世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ Mamma Mia - ABBA=71歳+76歳+74歳+75歳 (with lyrics)

2021-05-08 18:42:25 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
Mamma Mia - ABBA (with lyrics)
 
Mamma Mia
アーティスト
ABBA
作詞 / 作曲
Björn Ulvaeus, Benny Andersson, Stig Anderson
ABBA=71歳+76歳+74歳+75歳(アバ、スウェーデン語発音: [²abːa])は、アイネッタ・フェルツクグ、ビョルン・ウルヴァース、ベニー・アンダーソン、アンニ=フリッド・リングスタッドによってストックホルムで結成されたスウェーデンのポップ・グループである。彼らは1974年から1982年まで世界中の音楽チャートを席巻し、ポピュラー音楽界で商業的に成功したグループの1つになった。ABBAはイギリスのザ・ドーム(英語版)で行われたユーロビジョン・ソング・コンテスト1974に出場し、スウェーデン代表として初めて優勝した。 
メンバー[編集]
  • アグネッタ・フェルツクグ(Agnetha Fältskog)71歳
  • ビョルン・ウルヴァース(Björn Ulvaeus)76歳
  • ベニー・アンダーソン(Benny Andersson)74歳
  • アンニ=フリッド・リングスタッド(Anni-Frid "Frida" Lyngstad)75歳

コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ アン・ルイス64歳の「WOMAN」

2021-05-08 18:31:17 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
アン・ルイスの「WOMAN」
 
アン・ルイス(Ann Lewis、本名:アン・リンダ・ルイス、1956年6月5日 - 64歳)は、日本の歌手。兵庫県神戸市出身。ロサンゼルス在住。
アイドル歌手としてデビューした後、歌謡ロックの第一人者として活躍した。
プロフィール[編集]
父親がアメリカ人(アメリカ海軍の軍人)で母親が日本人のハーフ。兵庫県神戸市に生まれ、横浜市中区本牧に在った米海軍の住宅街ベイサイドコートで育つ。1970年、14歳のとき、横浜外国人墓地を散歩中[1][2]、なかにし礼にスカウトされ[1][2]、「なかにし礼商会」第一号タレントになる[1]。
1971年2月25日に、ビクターレコードよりシングル「白い週末」でデビュー。当初はグラビアアイドルやアイドル歌謡を中心に活動する中、1974年に「グッド・バイ・マイ・ラブ」がヒット。その後、ロック(歌謡ロックと言われる場合もある)に転向し1970年代後半から1980年代にかけて「ラ・セゾン」や「六本木心中」「あゝ無情」などのヒット曲を放った。
かつての所属事務所は渡辺プロダクション。ファッションにこだわりを持ち、自身でステージ衣装のデザインを手がけることもしばしばある。キャンディーズの「やさしい悪魔」のステージ衣装のデザインも手がけた。
記者会見で自らパニック障害であることを打ち明け、しばらく父親の母国アメリカに在住していたが、2005年11月23日にセルフカバーアルバム『REBIRTH』を発売と同時に音楽活動を再開した。その後はファッションやペットグッズなどのデザイン、プロデュースも手がけている。2013年4月6日、元夫の桑名正博と息子の美勇士で親子3人共演CDを同年10月に発売すると同時に、これをもって完全にアン・ルイスが芸能界から引退することが発表された。



コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ ちあきなおみ73歳の「矢切の渡し」

2021-05-08 18:15:31 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
ちあきなおみの「矢切の渡し」

 
ちあき なおみ(1947年9月17日 - 73歳)は、日本の歌手、女優。
1992年に夫の郷鍈治と死別して以降、一切の芸能活動を休止し、事実上の引退となった。義兄(郷の実兄)は俳優の宍戸錠、そして義甥(郷の甥)は宍戸開である。
結婚後に所有した不動産(ビル)のオーナーではあるものの、実業家として表立って活動しているわけではない。
生い立ち[編集]
神奈川県生まれ[1]、東京都板橋区育ち[1]。3姉妹の末っ子として誕生し、芸事の好きな母の影響で4歳でタップダンスを習い、5歳の時日劇にて初舞台を踏む。幼いころから歌が好きで、4歳のときから米軍キャンプを回ってジャズを歌う[1]。小学2年生の時に神奈川県藤沢市辻堂へ転居し、
藤沢市立辻堂小学校を卒業、
藤沢市立湘洋中学校へ進学する。中学2年生で
大田区立大森第三中学校へ転校、中学3年生で
新宿区立大久保中学校(現:新宿区立新宿中学校)へ再転校する[2]。



