ギズモ。おばさんの部屋

ぼやき つぶやき さけび 自慢 
あらゆる、言いたいこと
書かせていただきましょ!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ナイアガラ

2017-09-10 10:08:33 | 旅行
ナイアガラの滝真ん前のホテルには夕方の五時到着
まだ真昼の明るさに夕方の様な気がしない。
疲れた身体を早く部屋に落ち着かせたかった

部屋から間近に虹の架かった滝が見えて

たまたま下のテラス席ではパーティーが催されていて
生バンドのゆるやかなカントリーミュージックが聞こえてきた
心地よい音楽と虹に癒されて、旅行気分最高!
日没は23時
長い一日はこうして暮れた。

翌日は、朝から良い天気
9時にホテルを出て、テーブルロックへ

滝を覗きながら飛沫を浴びながらしばし散策
ホテルの部屋から見た時には、意外と小さく感じた滝も間近にすると、やはりスケールが違い圧倒された


散策の後は赤いビニールカッバを借りて、遊覧船に乗ってアメリカ滝からカナダ滝を巡って滝壷の近くまで行き
滝の水しぶきをあびながら目も開けられないほどのド迫力を味わった!

来たぜナイアガラ!!




ダンナも他の人達も濡れるのにも頓着せずカメラで激写!…案外、カメラ壊れないもんだ!(笑)
身体はカッバが守ってくれてなんとか濡れなかったが、顔と頭はシャワーかぶったみたい
存分に堪能した!♪

コメント (2)

初海外旅行珍道中(その2)

2017-09-10 06:58:51 | 旅行
シカゴの入国審査のセキュリティーチェックで引っかかった私達夫婦は
爆弾も銃も持ってるはずもない!(苦笑)

この日本人なんで俺の所に回されたんだ?って感じのボブサップ(笑)
パスポート開いて無言でジロジロ見てた(私のパスポートの写真は六年前の太ってた時の顔だからかな?髪の色も染めてたし…苦笑)
パタンとパスポートを閉じて、ニコリともせず返すと出口を指差した!
セーフ!! 重いドアを開けてセキュリティーエリアを出たら、ツアーの面々がニヤニヤしてた

ここから中継地のバッファローまで又飛行機に乗って一時間半だ…
乗り継ぎの飛行機は小さくて何だか機体が古いのか
やけにガタガタ揺れた!
ダンナがふざけて窓枠を手で押すと、何と!!ベコっと動いたではないか

大丈夫なのかアメリカン航空ローカル飛行機

南無三 早く着いて欲しい

ほぼ定刻にバッファロー空港に降りた
機体はぐんぐん高度を下げ、傾きながら旋回して…あれれ~滑走路が遠ざかり、ヤダ~もう、着陸のやりなおし

それでも無事到着して一安心したが、ちょっと怖かった

バッファロー空港を出て、迎えの大型バスと現地ガイドの笑顔にやっと人心地がついた。

これから二時間ほどのドライブでホテルに到着だ
途中のレインボーブリッジでカナダに入国する
又入国審査が待っていたが、
あっさり通過
ホッ

さあ、いよいよナイアガラの滝

つづく(笑)
コメント

初海外旅行珍道中(その1)

2017-09-09 13:03:28 | 旅行
ダンナが退職してからの懸案だった海外旅行。
私のパスポートの有効期限も半分過ぎてしまった昨年の6月にやっと実現した。

スイスかカナダどちらにするか散々すったもんだして、ナイアガラの滝とカナディアンロッキーの五泊八日のカナダツアーに決まった。

成田からシカゴまで約12時間
生まれて初めてアメリカの地に降り立った

入国審査なんて初めてだから添乗員とツアーの皆さんとダンナの後ろを金魚のウ○コよろしく、審査場のロープに並んで順番待ちしながらもキョロキョロとあたりを物珍しさ一杯で眺めてた。
さて、自分の番…

自動のATMみたいな機械がたくさん並んでる、空いたところに、係員のお姉さんに手招きされて、ダンナと一緒に操作する。
画面上で言語を選びタッチ
(日本語にホッとするが、けっこう分かりにくい)
観光か?乗り継ぎか?禁止物は持ってるか?とか、同行家族はあるか?とかYESかNOをタッチする

この辺まではなんとかうまくいったがパスポートを機械に載せて読み取らせるのが機械が反応しない!
載せる向きが違ったみたいだった。パスポートの自分の顔写真のページが画面上に出て確認OK

