様々な分野でグローバルに活躍する「普通の人々」が体験を語り、次世代の普通の人々のお役に立てればと思っているサイトです。

日本在住歴約40年のRon McFarlandと外資系勤務が長い齋藤信幸が、それぞれの海外体験を語ります。

Global Interaction & Understanding - A Personal Journey : No.50 Biz Trip キプロス

2020-09-12 17:49:10 | Ron's Life Story
新型コロナウイルス感染予防対策として在宅勤務(週2~3日)が始まって6か月になりました。

往復3時間の通勤時間がなくなり、読書や調査・研究に使える時間が増えたのは良いことです。

一方、ネットで繋がっているとはいえ、友人・知人とのネットワークが弱ってきています。

という訳で、最近は事務所に出るときは夜、友人・知人と食事をすることにしています。

今週行ったのは銀座コリドー街にある「イスタンブール」というトルコ料理店。ケバブも旨いですが前菜が秀逸。





さて、本日はそのトルコの南、地中海に浮かぶキプロス共和国。トラックビジネスは、マーケットの裾野が広い。

私がいたHDD業界と半導体業界もすそ野は広いほうですが、キプロスまでは及びません。

では、キプロス、お楽しみください。

Cyprus キプロス共和国(英語読みではサイプラス)

In June of 1988, I traveled with a General Motors executive who spent his career in Buick. He was very helpful in not only setting up training programs, but taught me a lot about sales training. We traveled to UAE, then to Cyprus and finally to Saudi Arabia to give training on a pickup truck. On many occasions we role-played together having me be the salesman and him the customer. That was a lot of fun, for both the participants and the two of us.

Cyprus was at that time a divided country with Turkey occupying the northern half of the island. The island has a long history with England, Greece and Turkey. I think it was caught up in the many Turk-Greek wars through history. Today, the Greek Cypriot territory is mainly a tourist economy.





Pick up sales role-playing in Cyprus, June 1988

齋藤信幸のコンプレックスセールスはここ。

齋藤信幸のロングステイはここ。

コメント   この記事についてブログを書く
« Global Interaction & Unders... | トップ | Global Interaction & Unders... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Ron's Life Story」カテゴリの最新記事