コメント

バッハ会長が決して口にしない“ぼったくり算段”東京五輪中止でも立場安泰 骨折り損=違約金=は東京5輪幹部

2021-05-08 16:38:38 | 連絡
★「東京5輪幹部7名(注1)枠外下働き実行関係者」の妬みヤッカミヒガミの匿名記事か>
★IOCと東京5輪幹部との綱引き合戦最終段階か>
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
バッハ会長の本音を、IOCの事情に詳しい競技団体関係者(注1)はこう推測する。
「どんなに批判にさらされようと、IOCにとって4年に一度の五輪は重要な資金源。何があっても絶対に自分たちから『中止する』とは言えない。今は東京や日本が『できません』と言ってくるのを待っているというのが本当のところではないか」
 開催不可能と言い出した東京や日本が莫大な違約金を支払ってくれるなら、IOCの痛手は少ない。上から目線で「そう言うなら仕方がありませんね〜」となる。そして来年にはIOCの金満体質と相性の良い北京五輪も迫っており、東京が中止になったとしてもバッハ会長の責任が問われるわけではないのだ。
〝貴族軍団〟は自分たちのメンツが潰れぬよう、東京のギブアップを待っている状況。「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」といったところか…
 敏腕弁護士の顔を持つ「ぼったくり男爵」は、やはり一筋縄ではいかないクセ者。今のところ思惑通りに事は進んでいるようだ。

トーマス・バッハ(Thomas Bach, 1953年12月29日 -67歳 )は、ドイツの弁護士。 第9代国際オリンピック委員会 (IOC) 会長。筑波大学名誉博士[1]。1976年モントリオールオリンピックのフェンシング西ドイツ代表選手、ドイツオリンピックスポーツ連盟(DOSB)(de) 会長を歴任 
教育・職業[編集]
西ドイツ(のちのドイツ)のバイエルン州ヴュルツブルク出身。ヴュルツブルクに近いバーデン=ヴュルテンベルク州のタウバービショーフスハイム(de)で育ち、両親の元、同市のゾンネンプラッツ(Sonnenplatz)で1977年まで暮らした。1972年、同地のマティアス・グリューネヴァルト・ギムナジウム(高校に相当)を卒業し[2]、1973年から1979年までヴュルツブルク大学法学部で法律・政治学を学んだ。1979年、第一次国家試験(司法試験)を通過して卒業した。主にドイツ連邦議会での司法研修期間を終えて1982年、第二次国家試験(司法試験)に合格し、1983年、博士論文「連邦憲法裁判所の裁判における予測の影響」(Der Einfluss von Prognosen auf die Rechtsprechung des Bundesverfassungsgerichts)で博士号(法学)を取得した。続いて、タウバービショーフスハイムに自身の弁護士事務所を開設した。
1985年、アディダス(スポーツ用品)執行役会会長のホルスト・ダスラーに誘われ、同社の国際関係部局の責任者。
1988年から1990年まで、連邦経済大臣の中産層顧問団の調整役を務めた。1995年からフィリップ・ホルツマン株式会社(建設コンツェルン)の顧問[3]。1998年、タウバービショーフスハイムのミヒャエル・ヴァイニッヒ株式会社(工作機械)の監査役会会長に就任。
2000年から2008年まで、シーメンス(電機)の顧問。
2000年から2009年まで、シーメンス・スイスの取締役会構成員[4]。産業コンサルタントのヴィルヘルム・シェルスキーより政府人脈を買われてシーメンスの執行役会に推薦された[5]。
2005年から2009年まで、MANフェロスタール有限会社(鉄鋼)の顧問[6]。2008年から2013年まで、メリウス有限会社の諮問委員会委員長となり、投資会社「クウェイティ・ジャーマン・ホールディング・カンパニー」の子会社としてドイツ国内の活動を担った。
2009年から2013年まで、ニュルンベルク保険株式会社オーストリアの監査役会構成員、バルテック有限会社(産業保安技術)の諮問委員会委員[7][8]。
2006年5月、ゴルファ・アラブ・ドイツ商工会議所(Ghorfa Arab-German Chamber of Commerce and Industry)の会長に就任。IOC会長の就任後に辞任した。
母語のドイツ語の他、スペイン語・フランス語・英語に堪能[9]。

2013年9月10日にアルゼンチンのブエノスアイレスで行われた第125次IOC総会で、ジャック・ロゲの後任として第9代IOC会長に選出された[14]。その際にクウェートの政治家でスポーツ団体役員のアフマド・アルファハド・アルサバ―(en)が有力支援者となっていたことから、会長選挙の直前になってIOC倫理委員会の調査が入った[15][16]