次に、指紋を撮られた
右手人差し指から四本画面で一本ずつ緑色に変わるとOKなのだかなかなか反応してくれない、モタモタしてたらダンナが係員を呼んだ!
「エクスキューズミー」 (あらぁ…英語だ…(笑))
係員のデカいお姉さんが「フフ~ン」とやってきて「ノノノ~」とわたしの指をぐいっと押さえたらやっと反応した。
指紋OKでホッとして機械を離れて、次の列の方向へ行こうとしたら、「ノノノ!!!」
え?何?
再度機械を指さされたので周りを見ると皆さん手に、レシートみたいな紙を持ってた…
どうやら、完了までいってなかった、ギズモ。夫婦(笑)

やり直しはスムーズ!さっきは指紋OKの次に顔写真を 撮ってなかったのだ(笑)
モニター画面上 の人型の部分に顔が納まるように合わせてOK…ダンナは上手くいって無事レシートが出た!
私の番…難なく指紋OK
顔写真も楽勝だい…だがしかし(笑)
カメラが上に付いてるので、背の低い私は、うまく画面の人型に入らない!
背伸びしてカメラにむかって仰け反ってみたり、まだモニターの人型の肩のあたりが私の頭だ。探したが踏み台もなく仕方ないのでピョンピョン飛び跳ねてみるが(笑)
またダンナが「エクスキューズミー」(笑)
さっきとは別のお姉さん黙ってモニター画面をぐいっと下向けた(笑)な~んだ(爆笑)

やっと自動コーナー終了して次の係官の所へ進む。ここでは機内で書かされた入国審査カードとパスポートを改めて提示し、ここでも指紋(親指も)タッチして顔ジロジロ見られて二人とも通過
さらに乗り継ぎするので三回目の審査があった。
添乗員が「機内で記入したカードとパスポート持ってますか」と言わなかったらわからなかったが
本来なら返してもらう入国審査カードを係員が返さなかったのだ!有り得ない!
しかし流石に添乗員
すぐさま、先ほど我々が通った係員のところにダンナと一緒に向かい係官に英語で何かまくしたてた(笑)
私は高みの見物(笑)

ダンナも身振り手振りで係官の足元の方を指差してる
なんと係官のゴミ箱にそれが入ってたのだ(笑)
無事書類を取り戻して、セキュリティーチェックに向かう。

添乗員は「日本人はほぼノーチェックですから」とのたまって、実際他の人達はスイスイ通過した

しかし、ダンナの次に私が通過しようとしたら
オットのカードに家族ありとなってるはずが、私のカードがないのか?とか!なんか言ってる??
ダンナと添乗員が戻って来た
何と!皆とは別の方へ行くよう指示されたのだ
(何でだ!)
添乗員は「大丈夫ですから、指示に従って下さい。たまに抜き打ちで回されるんです、ツアーの代表のつもりで行ってください!」
(そんな~)
仕方なく、ダンナと私は強面の防弾チョッキ着用のボブサップみたいなスキンヘッドの黒人係官と向き合った

つづく
コメント

二年放置してました!

2017-09-04 09:36:24 | シニア


皆様二年間ご無沙汰してました

今はゴルフやら、カーブスやら、旅行やら
介護人時代に出来なかったことを
楽しんでます!

孫の顔はまだ見れない!
っちゅうか
ムスコ夫婦が破局しました。今どきの離婚はあっけなく、
頭の古い我々世代には理解出来ませんわ

さて、念願だった初海外旅行行ってきました
去年の夏にカナダに行きました
ナイアガラ
カナディアンロッキー巡って
バンクーバーで締めるツアーでしたが
日本の景色とは違う雄大さに圧倒されてきました

つづく(笑)
コメント

走行キロ1700キロ6泊7日ドライブ旅

2015-06-27 11:19:13 | 旅行
行ってきました東北駆け抜け旅

埼玉~青森~山形~仙台~会津~宇都宮

ほんとに行ってきたんだから

最初の計画では新幹線で青森まで行ってそこからレンタカー借りて奥入瀬行って泊まって
新幹線に乗りついで仙台のムスメの所によって、あとどこか寄って3泊4日ぐらいで新幹線で帰る

新緑の奥入瀬を歩きたかっただけだったのに

突然、ダンナが
車で東北一周するかと言い出して、計画変更

いくらなんでも、途中で一泊はしないと無理でしょ
まわりの懸念も忠告も無視したダンナ

だがしかし、一気に青森まで深夜の東北道を駆け抜けたのでありました

怖かったよ~~
SAで休憩しても、眠れないよ
ちょっと休んじゃ出発・・・繰り返し
何度もヒヤリハット

それでもなんとか黒石ICまでたどり着き
八甲田山ロープウエイは濃霧と雨で何も見えず
酸ヶ湯に立ち寄り

宿の蔦温泉に着いて、ホットしたギズモ。夫婦なのでした~~

色々、書くことあるんでまたつづきをお楽しみに



コメント (8)