いつか戻る楽園の日々

2017年4月から二ヶ月の、素晴らしい島暮らしの日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

つる姫の島ぐらし~33日目・ラッキーと思ったら?ひさびさの・・~

2017-05-06 | 日記

しかし、このGWの青空は本当に爽やかです。
行楽の方も島を満喫されているようです。

昨日もゆる散歩。

見てちょうだい、この青空。



小鳥が髪の毛?を立ててものすごくやかましく囀っています。
彼らにも色々言い分があるのでしょうねえ。





歩道にカタツムリ。



カラかなと思ったら中身はあったようです。3匹くらいが何を想ったか、カンカン照りのアスファルトの上を移動していました。





昨日の海は穏やかでした。



空と同じ色の海。



これはよく見かける雑草で、全然きれいじゃないと思っていたんだけど。



ようく見るとこれって、小さい花の集まりなのかな?



初めて近くでじっくりと見ました。
虫にしても花にしても、今までまたいで通っていたような草花が、とっても愛おしく、可愛く、美しく感じるのが不思議。

少しの散歩で汗ばむくらいの陽気。
家に帰って、ふと、敷地内のクローバーに目が行く。
四つ葉ないかなあって、眼を落すと、なんと数秒で四つ葉のクローバー発見!



めちゃくちゃうれしくて、お守りのアメジストのブレスレット(私のお守り)と一緒に写真を撮る。

四つ葉は少し穴が開いてたんだけど、まさか本当にあるとは。

でもね、私って結構見つける人なんです。
しかも、この日みたいに、ふと見るとそこにあった、っていうことが結構多いんです。
四つ葉が、「みつけて~」って呼んでる感じ。
目はそんなによくないんですが、勘がいいというか。

めっちゃテンションが上がって、なんかいいことあるかな~~って、いやいや、四つ葉を見つけたことがいい事だよな~~って思ってたら、来た!
久々の初期微動・・・・おっ!地震!!
しかも、なんとピンポイントでこの島の辺りの海底が震源地だったよ。震度は2だったけど。
ちょっとビビりました。
四つ葉を握りしめて…というような事にならんように頼む。

そんな昨日は、蝶の絵を描いてみた。



もうちょっと花の線を優しく細くすればよかったなって。

これは、去年育てて、越冬さなぎになってたナミアゲハが羽化した子。
ちょうど四国の巡礼に行く日の前日に羽化したから「まお」って名づけた。空海様の幼名ね。
正真正銘、つる姫家で生まれた子なんですよ。

巡礼から帰ってきたら、もう一体いた蛹も羽化してた。そちらはアオスジアゲハだったんだけど、巡礼終えた後だったから「だいし」と名付けた。
二匹の子孫は、東京の家のレモンの木とクスノキに、今年も卵を産みに来るんだろう。
でも、私がいないから、みんなハチやハエの餌食になるんだろうなあ。

幼虫が脱皮する瞬間、羽化する瞬間を何度もみて、孫が生まれたら一緒に蝶の観察をするぞ、と思ったけど、孫はまだか!

そんな一日でした。


陽がどんどん長くなって、お日様が沈む位置がどんどんずれてきて。
どこにいても、日本では季節が変わるんだけど、今年ほどその移り変わりを感じたことはないかも。

歳を重ねるという事が悪くないな、と思うようになって久しいけれど、肉体の老いを感じるときにはちょっとテンションが下がるものです。
いつかは身体はだめになって、死という通過点を迎えるんだけど。
出来たら、あんまりしんどい想いをするのは嫌だなって思うけど、こればかりはね。

どう死ぬかは選べないけど、どう生きるかは選べるよね。



ご訪問ありがとうございます。

感謝をこめて

こちらもよろしく http://blog.goo.ne.jp/pinkymermaid26
どうしても、クリックしたら飛んで行けるようにできないんだよねえ。説明通りにやってるのになあ。
コピペでよろしこ。












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« つる姫の島ぐらし~32日目... | トップ | つる姫の島ぐらし~34日目... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事