表通りの裏通り

~珈琲とロックと道楽の日々~
ブルース・スプリングスティーンとスティーブ・マックィーンと渥美清さんが人生の師匠です。

「ストリート・オブ・ファイヤー デジタル・リマスター版」リバイバル上映中!!

2018-07-25 18:24:47 | 映画
これほど青臭い高校生の胸を熱くする映画があるでしょうか?

「ストリート・オブ・ファイヤー デジタル・リマスター版」予告編


初公開当時高校二年生だった僕は、この作品が発するあまりの熱量に三日三晩やられっぱなしでした。

つい二日前にも観たばかりですが、何度観てもユニバーサル映画のタイトル~A Rock’n Roll Fable~「ノーホエア・ファースト」のくだり(もっと言えば”帰ってきて”タイプライターの手紙~お姉ちゃんリヴァのお店での大立ち回り辺りまで)は映画の導入部のお手本だと思います。


この作品で注目されたウィレム・デフォーは『プラトーン』でまるっきり逆の善人に成りすまして大成功したし、男より男らしいマッコイを演じたエイミー・マディガンは『フィールド・オブ・ドリームス』で典型的な可愛らしい(けど芯の強い)アメリカ中西部の奥さんになっちゃうし、あまりにも演技力に難のあったマイケル・パレ(この映画ではカッコ良かったのに後が続かなかった。『フィラデルフィア・エクスペリメント』なんて災いのような作品だった)と歌えずに歌唱シーンを吹き替えられてしまったダイアン・レインを完全に食ってしまいました。

でもそんな力不足(でもカッコ良かった)の主役二人を割り引いても有り余る物凄いパワーがある作品だからこそ、今でも人気があるんでしょうね。

さあ、今夜は大きなスクリーンで高校時代にタイムスリップしてきます。


当時の前売り券。確か同時上映は『俺たちのナントカ』っていうBムービーでした。


前売りを買うともらえた缶バッヂ。昔はピンズなんてなかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2馬力のアイツがやってきた!! | トップ | 葉月の裏通り »

コメントを投稿