様々な分野でグローバルに活躍する「普通の人々」が体験を語り、次世代の普通の人々のお役に立てればと思っているサイトです。

日本在住歴約40年のRon McFarlandと外資系勤務が長い齋藤信幸が、それぞれの海外体験を語ります。

Global Interaction & Understanding - A Personal Journey : No.50 Biz Trip キプロス

2019-05-06 10:56:26 | Ron's Life Story
連休も今日で最後、都内から一歩も出ませんでしたが、家の片づけや書類の整理など少しは進みました。が、当初の予定の半分といったところ。だれてますねえ。

さて、令和、最初のブログです。

Ron McFarlandの自叙伝「Global Interaction & Understanding - A Personal Journey」も今回で50回目の掲載となりました。

約10週間続いたことになります。お読みいただきありがとうございます。

さて、本日はトルコの南、地中海に浮かぶキプロス共和国。トラックビジネスは、マーケットの裾野が広い。

私がいたのは、HDD業界と半導体業界で、そのすそ野も広いですが、キプロスまでは及びません。

では、キプロス、お楽しみください。


Cyprus キプロス共和国(英語読みではサイプラス)

In June of 1988, I traveled with a General Motors executive who spent his career in Buick. He was very helpful in not only setting up training programs, but taught me a lot about sales training. We traveled to UAE, then to Cyprus and finally to Saudi Arabia to give training on a pickup truck. On many occasions we role-played together having me be the salesman and him the customer. That was a lot of fun, for both the participants and the two of us.

Cyprus was at that time a divided country with Turkey occupying the northern half of the island. The island has a long history with England, Greece and Turkey. I think it was caught up in the many Turk-Greek wars through history. Today, the Greek Cypriot territory is mainly a tourist economy.





Pick up sales role-playing in Cyprus, June 1988

齋藤信幸の生産財の営業はここ。

齋藤信幸のロングステイはここ。
コメント   この記事についてブログを書く
« Global Interaction & Unders... | トップ | Global Interaction & Unders... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Ron's Life Story」カテゴリの最新記事