ハハのんきだね

うそ おおげさ まぎらわしい

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

もう一度言うな

2007-06-30 23:23:45 | スピッツ(犬じゃないよ)
 すずむし。

昨日一昨日と1週間ぶりの仕事でした。
朝、電話で社名を一気に言えなくて、つっかえつっかえ。
かけてきた人は「だめだなこの会社」と思ったかもしんないです。

このところ、草野さんの個人活動(KREVAの「くればいいのに」
筒美京平のトリビュートアルバムの「木綿のハンカチーフ」)、
8月のロックロック仙台の出演者発表、
新曲「群青」(いいね!)の発表、
そしてツアーの発表、とスピッツファンはソービジーだがや。
もっとぱらっ、と来てよ。
3ヶ月に一遍のFCの会報も届くし。

この会報ね、あんまり読んだことないの。
写真と手書きのページは全部読むんだけどね。

記事の部分はね、
字が小さいねん!!キー!!
目が疲れるっちゅうねん!!キーキー!!

40歳以上の皆様、そうお思いにならなくて?
でもあたくし今回いいことを思いつきましてよ。
それはね、うふふ、会社で読むの
ご存知のようにあたくしのお仕事はドひま。
かと言って、小説のような集中してしまう本を読むと、
突然電話が鳴るもんだから、死ぬほどびっくりしまする。

そんな優雅なオフィスライフにスピッツベルゲン!
由来は北欧(ノルウェーかどっか←てきとう)の
スピッツベルゲン島(実在)!
どうでもよかったすか?

とにかく会報初めてほぼ全部読みました。
みどちゃんにもオススメしてみました(営業)。
気に留めずスルーされましたが。

ところで今日病院に向かうバスを待っている時に、
ヒキタクニオ(『鳶がクルリと』)の「ゴーでいこうぜ」
と言うエッセイを読んでいたのですが、
そこに「もう一度言う」という言い回しが使われていました。

エッセイはおもしろいのですが、
「もう一度言う」はやめてください。

クサイ上に、使い古されてる上に、
もう一度いうほどのことじゃないことがほとんどだからです。

「もう一度言う。ベルゲンの会報は字が小さい」
とかですね。

あほみたいだからやめたほうがいいような気がします。

ほんじゃ、おやすみなさい。



















コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

おにいさんでねえが?

2007-06-24 00:30:41 | Weblog
超晴れ!暑し!

はろーえびばで。

今日は久しぶりにMISAWAホームの王子様が現れました。
理由は不明。
いいの別に。
私の王子様じゃなくて義母の王子様だかんね。

王子様が御帰還あそばした後は、やっぱり病院へ行きました。

母は最近わりと元気なのだ
リハビリは3種類で、運動は上半身と下半身に別れてて、
あとは言語なのです。

ベッドでやってる時は面白いのでじっと見てます。
こういうの私もやってもらいたいなあとか、
身体のコリがほぐれそうだなあとか、
いっぱい褒められていいなあとか、
気楽なことを考えているのです

部屋は4人部屋で、ゆったりとスペースをとってあり、
備え付けの棚なんかも家具風、
椅子もすわり心地が良いのです。
しかし、においはやはり病院独特のものですね

4人は全員おばあさんで、患者以外は私ひとり、ということが多いのです。
母の斜め向かいのおばあさんは、骨折で脚を吊り上げています。
その人が誰かを呼んでいるのです。

「おにいさんおにいさん」
廊下にいる男性の療法士でも呼んでいるのでしょうか?

「隣の部屋のおにいさん」
私はちょっといやな予感がしました。
「隣の部屋」とは
カーテンで区切ったこちらのことではないでしょうか。

「おにいさんでねえが?おねえさんが?」
今度はおばあさんはこう言いました。
「おねえさん」
イッツミーですね。

「なんでしょうか」
「ああ、おねえさん。私を起こしてけね(くれない)?」
この人は看護士さんにもいつも「起こしてけね」
と言っては断られているのです。
寝てなければいけない人なのです。
その旨お伝えしてお断りしました。

しかしその後もその人は私にいろいろな用事を頼みました。
しかも呼ぶ時は必ず「おにいさん」です。



「おじさん」じゃないだけいいのでしょうか?

なぜか母には受けていました。



めでたしめでたし。

おしまい





コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

死んでもら抜きを使いませんでした

2007-06-19 23:19:18 | Weblog
からっから!

タオルケットも良く乾きました。
今日は気分良く眠れそうです。

さて母は転院が決まりました。
明後日です。
今日言われました。

急じゃねえ?
あまりにも。

転勤先の病院を決める時も、
変な髪形の主治医(洗いっぱなしのIKKOさん?)が
すごく感じが悪かったので、
娘とさんざん悪口を言ってたんです。

「うざい。超うざい」みたな。
しかし娘は「ら抜きだけは使わない」んだそうです。
それは女子高生の正しい言葉遣いなのか?

まあいいや。
とにかくまあまあ良い状態なので、
リハビリ専門科がある病院に移るのです。

母はいくらか元気になってきた分
わがままを言うようになってきました。
うーん腹立つ

年寄りのわがままですからね。
可愛げがないです。
自分だけが不幸だと思い始めてます。

あとはやっぱりもともとの天然ボケの
「天然」が取れて来たというか・・・
それが一番の不安でしょうか。

入院が長くなると、
どうしても少しぼけてくるとは言われたのですが。

家に帰ると戻ることも多いそうなので
今はそう考えることにしてリハビリを頑張ってもらいます。

ね。

今週は3日のうち2日も休んでしまった。
明日だけは行かなければ。
風呂入って寝るさー。

おやすみー












コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ドアを開けたらねこのふん

2007-06-14 00:01:46 | Weblog
暑いでござる。

朝から暑かったよ。
いつものように手抜き弁当を詰め詰めしていたら、
すぐ近くから「ギャワアアアアッ」とすんごい叫び声が!

ドアを開けてそうっとのぞいて見ると、

にゃんこの決闘でありました。

「ぎゃーねこケンカしてる」と娘を呼びましたところ、
娘喜び勇んで見に来ました。

「あっ
なんでしょう。
「うんこしてった」

なに?
ううう猫め。
許さんキー

玄関前(3階)には、から付きピーナッツのようなうんこが2個と、
ぽわぽわのねこ毛がたくさん落ちていました。

お母さんは文句を言いながらうんこをティッシュでくるんで、
袋に三重にいれて捨てましたとさ。

めでたしめでたし





コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

いいわけ

2007-06-07 00:17:47 | Weblog
ぜんぶじゃん。

こんばんわんこ。
皆の衆、達者かの?
わしは疲れとる。
病院通いぢゃ。

ハハ(いや、つまりわしの母)は脳梗塞だったのじゃ。
地下鉄の中で具合が悪くなって、
すぐ救急車で病院に運ばれたのだが
左半身は動かなくなってしまったのじゃ。
あっと言う間じゃよ。


これから少しずつリハビリをして
まず車椅子で生活できるようがんばるのじゃ。
まあ、がんばるというかてきとうに・・・。

とゆわけで、わし眠い!
もう寝るよ。
~。





コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加