様々な分野でグローバルに活躍する「普通の人々」が体験を語り、次世代の普通の人々のお役に立てればと思っているサイトです。

日本在住歴約40年のRon McFarlandと外資系勤務が長い齋藤信幸が、それぞれの海外体験を語ります。

Global Interaction : No.45 Biz Trip 象牙海岸ってどこ?

2020-08-09 22:23:34 | Ron's Life Story
このPersonal Journeyは、私の友人のRon McFarlandが書いた自叙伝です。

先週、久しぶりにそのRonさん蒲田で飲みました。焼き鳥、串焼き、それとホッピーが大好きなRonさん、六本木ではなく蒲田が似合います。





今回のRonさんの出張先はフランスの植民地だった象牙海岸。現在のコートジボワール。ついにアフリカ西海岸まで行ったRonさん。しかも1987年の話です。

よくよく考えればあたりまえですが、トラックの需要は世界中にありますね。

ちなみに、『FACTFULNESS』(日経BP、ハンス・ロスリング他著、上杉周作・関美和訳)によると現在、コートジボワールはカメルーンとともにレベル2の下位、寿命も60歳+と短いですね。

The Ivory Coast

The Ivory Coast is the first West African country I had ever been to. I gave a basic sales seminar there. The country was not as poor as you may think at that time. It has a lot of water and can grow a great deal of tropical crops. Also, it has minerals and other raw materials, which are mainly exported to Europe.

It is one of the original French territories, and the official language is French. In that region, most of the countries use French as the official language. Nigeria and Cameroon are half English and half French depending on the region of the country.

 

Sales Training in the Ivory Coast in French, June 1987


コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Global Interaction : No.44... | トップ | Global Interaction : No.46... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Ron's Life Story」カテゴリの最新記事