様々な分野でグローバルに活躍する「普通の人々」が体験を語り、次世代の普通の人々のお役に立てればと思っているサイトです。

日本在住歴約40年のRon McFarlandと外資系勤務が長い齋藤信幸が、それぞれの海外体験を語ります。

海外でちょっと商売をしてみたい人は、会長を見習おう - アンヘレス・クラーク SM、MQモール家賃事情

2019-10-12 09:09:10 | Duffy's Life Story
フレンドシップクラブ会長からのレポートです。さすが足で情報を収集していますね。それにしてもその年でまだ、商売やりたいなんて。

**********************************************************************************************************************

久しぶりにアンヘレス・マーキーモールに行きました。

驚きました、モール周辺が大きく変わっています。

道路幅が拡張され、新しい道、そして、広い住宅地が、きれいに整備されています。

フィリピンは、急速に、変わってきているの?

それとも、アンヘレス、クラークが特別なの?

フィリピン版浦島太郎です。

さて、マーキーモール2階のバック店が閉店とのことで、リサーチに行きました。

広さ60平米、家賃は4万ペソとのこと。

人通りは少ない目立たない場所です。

バック店オーナーは、居ぬきのまま、90万ペソで売りたいそうです。

馬鹿らしい!!、パーティション仕切りも、ただの板をつなげただけ、バックもアルミ製の棚を並べて置いてあるだけ、

入口に万引き防止装置はついているが、それだけで、「90万ペソで売りたい(200万円)」とは。

頭の中見てみたいです、すぐに退散。

次に、Clark SMに行き、事務所で話を聞く。

テナント申込用紙に、必要事項を記入して、面接するそうです。

ちなみに、今は空きがない。

現在増設中、72テナント増えるので、そちらに申し込むよう言われました。

どんだけ、拡張していくのかな?。

ちなみに、知り合いが、マニラSMの通路中央で、6平米借りて、しぼりたてジュースを販売しています。

月家賃は、4万ペソ。

通行量、エリア違いますが、

マーキー  60平米  4万ペソ

SM      6平米  4万ペソ  

こんな単純ではないですが、10倍の差です。

マーキーのバック店、平日昼下がり、客は一人もいない

知り合いのジュース屋、月収100万ペソ

みんな、高くてもSMに出店したい気持ちわかります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フレンドシップクラブ便りから:フィリピンなら「そうだよね」と思う記事(3):教育格差

2019-06-23 13:06:00 | Duffy's Life Story
東京だけで3万人近いフィリピン人が働いています。「何のために?」家族のために、特に、子供の教育のために、働いています。私立にいくか、公立に行かせるか、そこには大きなち違いがあります。

では、フレンドシップ便りの記事から。

********************************************************************************************************
フィリピンにも、当然、 公立校と、私立校があります。

日本と同様に、多くの子供は、公立校、裕福、教育熱心な家庭は、私立に通わせます。

私立には、校内では、オール英語の学校も少なくありません.

公立は、タガログ語です。

とにかく、子供が多いので、私立も、公立も、満杯です。、

アンヘレスで、両校を比較してみます。

いずれも、生徒が多すぎて、2部制です。

公立校は、授業料約2,000ペソ/月、70名/クラス、制服、送迎、徒歩、ジプニー、トライスクル、
      
私立校は、授業料約7,000ペソ/月、50名/クラス、制服、車送迎、

授業料、時間数は、私立が断然多いです。

私立は、学期末試験で、全科目及第点を取らないと、留年となります。

5回ほど追試があり、救済措置が取られます。

公立は、エレベータ、子供が多すぎるので、とにかく、昇級させます。

公立、私立に関係なく、とにかく休みが多いです。

特に、月曜日の休みが多いように思われます。

私が滞在中も、しょっちゅう、ファティマが、月曜、自宅にいます。

日曜の疲れがあるから?。

と言うことは、学校も、先生が月曜休みたいので、月曜に集中する。

いや、学校が勝手に、休み決められない。

国が、休みを月曜に合わせている。

何か、不思議です。
*******************************************************************************************************

公立校の子供は、ほとんど勉強しないそうです。
フィリピンの大学の数は、アメリカ以上。大学を出ていないと就職(非正規雇用も含めて)できないのが実情。
子供のときから格差が始まっているのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

"Filipino single mom in Japan" - 2

2019-04-14 05:30:32 | Duffy's Life Story
これは日本で暮らすフィリピン人からの久しぶりの投稿です。日本には約24万人のフィリピン人がおり、その大半は女性です。日本人と結婚している人、日本人と結婚し離婚した人が多いかと思います。この投稿も、日本人と結婚し、離婚、そしてシングルマザーとして異国の地、日本で生き抜いている女性の40年あまりのライフ・ストーリーです。名前は彼女の好きなディズニーのキャラクターからMs.Duffy(ミズ・ダフィー)としておきましょう。日本人でも生活が大変なシングルマザーとして、どう子供を育て、生き抜いているのか、そこから我々日本人が異国で暮らす場合の覚悟、知恵のようなものが学べればと思います。今後も、このシリーズは不定期にアップロードする予定です。

I came back to Japan with my son in February 2006. We lived in a small apartment in Tokyo. It was in a very convenient location, there are supermarkets, discount stores convenience stores, hospitals, clinics, parks, and schools nearby. There is a hot spring too which is 20minutes by foot and I loved to go there. I had two Filipino neighbors one family have two children all boys and the other have two girls.

