様々な分野でグローバルに活躍する「普通の人々」が体験を語り、次世代の普通の人々のお役に立てればと思っているサイトです。

日本在住歴約40年のRon McFarlandと外資系勤務が長い齋藤信幸が、それぞれの海外体験を語ります。

Global Interaction & Understanding - A Personal Journey : No.35  Biz Trip マレーシア ボルネオ島

2019-04-30 12:05:41 | Ron's Life Story
East Malaysia ボルネオ島

これが平成最後の投稿になります。

IBMに勤めて米国大好き人間になった私が、アジアに興味を持ち始めたのは、半導体製造装置メーカーの海外営業を行っていた頃です。

韓国、台湾、シンガポール、マレーシアと半導体の工場を回りました。

私(齋藤)がマレーシアのボルネオ島に初めて行ったのは1997年、クチン(猫の意味)。

シャープが合弁で半導体工場(後の1st Silicon)を造るという話があり訪問。アジア通貨危機後で現地には韓国から来たエンジニアが沢山いました。

朝、ホテルの窓から下を眺めると、川を手漕ぎの船で町に通勤するする人がおり、そののんびりとした生活に感動したことを覚えています。

また、接待費が贅沢しても4千円程度だったことも驚きでした。

訪問時、ジャングルだったところには2年後には、しっかりした工場ができていました。もちろん私も半導体製造装置の販売に成功し、1st Siliconの最初の協力会社の一つとして表彰されました。

では、私の訪問よりも更に一昔前の1986年の訪問したRon McFarlandの話を読んでみましょう。

On my way back to Japan from India, I stopped in East Malaysia on the island of Borneo. The island of Borneo has three countries on it, namely Malaysia, Indonesia and Brunei. East Malaysia was rich in oil, wood and other raw materials, but it had a low population. The Indonesian and Pilipino always wanted to sneak over the border and work in East Malaysia, but they can be easily recognized and were sent home. That region was a semi-separate country from West Malaysia, the way the British set it up in ’65. Now East and West are joined.

いすゞ自動車はマレーシアに2社子会社を持っていました。その理由は?
I had a wonderful first seminar there, which laid the groundwork for many to come. The Isuzu operations there was very different from that of West Malaysia, and the two didn’t like each other very much. One was Chinese managed and the other Malay managed. It was like try to mix water and oil, and Isuzu had to set up separate operations for that small country. The operation in East Malaysia is in Kota Kinabalu, right on the northern tip of the island of Borneo. It is a beautiful tourist city, and I always loved to go there. As a matter of fact, I loved it so much that on one of the trips I took my whole family, including my mother-in-law.



First Sales Seminar in Kota Kinabalu, East Malaysia, February 1986

Uploaded by Nobi Saito(齋藤信幸)
コメント   この記事についてブログを書く
« Global Interaction & Unders... | トップ | Global Interaction & Unders... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Ron's Life Story」カテゴリの最新記事