表通りの裏通り

~珈琲とロックと道楽の日々~
ブルース・スプリングスティーンとスティーブ・マックィーンと渥美清さんが人生の師匠です。

Bruce Springsteen - Stand On It (Live 1985)

2018-04-03 10:52:03 | ブルース・スプリングスティーン
Bruce Springsteen - Stand On It (Live 1985)


スティーヴン・スピルバーグ監督の新作『レディー・プレーヤー1』の劇中で、ブルースの隠れた名曲「スタンド・オン・イット」が使用されてるそうです。

収録曲
1. プリンス 「I Wanna Be Your Lover」
2. ティアーズ・フォー・フィアーズ「Everybody Wants To Rule The World」
3. テンプテーションズ「Just My Imagination (Running Away With Me)」
4. ブルース・スプリングスティーン「Stand On It」
5. ブロンディー「One Way Or Another」
6. アース・ウインド&ファイアー「Can't Hide Love」
7. ニュー・オーダー「Blue Monday」
8. ビー・ジーズ「Stayin' Alive」
9. トゥイステッド・シスター「We're Not Gonna Take It」
10. ダリル・ホール&ジョン・オーツ「You Make My Dreams」
11. ブライアン・グウェンfeat. メリッサ・ソルトヴェット「Pure Imagination」

〇アラン・シルヴェストリ『レディ・プレイヤー1(オリジナル・サウンドトラック)』
Alan Silvestri “Ready Player One ( Original Motion Picture Soundtrack)”

他の曲もなかなか魅力的なラインナップですね。配信ではすでに入手できるそうですが、僕は"現物"派。素直に20日の発売を待ちます。

最近はこの映画のようなCG使いまくりの実写映画(マーベル系とか)は基本具合悪くなるので一切(SWシリーズを除く)観ません。この作品も劇場で何度も予告編を観て拒絶反応が出ました。

でもブルースの楽曲が使用されているならハナシは違います。この曲を使ったシーンだけでも観に行く価値はありますね。

俄然早く観たくなりました。


※追記
1986年公開の、ベッド・ミドラーとダニー・デ・ヴィート主演の映画『殺したい女』でも「スタンド・オン・イット」が使われました。何でこんなに人気あるのかな?僕は大好きな曲だけど。





アナログ盤は持っているけど、CDは出ているんでしょうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 卯月の裏通り | トップ | 『レディ・プレイヤー1』の魅力 »

コメントを投稿