glimi

生きること:過去と未来とエスペラントと

脳のストライキ

2019-09-21 19:43:43 | 家族・友人・私

 時々脳がストライキし、家事の放棄を勧める。夢中でエスペラントをしている時は特にそうです。夕食は何を調理すか考えるのも、包丁を握るのも嫌になる。昨日もそうでした。冷凍庫をあさり、大豆をベースに玉ねぎ・人参・肉などをトマトで煮込んだものを取り出し、市販のカレールーでカレーを作り、サラダと組み合わせて簡単な夕食となりました。仕事には定年がある。主婦に定年があってもいいのではないかと思う。ですが、料理をすることも老化防止につながるかもしれないと思うと、簡単に料理も捨てきれない!大豆は先日、600g煮てその半分をトマト煮にしました。カレーを作る時も基本の材料、ニンニク・クミン・玉ねぎ、セロリ・人参・肉などを2回分つくり半分は冷凍にします。茄子なども素揚げにして冷凍し保存します。脳が今日は夕食を考えたくないと拒否した時、これらの冷凍食品はとても役立ちます。これは今に始まったことではなく働いていた頃は日曜日にいろいろと調理して冷凍した名残なのです。

 最近、市販のものを多く食することで、脳梗塞など比較的老人病とみなされていた病が30代、40代の人を襲うことも多くなったと聞きました。話は横道にそれました。

 今はまだ時折冷凍をして置く食品が私の食生活を援護してくれていますが、それもできなくなることあるでしょう。調理したくないと脳がストライキした時私はいつまで対応できるのでしょうか

 

コメント   この記事についてブログを書く
«  | トップ | 種を播く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家族・友人・私」カテゴリの最新記事