My son was three years old back then, so I gave my full attention to him. In the morning we had breakfast, then prepared ourselves for a walk, we walked almost every day and went to different parks to spend our day, that was our daily routine. My son loved playing at the park. He is very active and friendly. He made a lot of friends there. There I met two Filipino moms whom their child is as of the same age with my son they lived nearby too. Since then we became friends so as our kids. They went to the same kindergarten, at Elementary School Yuta And Hiroki went to the same school, but Taka went to different one. Eventually Taka and his family moved to different city. Since then I lost communication with his mom. Yuta and Hirako remains friends until now.

I started working in a printing company as a part time. It was challenging job, there were competitions amongst foreign employees which I think normal for foreigners working here in Japan. Competition have positive and negative effects, it could make employees productive, it could also cause some work stress. If you are too good for the job others may envy you and make gossips which can lead to trouble. After three years, I resigned. Our needs are getting higher because my son is getting bigger too. I tried working in a club for four times a week, at first, it is like I am just playing singing and dancing with the guests, but later I felt stressed with some of the guests, as you keep them longer they became possessive of your time and attention and some of them became my friends.

Sometime in June 2010 I was rush to the hospital because I had severe headache. It was too painful that I cried my neck and head was to heavy that I can’t resist the pain. The doctor said that I need to be admitted for some medical examinations. So yes, I was admitted that night. The next day they had me released they didn’t find anything wrong with me. I know there’s something wrong with me, I still have headache every day, I’ve taken pain relievers to ease the pain, but it became worse every day. Until one midnight I called an ambulance and rushed to hospital when they check my blood pressure it was too high it was 205/160. I was admitted and this time the doctors thoroughly checked the gain of my illness.

今朝の朝日新聞の1面は特定技能試験の記事でした。今後は日本人の生活を支える様々な分野を、外国人に支えてもらうことになります。「働かせてやる」ではなく「お願いする」姿勢で臨みたいものです。また、彼ら・彼女らの少ない給料から、さらに搾取する日本の悪徳業者・悪徳企業を摘発する方策を考えたい。日本で働きたいと心から思える世界一の国にしたものです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

"Filipino single mom in Japan" - 1

2018-09-09 17:59:43 | Duffy's Life Story
これは日本で暮らすフィリピン人からの投稿です。日本には約24万人のフィリピン人がおり、その大半は女性です。日本人と結婚している人、日本人と結婚し離婚した人が多いかと思います。この投稿も、日本人と結婚し、離婚、そしてシングルマザーとして異国の地、日本で生き抜いている女性の40年あまりのライフ・ストーリーです。名前は彼女の好きなディズニーのキャラクターからMs.Duffy(ミズ・ダフィー)としておきましょう。日本人でも生活が大変なシングルマザーとして、どう子供を育て、生き抜いているのか、そこから我々日本人が異国で暮らす場合の覚悟、知恵のようなものが学べればと思います。このシリーズは不定期にアップロードする予定です。

I am one of the thousands of Filipinos living here in Japan. Most of the Filipinos particularly women are seeking job here. But, as you stay longer, you’ll find out that it’s not that easy living in a foreign country because of our culture differences.

I came here November 19, 2000. It was winter season that was my very first time to experience the winter. It was freezing. My visa was an artist visa, but actually we were working as entertainers. During that time, I didn’t really care about the value of money. Since everything were provided by our company, other things were gifts from our guests.

I had difficulties with the language. Nihongo is one of the difficult languages around the world. It driven me crazy. Really. Coz I knew nothing but ohayou gozaimasu, konnichiwa, konbanwa and arigatou gozaimasu. I felt so awkward when the Japanese guest laughed I laughed with them too. But then I realized that I need to learn the language as soon as possible. So, I won’t look idiot, so what I did was I had

A note and a pen then I took memos every single word that the guest had spoken. Japanese people
are so kind and patient in teaching their language to foreigners whom they knew are willing and eager to learn. I practiced it to every guest I’ve spoken everyday and I mean everyday over and over I used the same phrases and studied the tenses. And it took me almost two months, by then on I can communicate well with the Japanese people. Some of my colleagues thought that I was here for a year or more.

The other thing that I amazed me was the sushi and some rare meat and how to use chopsticks it took me some time to learned. As entertainers we were obliged to do showtime 4times a day. We only have one day holiday every month we were not allowed to go out alone and not allowed to drink alcohol but I liked it that way because I don’t like drinking alcohol.

After two years. I went back to the Philippines and got married to a Japanese national I stayed there for four years and came back to Japan together with my son February 2006.

< To be continued >

コメント
この記事をはてなブックマークに追加