する高度な医療設備を備え、3月中に完成する予定。逼迫(ひっぱく)する医療体制の緩和に貢献する。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
番組のフル視聴(44分)はこちらから 
▶️https://bit.ly/2RFjPRI 
10日間無料トライアルはこちらから https://bit.ly/39ZHaRr 学割(月額500円)はこちらから https://bit.ly/3dyAGhI _____ 
今回は、菅内閣の内閣官房参与を務める髙橋洋一さんがゲスト。 かつて、異例の“理系出身”大蔵省官僚として、数々の改革を行い“相当な恨みを買っている”という髙橋洋一さん。 「コロナ禍での経済損失」や「人口減少」そして「ギャンブルの確率」まで… 数量政策学者という立場から、堀江貴文さんと他では聞けない数式やデーターに基づいたニュース解説を繰り広げます。 <ゲスト> 髙橋洋一(数量政策学者/内閣官房参与) 土居明莉(東大生)

コメント