様々な分野でグローバルに活躍する「普通の人々」が体験を語り、次世代の普通の人々のお役に立てればと思っているサイトです。

日本在住歴約40年のRon McFarlandと外資系勤務が長い齋藤信幸が、それぞれの海外体験を語ります。

ハイジャックそしてクラッシュ!Ronさん、九死に一生(11)

2019-10-27 22:46:01 | Ron's Life Story
グローバルリーダー協会の齋藤です。

ハイジャックの話の最終回です。

I was contacted by a movie producer in Germany that was researching the crash a few years later. I had to go to Egypt for work, so we decided to meet in Frankfurt, Germany. It was interesting, but just at that time the pilot was there from Ethiopia and I met him. We were on the same German program together.




 
The pilot of the Ethiopian Airlines plane and me in 1998

On my last trip with Isuzu Motors, I met Rani and her family finally in Bombay several years later. I met their daughter for the first time. I met her son Sanjay while I was on Reunion together, and saw him again. That was our last meeting, but I learned the daughter got married a year or two after that and moved to Lagos, Nigeria. She is now has her own children, so Rani is now a grandmother. We share pictures with each other all the time now on Facebook. I am considered part of their family, and they are part of mine.

次回からは、Ron-sanのライフ・ストーリーから私が特に気に入っている「青春時代」をお届けします。

60代の方は、1970年代の米国の若者の姿から当時の自分を思い浮かべるのではないでしょうか。

私もそうです。良いことばかりでなかった青春時代。

***************************************************************************************

齋藤信幸の生産財の営業はここ。

齋藤信幸のロングステイはここ。

***************************************************************************************
コメント

ハイジャックそしてクラッシュ!Ronさん、九死に一生(10)- PTSDとの戦いも。

2019-10-20 10:47:17 | Ron's Life Story
グローバルリーダー協会の齋藤です。



帰国するも更に6か月入院。
I returned to Japan a month later. After returning, I was in the Isuzu hospital for six months and was not allowed to work. Finally, I went home for Christmas, 1996. I met my friends in the neighborhood and finally slept in my own bed.

そしてPTSD。
At that time, the posttraumatic stress really started, and I spend whole nights just shacking. It was so bad that even Taeko couldn’t sleep which is something. Taeko can sleep standing up. Still today I don’t sleep that deep, but am very comfortable taking plane flights.

I met part of Rani Nanakani’s family in Bangalore, India on my way from Singapore to Turkey a couple years later, in 1998. I was on a business trip and decided to route it through India. I met the same brother I met in Reunion, Rani’s other brother, her sister that lives in Canada and Rani’s Mother. It was wonderful, but I couldn’t meet Rani, her husband or their children.

***************************************************************************************

齋藤信幸の生産財の営業はここ。

齋藤信幸のロングステイはここ。

***************************************************************************************
コメント

海外でちょっと商売をしてみたい人は、会長を見習おう - アンヘレス・クラーク SM、MQモール家賃事情

2019-10-12 09:09:10 | Duffy's Life Story
フレンドシップクラブ会長からのレポートです。さすが足で情報を収集していますね。それにしてもその年でまだ、商売やりたいなんて。

**********************************************************************************************************************

久しぶりにアンヘレス・マーキーモールに行きました。

驚きました、モール周辺が大きく変わっています。

道路幅が拡張され、新しい道、そして、広い住宅地が、きれいに整備されています。

フィリピンは、急速に、変わってきているの?

それとも、アンヘレス、クラークが特別なの?

フィリピン版浦島太郎です。

さて、マーキーモール2階のバック店が閉店とのことで、リサーチに行きました。

広さ60平米、家賃は4万ペソとのこと。

人通りは少ない目立たない場所です。

バック店オーナーは、居ぬきのまま、90万ペソで売りたいそうです。

馬鹿らしい!!、パーティション仕切りも、ただの板をつなげただけ、バックもアルミ製の棚を並べて置いてあるだけ、

入口に万引き防止装置はついているが、それだけで、「90万ペソで売りたい(200万円)」とは。

頭の中見てみたいです、すぐに退散。

次に、Clark SMに行き、事務所で話を聞く。

テナント申込用紙に、必要事項を記入して、面接するそうです。

ちなみに、今は空きがない。

現在増設中、72テナント増えるので、そちらに申し込むよう言われました。

どんだけ、拡張していくのかな?。

ちなみに、知り合いが、マニラSMの通路中央で、6平米借りて、しぼりたてジュースを販売しています。

月家賃は、4万ペソ。

通行量、エリア違いますが、

マーキー  60平米  4万ペソ

SM      6平米  4万ペソ  

こんな単純ではないですが、10倍の差です。

マーキーのバック店、平日昼下がり、客は一人もいない

知り合いのジュース屋、月収100万ペソ

みんな、高くてもSMに出店したい気持ちわかります。

コメント

ハイジャックそしてクラッシュ!Ronさん、九死に一生(9)

2019-10-05 11:12:54 | Ron's Life Story
グローバルリーダー協会の齋藤です。

病院生活の続きです。インド人のRenieさんの親族との交流は続いたようです。





In the hospital, I become very close to Rani’s oldest brother, husband (Ram) and son (Sanjay). I also met Pancho Huddle’s wife, but we could never meet, as we were on different floors and could not leave our beds. I tried to visit him once in India, but could only meet his staff. There were five Americans on the plane. Two had died. So, there was Pancho, his wife and me who survived. Also, there were two Italians on the plane with minor injuries. They both had to swim from a very deep position in the aircraft, and the plane’s fuel got in one of the person’s eyes (a lady). She was blind for a while.



I was in a hospital on the island of Reunion for one month. I had to have medication for both pain and sleeping disorders. I just couldn’t get to sleep without medication.

***************************************************************************************

齋藤信幸の生産財の営業はここ。

齋藤信幸のロングステイはここ。

***************************************************************************************
コメント