2016年10月20日に、筑波大学で講演した折に筑波大学の名誉博士号が授与された[1]。
  1. ^ a b “IOCバッハ会長、筑波大で講演 東京が五輪の転換点に”. 『東京新聞』. (2016年10月20日) 2016年10月21日閲覧。
(注1)東京5輪推進幹部7名
「東京が五輪の転換点になる」 バッハ会長が筑波大で講演
授与式には東京都の小池百合子知事や組織委の森喜朗会長、スポーツ庁の鈴木大地長官も出席した。
筑波大の名誉博士号を授与され記念写真に納まるIOCのバッハ会長(前列右端)。同左端は2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長、後列右から2人目は小池百合子東京都知事=20日午前、東京都文京区 


コメント

「100年近く生きた最晩年に、こんな悲惨なことが…」瀬戸内寂聴、98歳。戦争体験とコロナ時代をZoomで語る【戦後75年】

2021-05-08 16:19:58 | 連絡
吉川慧 [編集部] (Kei Yoshikawa)
東京中華学校講師、ドワンゴ、The Huffington Post、BuzzFeedなどを経て2020年1月より現職。国内外の政治・経済分野を担当。関心領域は経済×歴史×カルチャー。ライフワークは歴史的背景を踏まえたニュース解説。ネット時代におけるメディアの在り方、歴史との向き合い方を模索している。

アル・ゴア元米副大統領など要人インタビュー、東日本大震災や熊本地震の被災地取材、衆院選・参院選、都知事選、米大統領選、Brexit、「令和」改元、ローマ教皇訪日などを取材。アニメーション、映画、将棋、VTuberなどカルチャー分野にも関心。

好きな漫画は『MASTERキートン』。趣味は古書店めぐり、寄席に行くこと、お肉を食べること。 
:::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
「100年近く生きてきた最晩年に、このような悲惨なことが身の回りに起こるとは、夢にも思わなかった」 
コロナ禍をこう語るのは、小説家で尼僧として知られる瀬戸内寂聴さん(98)だ。太平洋戦争がはじまった今からおよそ80年前、寂聴さんは小説家を志す大学生だった。
その後、北京の師範学校に務める男性と結婚、出産。ところが戦況の悪化をうけて夫は軍隊へ。寂聴さん自身は終戦は当地で迎え、子どもと一緒に日本に引き揚げてきたという経験を持つ。
翻って戦後75年の今年、奇しくも蔓延する新型コロナウイルス感染症。「目に見えない敵」への不安は恐怖を増殖し、感染者や医療従事者、感染拡大地域の人への心無い差別が投げつけられた。ウイルス禍は、人間の闇の部分を顕在化させた面もある。
激動の時代を生きた寂聴さんは、今を生きる世代に「思いやりを持っているということが、人間として一番大切なこと」と説く。
寂聴さんの秘書・瀬尾まなほさんとともに、激動の時代を生き抜いた体験と不安な時代を生きる心構えを寂聴さんに聞いた。(※対談は瀬戸内寂聴・瀬尾まなほ『寂聴先生、コロナ時代の「私たちの生き方」教えてください』刊行のため2020年6月に実施。Business Insider JapanはZoomで同席した)
 
■21歳で結婚、北京で出産「助けてくれる人は、必ずいる」
■終戦直前に夫は軍隊へ。着物を売ってお金をつくった。
■時代でルールは変わる。変わるから生きていける。
「人間の英知のすべてをかけて」
100年近く生きてきた最晩年に
このような悲惨なことが身の回りに起こるとは、夢にも思わなかった。
あの酷い戦争と匹敵するくらいの大事件である。
私の生まれた二年前にスペイン風邪という感染症が世界を駆け巡った。
婚約者をスペイン風邪に奪われた女性が母の友人にいて、訪れる度に泣いていたのを幼いながら覚えている。
人をそれほど不幸にする病気があるということが、心に刻みつけられたが、自分の生きている間にそんなに恐ろしい病気がふたたび身の回りにせまっているなどとは想像も出来なかった。
あれから世の中はあらゆる点で予想もつかないほど進歩している。それなのに、こんないまわしい病気を防ぎ切ることも出来ないとは ——。
人間の英知のすべてをかけて一日も早くこの怪物を退治してしまわなければ ——。しかし、人間の英知は必ずこういうウイルスを退治する力を持つだろう。
2020年7月 瀬戸内寂聴
※瀬戸内寂聴・瀬尾まなほ『寂聴先生、コロナ時代の「私たちの生き方」教えてください』(光文社刊)より一部抜粋、編集しました。


コメント